入力フォーム作成ツール|おすすめ10選と正しい選び方【最新2020年版】

can-find-a-best-tool-for-creating-entry-form-in-5minutes-1
Pocket
LINEで送る

あなたは今、入力フォームの作成ツールを探しているのだろう。しかし、「どれが最適なのか分からない」と悩んでいるのではないか?

そう悩むのも無理はない。

利用者が少ないことから、入力フォーム作成ツールの情報は出回っていない。その割に運営会社が多い。

見つけられないのは当然だ。

しかし安心してほしい。この記事を読めば、全て解決する。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

1.要確認!入力フォーム作成ツールを使い始める3の基準

入力フォーム作成ツールを使い始める基準が3つある。

お金を無駄にしないためも、必ず確認してほしい。

【全員確認】入力フォーム作成ツールを使い始める1の基準

基準1:入力フォームの作成ノウハウがない

入力フォーム作成時は下記の2つのスキルが必要だ。

  • プログラミング
  • デザイン

一から実践レベルに到達するまで、最低300時間はかかる。時給2,000円と仮定すると、60万円(=2,000円×300時間)も無駄になってしまう。

以上のことから、ノウハウがないのであれば、入力フォーム作成ツールを使うべきなのだ。

【有料プラン検討者は確認】入力フォーム作成ツールを使い始める2の基準

基準2:コンバージョンを管理しきれていない

コンバージョンによって、ユーザーの意図が異なる。

例えば、BtoBサイトのお問い合わせフォームの場合、下記3種類の希望者が混在する。

  • 質問
  • 資料請求
  • 打ち合わせ

それぞれに最適な対応をしなければ、売上の機会損失が生じてしまう。

以上のことから、コンバージョンを管理しきれていないのであれば、入力フォーム作成ツールの有料プランを使うべきだ。

注.入力フォーム作成ツールでは、コンバージョン管理が可能だ。詳しくは次章で解説している。

基準3:入力フォーム改善の必要性が生じている

入力フォーム改善時は、下記のデータが必要だ。

  • 滞在時間
  • エラー発生回数

etc

全ての項目を収集するには、100万円以上のシステム構築費がかかる。管理にも人件費が発生する。

以上のことから、入力フォーム改善の必要性が生じているのであれば、入力フォーム作成ツールの有料プランを使うべきだ。

注.入力フォーム作成ツールでは、データ収集が可能だ。詳しくは次章で解説している。

2.必見!入力フォーム作成ツールおすすめ10選

入力フォーム作成ツールのおすすめ10個を紹介していく。

それぞれの機能・料金を把握できる。

ぜひ熟読してほしい。

【プロが認めた】入力フォーム作成ツール3選

入力フォーム作成ツール1:formrun(フォームラン)

入力フォーム作成ツール「formrun」の公式サイトのトップページURL:formrunの公式ホームページ

formrunの特徴

formrunはお問い合わせフォーム専用の入力フォーム作成ツールだ。

20種類以上のテンプレートがある。

下記のコンバージョンポイントを設定可能だ。

  • カタログ請求
  • メルマガ登録
  • 会員登録

etc

顧客管理機能も充実していて、下記の3つがリアルタイムで確認できる。

  • お問い合わせ一覧
  • 対応状況
  • 対応メンバー

CASH・BASEなどの有名サービスが導入している。

「チームでコンバージョン管理している会社」におすすめだ。

formrunの料金
プラン 月額料金 フォーム作成数 上限ユーザー数 ファイル保存容量
FREE 0円 3個 1人 100MB
STARTER 4,980円 無制限 3人 10GB
PROFESSIONAL 12,800円 無制限 10人 30GB

入力フォーム作成ツール2:formzu(フォームズ)

入力フォーム作成ツール「formzu」の公式サイトのトップページURL:formzuの公式ホームページ

formzuの特徴

formzuはリリース19年目の入力フォーム作成ツールだ。

累計実績は120万件以上だ。

下記のフォームを作成できる。

  • お問い合わせフォーム
  • 申し込みフォーム
  • アンケートフォーム

etc

Paypal決済(クレジットカード決済)機能が付いているため、通販事業者の利用も多い。

「価格を抑えつつ高機能なフォームを作りたい会社」におすすめだ。

formzuの料金
プラン 料金 フォーム
作成数
上限
ユーザー数
注文可能
商品数
3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
フリー 0円 1個 1人 10個
パーソナル 1,900円 3,400円 6,300円 100個 1人 50個
ビジネス 3,300円 6,600円 12,000円 100個 1人 100個
プロフェッショナル 8,500円 17,000円 31,000円 50個 複数人 100個

入力フォーム作成ツール3:SurveyMonkey(サーベイモンキー)

入力フォーム作成ツール「SurveyMonkey」の公式サイトのトップページURL:SurveyMonkeyの公式ホームページ

SurveyMonkeyの特徴

SurveyMonkeyはアンケートフォーム専用の入力フォーム作成ツールだ。

分析機能が優れていて、下記をリアルタイムで確認できる。

  • 回答結果
  • 感情分析結果
  • 業界平均との比較

実績も豊富だ。フォーチュン500社の98%が利用している。

「大規模なアンケートを実施する会社」におすすめだ。

SurveyMonkeyの料金
プラン 料金 質問数 月間回答取得数 サポート
フレックス 3,000円/月 10件 1,000件 ヘルプセンター
標準月間 5,500円/月 無制限 1,000件 メール
アドバンテージ 70,000円/年 無制限 5,000件 メール
プレミア 175,000円/年 無制限 7,500件 電話、メール

【デザイン性が高い】入力フォーム作成ツール2選

入力フォーム作成ツール4:Tayori(タヨリ)

入力フォーム作成ツール「Tayori」の公式サイトのトップページURL:Tayoriの公式ホームページ

Tayoriの特徴

Tayoriは顧客対話特化型の入力フォーム作成ツールだ。

下記のフォームを作成できる。

  • お問い合わせフォーム
  • 予約フォーム
  • 採用フォーム

etc

チャットにも対応していることから、顧客満足度の向上に役立つ。

顧客情報の一元管理機能も備わっている。

色・テンプレートが豊富で、多様なデザインが可能だ。

「低価格でおしゃれなフォームを作りたい会社」におすすめだ。

Tayoriの料金
プラン 月額料金 フォーム作成数 上限ユーザー数 ファイル保存容量
フリー 0円 1個 1人 ×
スターター 3,400円 3個 3人 10GB
プロフェッショナル 7,400円 無制限 10人 30GB

入力フォーム作成ツール5:formstack(フォームスタック)

入力フォーム作成ツール「formstack」の公式サイトのトップページURL:formstackの公式ホームページ

formstackの特徴

formstackはアメリカで人気の入力フォーム作成ツールだ。

下記の企業が導入している。

  • Netflix
  • Twitter

顧客管理機能・データ分析機能が充実していて、下記の2つのサービスと連携が可能だ。

  • Googleスプレッドシート
  • セールスフォース

画像・アイコンを挿入できることから、デザインを他社と差別化できる。

「外資系企業風のおしゃれな入力フォームを作りたい会社」におすすめだ。

ただし、日本語に対応していない。その点は注意すべきだ。

formstackの料金
プラン 月額料金 フォーム作成数 上限ユーザー数 ファイル保存容量
Bronze 19ドル 5個 1人 500MB
Silver 59ドル 20個 3人 1GB
Gold 99ドル 100個 5人 2GB
Platinum 249ドル 1,000個 10人 10GB

【操作が簡単】入力フォーム作成ツール3選

入力フォーム作成ツール6:Qubo(キューボ)

入力フォーム作成ツール「Qubo」の公式サイトのトップページURL:Quboの公式ホームページ

Quboの特徴

Quboは初心者向けの入力フォーム作成ツールだ。

下記の2つのサービスがある。

  • REQUEST:各種申し込みフォーム専用
  • SURVEY:アンケートフォーム専用

使いやすさを追求しており、ドラッグ&ドロップでフォームを作成できる。

教育機関・医療機関への導入実績が豊富だ。

「手っ取り早く入力フォームを作りたい会社」におすすめだ。

Quboの料金
Qubo REQUESTの料金
プラン 月額料金/ユーザー フォーム作成数 回答データ保存期間
Basic 2,500円 1個 6ヶ月
Pro 4,000円 10個 12ヶ月
Business 6,500円 20個 24ヶ月
Qubo SURVEYの料金
プラン 月額料金 フォーム作成数 質問数 月間回答取得数
Free 0円 3個 10件 100件
Basic 2,500円 3個 無制限 無制限
Pro 4,000円 10個 無制限 無制限
Business 6,500円 20個 無制限 無制限

入力フォーム作成ツール7:FormMailer(フォームメーラー)

入力フォーム作成ツール「FormMailer」の公式サイトのトップページURL:FormMailerの公式ホームページ

FormMailerの特徴

FormMailerは総務省後援ASPICアワード受賞の入力フォーム作成ツールだ。

多数の導入実績があり、登録ユーザー数は30万人以上だ。

全種類のフォームを作成できる。

ドラッグ&ドロップ式になっているため、初心者でも利用可能だ。

下記の機能にも対応している。

  • 郵便番号からの住所検索
  • ファイル添付

「プロ仕様のフォームを短時間で作りたい会社」におすすめだ。

FormMailerの料金
プラン 料金/ユーザー フォーム作成数 回答データ
保存期間
注文可能
商品数
Free 0円 5個 6ヶ月 0個
Pro 1,250円/月 10個〜 12ヶ月 20個
Business 6,250円/3ヶ月〜 20〜100個 24ヶ月 20〜100個

入力フォーム作成ツール8:SECURE FORM(セキュアフォーム)

入力フォーム作成ツール「SECURE FORM」の公式サイトのトップページURL:SECURE FORMの公式ホームページ

SECURE FORMの特徴

SECURE FORMは超簡単操作の入力フォーム作成ツールだ。

専門知識がなくても、9秒で作成できる。

下記の4種類のフォームに対応している。

  • お問い合わせ
  • ご注文
  • アンケート
  • 応募

初心者から支持を受けていて、累計登録者は4万人以上だ。

「簡素な入力フォームを手っ取り早く作りたい会社」におすすめだ。

SECURE FORMの料金
プラン 月額料金/ユーザー フォーム作成数 回答データ保存期間
フリー 0円 3個 0件
ベーシック 900円 10個 500件
ビジネス 1,800円 50個 3,000件

【格安】入力フォーム作成ツール2選

入力フォーム作成ツール9:Googleフォーム

入力フォーム作成ツール「Googleフォーム」の公式サイトのトップページURL:Googleフォームの公式ホームページ

Googleフォームの特徴

Googleが提供の入力フォーム作成ツールだ。

アンケートフォームにのみ対応している。

データ分析機能が優れていて、リアルタイムで回答状況を確認できる。

無料プランでも有料プランと同等のカスタマイズが可能だ。

G Suite(Googleのビジネスプラン)に加入していれば、Googleの各種クラウド機能と自動で連動する。

「無料でアンケートフォームを作成したい会社」におすすめだ。

Googleフォームの料金
プラン 月額料金/ユーザー
Basic 680円
Business 1,360円
Enterprisu 3,000円
 
注.上表はG Suiteの料金だ。詳しくは「G Suiteのお支払いプラン」で説明している。ぜひそちらを参照してほしい。

入力フォーム作成ツール10:ORANGE FORM(オレンジフォーム)

入力フォーム作成ツール「ORANGE FORM」の公式サイトのトップページURL:ORANGE FORMの公式ホームページ

ORANGE FORMの特徴

ORANGE FORMは業界最安値の入力フォーム作成ツールだ。

全種類のフォームに対応している。

操作が簡単なことから、1分で作成が可能だ。

ただし、テンプレートが簡素だ。デザインがシンプルになってしまう。

リアルタイムエラー表示などの高度な機能も付いていない。

「安く早くフォームを作りたい会社」におすすめだ。

ORANGE FORMの料金
プラン 月額料金/ユーザー フォーム作成数
パーソナル 0円 無制限
ビジネス 1,200円 無制限

3.失敗回避!入力フォーム作成ツールを選ぶときの5の比較ポイント

入力フォーム作成ツールを選ぶときの比較ポイントは5つある。

失敗しないためにも、全て確実に抑えておいてほしい。

【重要】入力フォーム作成ツールを選ぶときの3の比較ポイント

比較ポイント1:対応フォーム

入力フォーム作成ツールによって、対応フォームが異なる。

例えば、formrunは問い合わせフォームしか作成できない。一方で、SECURE FORMは問い合わせ・購入・アンケート・応募の4種類のフォームを作成できる。

貴社が必要なフォームを作成できなければ意味がない。

対応フォームは必ず比較すべきなのだ。

比較ポイント2:カスタマイズ機能

入力フォーム作成ツールによって、下記が異なる。

  • 配色パターン
  • テンプレートの形式
  • 入力ボックスの種類

etc

入力フォームがサイトイメージに合っていなければ、離脱率が上がってしまう。

カスタマイズ機能は必ず比較すべきなのだ。

比較ポイント3:使いやすさ

入力フォーム作成ツールによって、下記の2つが大きく異なる。

  • 使用方法
  • データ管理画面の見方

上手く使いこなせなければ、作業効率が落ちてしまう。また、心理的ストレスが大きくなる。

使いやすさを必ず比較すべきなのだ。

【状況次第で必要】入力フォーム作成ツール選ぶときの2の比較ポイント

比較ポイント4:上限ユーザー数

入力フォーム作成ツールによって、追加料金が異なる。

基本料金が安かったとしても、利用ユーザー数によって月額料金が高くなるのだ。

具体例は下図の通りだ。

基本料金が安くても、利用ユーザー数と追加料金によって月額料金が高くなる具体例

複数人で利用するのであれば、上限ユーザー数を必ず比較すべきだ。

比較ポイント5:セキュリティ強度

入力フォーム作成ツールによって、情報漏洩リスクが違う。

例えば、データセンターを用いている場合、1の方がウイルス対策が万全なはずだ。

  1. Amazon社のAWS
  2. その他

マイナンバー・クレジットカード番号などの重要情報を取り扱うのであれば、セキュリティ強度を必ず比較すべきだ。

最後に

本記事では、入力フォーム作成ツールを徹底解説した。

内容は下記の通りだ。

  1. 使い始める3の基準
  2. おすすめ10選
  3. 5の比較ポイント

まずは1で紹介した基準を確認してほしい。そして、使う必要性があるのであれば、2と3の内容を基に最適な入力フォームを見つけてほしい。

そうすることで、貴社の満足のいく結果を得られる。

入力フォームのデザインを決めるときのルールを、「入力フォームのデザイン」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

現在、公式LINEで「たった6ヶ月で利益を平均80.4%増やすWebマーケティング手法」を無料で発信している。弊社のクライアントがWebマーケティングに取り組み、実際に成果を出したやり方・考え方が分かる。

Adell公式LINEの登録ページ」にて3秒で登録できる。今すぐクリックして、QRコードを読み込んでほしい。

Pocket
LINEで送る


【無料お役立ち資料】

Webマーケティングの手引書
〜たった3ヶ月で見込客を安定的に獲得するには〜

adell-cta-photo-2

Webマーケティングで成果を出したいけど、どうすればいいのか分からない」と悩んでいませんか?

本資料は弊社のクライアント様がWebマーケティングに取り組み、

・資料請求数2,400件達成
・商談化率・成約率が大幅改善
・CPAが61.4%低下

など、実際に成果を出したやり方を一から詳細に解説しているものです。

公式LINEの登録特典としてお渡ししています。

ぜひ、貴社のWebマーケティングにお役立てください。