事例2:広告運用全体のCPAを44%ダウン!

Adellでは、Web広告に関わる業務をトータルサポートしています。

今回は、複数媒体の広告運用を一気に代行した事例を紹介します。

課題:広告運用の全体的な費用対効果が悪い

業種・ターゲットによって、適した広告媒体が異なります。また、競合次第でクリック単価・インプレッション単価が変動します。

ご依頼いただいた会社様は、一部の媒体では費用対効果が合っていたものの、その他の媒体では一向に改善が見られませんでした。

このままでは広告運用全体の費用対効果を合わられないのは明確でした。

改善案:配信媒体の再選定、予算配分の最適化、各アカウントの再構築

下表3つの改善案を、弊社は提案しました。

改善案 提案理由
配信媒体の再選定 1.相性の悪い媒体が複数存在していた
2.相性の良い媒体に配信できていなかった
3.一部媒体で広告単価が高騰していた
予算配分の最適化 1.全媒体に同一の広告予算を取っていた
2.結果が出ていない媒体に多大な予算が充てられていた
一部媒体のアカウントを再構築 1.データが蓄積しづらいアカウント構造になっており、AIが正しく機能していなかった
2.入札単価が明らかに高かった
3.AIの目的設定が間違っていた

アカウントの再構築のみ35日かかってしまいましたが、その他の改善案は即座に完了しました。

結果、広告運用全体のCPAが44%も低下しました。

お客様のコメント

想像以上に早く改善が見られたので、驚きました。

こんなにすぐ変わるもんなんですね・・・

一向に成果が出ず、上司からも日々進捗報告を求められていたので、良かったです。


【無料お役立ち資料】

Webマーケティングの手引書
〜たった3ヶ月で見込客を安定的に獲得するには〜

adell-cta-photo-2

Webマーケティングで成果を出したいけど、どうすればいいのか分からない」と悩んでいませんか?

本資料は弊社のクライアント様がWebマーケティングに取り組み、

・資料請求数2,400件達成
・商談化率・成約率が大幅改善
・CPAが61.4%低下

など、実際に成果を出したやり方を一から詳細に解説しているものです。

公式LINEの登録特典としてお渡ししています。

ぜひ、貴社のWebマーケティングにお役立てください。