ランディングページのテンプレート|おすすめ10選と正しい選び方【最新版】

understand-feature-and-price-at-a-heat-1
Pocket
LINEで送る

あなたは今、ランディングページのテンプレートを探しているのだろう。しかし、「どれが良いのか分からない」と悩んでいるのではないか?

そう悩むのも無理はない。

ランディングページのテンプレートは5,000個以上存在する。その上、それぞれで機能・料金が異なる。使用経験がなければ、何も分からないのは当然だ。

しかし安心してほしい。この記事を読めば全て解決する。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

※ ランディングページを制作するからには失敗したくないですよね?
弊社はランディングページ制作事業をおこなっています。貴社の事業を深く理解した上で、結果の出せるランディングページを制作します。戦略立案〜改善まで全てに対応できます。ご質問・ご相談は無料です。「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお気軽にご連絡ください。
 
 

1.要注意!ランディングページのテンプレートを使う前に知っておくべき3のこと

ランディングページのテンプレートを使う前に知っておくべきことが3つある。

全てに注意していないと、作り直しが生じてしまう。

ぜひ熟読してほしい。

【絶対】ランディングページのテンプレートを使う前に知っておくべき2のこと

知っておくべきこと1:コンバージョン率を最大化できない

ランディングページのテンプレートは構成が決まっている。

言い換えれば、下記の行為ができないのだ。

  • 構成の最適化
  • 構成を変えてABテスト

コンバージョン率を最大化させたいのであれば、ランディングページ制作会社を利用した方がいいのだ。

知っておくべきこと2:ライティングスキルが必要

ランディングページのテンプレートに文章の型は載っていない。

「キャッチコピー」や「小見出し」は、あなたが考えなくてはいけないのだ。

成果を出すためには、ライティングスキルが必要なのだ。

【一応】ランディングページのテンプレートを使う前に知っておくべき1のこと

知っておくべきこと3:オリジナリティを出せない

ランディングページのテンプレートは、デザインのカスタマイズ機能が付いていない。

素人では下記のような工夫ができないのだ。

  • 特定の文字を目立たせる
  • 背景にアニメーションを入れる

オリジナリティを出したいのであれば、プログラミングを勉強しなくてはいけないのだ。

2.厳選!ランディングページのテンプレートおすすめ10選

ランディングページのおすすめテンプレートを10個紹介していく。

それぞれの特徴・料金を理解できる。

ぜひ熟読してほしい。

【無料】ランディングページのテンプレートおすすめ5選

無料で使えるランディングページのおすすめテンプレートを5個紹介していく。

どれも顧客満足度が高い。

ぜひ参考にしてほしい。

テンプレート1:Webサービス

ランディングページのテンプレート「Webサービス」の紹介ページURL:https://peraichi.com/templates/detail_view/148

Webサービスの特徴

Webサービスは、ホームページ作成サービス「ペライチ」に搭載のランディングページのテンプレートだ。

「白色」と「淡い色」の2色の配色になっている。デザインがシンプルなため、どんな商材にも合う。

操作が簡単で初心者でも使いこなせる。

「ランディングページを手っ取り早く作りたい人」におすすめだ。

Webサービスの料金
プラン 月額料金 上限作成数 常時SSL対応 レスポンシブ対応 独自ドメイン
スタンダード 0円 1個 ×
ライト 980円 3個
レギュラー 1,980円 5個
ビジネス 2,980円 10個

注.上図はペライチの料金表

テンプレート2:リードジェネレーションのランディングページ

ランディングページのテンプレート「リードジェネレーションのランディングページ」のデモページURL:https://ja.wix.com/website-template/view/html/2369

リードジェネレーションのランディングページの特徴

リードジェネレーションのランディングページは、ホームページ作成ツール「Wix」に搭載のランディングページのテンプレートだ。

作成可能項目をサービス紹介・お客様の声の2つに絞っていることから、説明が簡単な商材に適している。

ファーストビューに入力フォームを設置できる。

「メルマガ会員獲得用のランディングページを作りたい人」におすすめだ。

リードジェネレーションのランディングページの料金
プラン 月額料金 データ容量 レスポンシブ対応 独自ドメイン 動画アップロード
ドメイン接続 500円 500MB ×
ベーシック 900円 3GB 30分
アドバンス 1,300円 10GB 60分
VIP 2,500円 20GB 120分

注.上図はWixの料金表

テンプレート3 :LPクリエイトのランディングページテンプレート

ランディングページのテンプレート「LPクリエイトのランディングページテンプレート」の紹介ページURL:https://www.lpcreate.com/landingpage/template_landing.html

LPクリエイトのランディングページテンプレートの特徴

LPクリエイトのランディングページテンプレートは、ランディングページ制作会社「LPクリエイト」が開発したランディングページのテンプレートだ。

無駄な装飾が一切ないため、葬儀・遺品整理などの暗いイメージの商材に適している。

初心者でも簡単にカスタマイズできる。

「質素なデザインのランディングページを作りたい人」におすすめだ。

LPクリエイトのランディングページテンプレートの料金
料金 上限作成数 レスポンシブ対応 独自ドメイン
0円 無制限 ×

テンプレート4:Landing Page

ランディングページのテンプレート「Landing Page」のデモページURL:https://startbootstrap.com/themes/landing-page/

Landing Pageの特徴

Landing Pageは、Bootstrapテンプレートまとめサイト「Start Bootstrap」に掲載のランディングページのテンプレートだ。

多数の写真・アイコンを挿入できることから、視覚訴求が必要な商材に適している。

ファーストビューに入力フォームを設置可能だ。

「無料会員登録用のランディングページを作りたい人」におすすめだ。

Landing Pageの料金
料金 上限作成数 レスポンシブ対応 独自ドメイン
0円 無制限 ×

テンプレート5:MobApp

ランディングページのテンプレート「MobApp」のデモページURL:https://colorlib.com/wp/template/mobapp/

MobAppの特徴

MobAppは、ホームページテンプレートまとめサイト「colorlib.」に掲載のランディングページのテンプレートだ。

デザイン性が高く、「スライド」や「タブの切り替え」を設定できる。

Apple Store・Google Storeのリンクアイコンも標準装備している。

「おしゃれなアプリインストール用のランディングページを作りたい人」におすすめだ。

MobAppの料金
料金 上限作成数 レスポンシブ対応 独自ドメイン
0円 無制限 ×

【有料】ランディングページのテンプレートおすすめ5選

ランディングページのおすすめ有料テンプレートを5つ紹介していく。

どれも機能性が高く、使い勝手が良い。

ぜひ参考にしてほしい。

テンプレート6:OOPS!

ランディングページのテンプレート「OOPS!」のデモページURL:https://design-plus1.com/tcd-w/tcd048

OOPS!の特徴

OOPS!は、WordPressテーマ「TCD」のランディングページのテンプレートだ。

デザイン性が抜群に高く、「フェードイン」や「スライド」の設定が可能だ。CTAには背景画像を設定できる。

表示順変更にも対応しているため、構成の改善も可能だ。

「結果の出るランディングページを作りたい人」におすすめだ。

OOPS!の料金
プラン 料金 上限作成数 レスポンシブ対応
通常 19,800円 1個
特別 30,000円 無制限

テンプレート7:Grazioso

ランディングページのテンプレート「Grazioso」のデモページURL:https://grazioso.info/

Graziosoの特徴

Geaziosoは、WordPressのランディングページのテンプレートだ。

カスタマイズ機能が充実していて、「入力項目ごとの背景色の変更」や「アニメーションの設定」が可能だ。

フラットデザインのため、文字・画像が見やすい。

「思い通りのランディングページを作りたい人」におすすめだ。

Graziosoの料金
プラン 料金 上限作成数 レスポンシブ対応
通常 19,800円 1個
無制限 49,800円 無制限

テンプレート8:LIQUID PRESS

ランディングページのテンプレート「LIQUID PRESS」のデモページURL:https://lqd.jp/wp/theme_lp.html

LIQUID PRESSの特徴

LIQUID PRESSは、Webサイト制作会社「リキッドデザイン株式会社」が開発したランディングページのテンプレートだ。

下記の3種類を利用できる。

  1. プロダクト発表用
  2. リード獲得用
  3. サービス紹介用

カスタマイズ自由度が高く、リスト・料金表などを自由に編集できる。

初心者向けにランディングページ制作マニュアルも付いている。

「本格的なランディングページを作りたい人」におすすめだ。

LIQUID PRESSの料金
プラン 料金 上限作成数 レスポンシブ対応 サポート 独自管理画面
ビジター 9,900円 無制限 購入後30日間 ×
ビジネス 11,760円/年 無制限 無制限 ×
エンタープライズ 23,760円/年 無制限 無制限

テンプレート9:Brick

ランディングページのテンプレート「Brick」のデモページURL:https://www.brick.tools/applications/lp/

Brickの特徴

Brickは、アクセス解析会社「株式会社TechLoCo」が開発したランディングページのテンプレートだ。

下記の3種類を利用できる。

  1. コンバージョン獲得用
  2. アプリインストール獲得用
  3. 記事LP用

データ収集機能が充実していて、「ヒートマップ」や「Googleアナリティクス連携」が標準装備されている。

「ランディングページを定期的に改善したい人」におすすめだ。

Brickの料金
プラン 月額料金 上限作成数 レスポンシブ対応 補足
無料お試し版 0円 1個 7日間限定
有料版 4,000円 25個 ×

テンプレート10:Granny

ランディングページのテンプレート「Granny」のデモページURL:https://elements.envato.com/granny-elegant-restaurant-cafe-html-template-LDEP4W

Grannyの特徴

Grannyは、ホームページテンプレート販売サイト「envatoelements」のランディングページのテンプレートだ。

「16種類の全体レイアウト」と「9種類の料理メニューのレイアウト」がある。

写真中心のデザインになっているため、視覚訴求が可能だ。

「飲食店のランディングページを作りたい人」におすすめだ。

Grannyの料金
プラン 月額料金 上限作成数 上限ユーザー数 レスポンシブ対応
シングル 16.50ドル 無制限 1人
チーム 10.75ドル 無制限 5人
エンタープライズ 要相談 無制限 希望人数

3.失敗回避!ランディングページのテンプレートを選ぶときの5の比較ポイント

ランディングページのテンプレートを選ぶときの比較ポイントが5つある。

失敗確率を下げるためにも、確実に抑えておいてほしい。

【全員必見】ランディングページのテンプレートを選ぶときの3の比較ポイント

比較ポイント1:利便性

ランディングページのテンプレートによって、下記の2つが異なる。

  • 使い方
  • 使用言語

上手く使いこなせなければ、完成までに時間がかかる。最悪の場合、ランディングページ制作会社への発注額以上に、あなたの人件費が発生してしまう。

利便性は必ず比較すべきなのだ。

比較ポイント2:デザイン

ランディングページのテンプレートによって、デザインが異なる。

例えば、料金説明の形式は、下記の2種類がある。

  • 料金表
  • 料金プランの横並び

商材の魅力を強く伝えなければ、コンバージョンを獲得できない。

デザインは必ず比較すべきなのだ。

比較ポイント3:対応項目

ランディングページのテンプレートによって、対応項目が異なる。

例えば、OOPS!では社員紹介を作成できる。一方で、MobAppでは作成できない。

必要情報を全て伝えなければ、ユーザーは商材に不信感を抱く。

対応項目は必ず比較すべきなのだ。

【有料プラン検討者必見】ランディングページのテンプレートを選ぶときの2の比較ポイント

比較ポイント4:料金システム

ランディングページの有料テンプレートには、下表の2種類の料金システムがある。

料金システム 説明
買い切り型 メリット :翌月以降に料金がかからない
デメリット:初期費用が高い
「長期的に使いたい人」におすすめ
毎月課金型 メリット :初期費用が安い
デメリット:毎月料金がかかる
「お試しで使いたい人」におすすめ

どちらにもメリット・デメリットがある。

料金システムは必ず比較すべきなのだ。

比較ポイント5:上限作成数

一部のランディングページの有料テンプレートには、上限作成数が設けられている。

作成数が多いと、下図の事態が生じてしまうのだ。

基本料金が安かったとしても、作成数が上限作成数以上ならばランディングページのテンプレートの利用料金が高くなる具体例

上限作成数は必ず比較すべきなのだ。

最後に

本記事では、ランディングページのテンプレートを徹底解説した。

内容は下記の通りだ。

  1. 使う前に知っておくべき3のこと
  2. おすすめ10選
  3. 5の比較ポイント

まずは1の内容を確実に理解してほしい。そして、2と3の内容を基に最適なランディングページのテンプレートを選んでほしい。

そうすることで、貴社の満足いく結果を得られる。

弊社ではランディングページ制作事業をおこなっています。

戦略立案〜改善を専門家が実行し、結果の出るランディングページを納品します。

ご質問・ご相談は無料です。「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお気軽にご連絡ください。

また、おすすめのランディングページ制作会社を「LP制作会社10社」で紹介しています。ぜひ参照してください。

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。