コピーライティングとは?必ず知っておくべき基礎知識を解説!

anyone-can-understand-all-in-5-minutes-1
Pocket
LINEで送る

あなたは最近、コピーライティングの存在を知ったのだろう。しかし、「どのような文章術なのか理解できない」と悩んでいるのではないか?

そう悩むのも無理はない。

コピーライティングは日常生活で使う文章術とは大きく異なる。馴染みがないため、何も理解できていないのは当然だ。

しかし安心してほしい。この記事を読めば全てが分かる。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

1.コピーライティングとは

コピーライティングとは、「文章を最後まで読んでもらうための文章術」のことだ。一つ一つの文章に「次の文章を読み進めさせる役割」を持たす技術と言える。

セールスレター・ランディングページの制作時に使用する。

コピーライティングの重要性

文章を最後まで読むユーザーが増えれば、コンバージョン率が必然的に上がる。

なぜならば、商材の強みを十分伝えられるからだ。

下図はランディングページのキャッチコピーを変えて、ABテストした結果だ。

ランディングページのキャッチコピーを変えてABテストした結果

ご覧になって分かる通り、4倍以上の差が生じた。

つまり、コピーライティングは広告の費用対効果に大きな影響を及ぼすのだ。

コピーライティングとセールスライティングの違い

セールスライティングとは、「行動を起こしてもらうための文章術」のことだ。

コピーライティングと異なり、下記の3つの技術と言える。

  • 文章に説得力を持たす
  • 商材をより魅力的にする
  • 行動を強く促す

どちらにも優劣はなく、両方を同時に使うのが効果的なのだ。

セールスライティングの概要は、「セールスライティングとは」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

2.コピーライティングの基本

コピーライティングの基本を分かりやすく説明していく。

本記事の中で最も重要な章だ。

じっくり読んで、確実に理解してほしい。

コピーの種類

コピーの構成
コピーの種類 説明
キャッチコピー タイトルのこと
ボディコピー 商材の説明文のこと
クロージングコピー コンバージョンを促すための文章のこと
追伸 コンバージョンするか迷っている人の背中を押す文章のこと

コピーライティングの流れ

コピーライティングをするときの流れを詳しく説明していく。

この通りに書けば、読者に読まれる文章を書ける。

ぜひ参考にしてほしい。

コピーライティングの流れ1:ターゲットを明確化

誰にでも当てはまる文章を書いたところで、誰の心にも刺さらない。結果、読んでもらえない。

コピーライティングをするためには、まずターゲットを明確にしないといけないのだ。

やり方は下記の手順の通りだ。

  1. 見込み客のデモグラフィックデータを収集:
    収集データ項目
    ①年齢
    ②性別
    ③世帯規模
    ④収入
    ⑤職業
    ⑥学歴
    ⑦地域
  2. 見込み客のサイコグラフィックデータを収集:
    収集データ項目
    ①価値観
    ②ライフスタイル
    ③悩み
  3. たった1人の見込み客まで落とし込む:
    具体例
    立教大学卒の26歳男性。大手金融機関に勤めている。年収は700万円だ。独身のため、金銭的には余裕がある。上昇志向が強く、自己成長に積極的に投資している。休日は誰とも遊ばずに、家で資格の勉強をしている。海外転勤の希望が全然通らず、仕事のモチベーションが下落中だ。転職も検討中。

ポイントは「最も多い見込み客の層を見極める」ことだ。

必要ならば、アンケート調査・SNS調査を実施してほしい。

コピーライティングの流れ2:ベネフィットを選定

読者は自分のことにしか興味がない。文章を最後まで読んでもらうためには、ベネフィット(=商材を使ったときに手に入る未来)を伝えなくてはいけない。

選定方法は下記の手順の通りだ。

  1. 商材のベネフィットを全て洗い出す
  2. ターゲットの悩みに適したベネフィットを3個選定

具体例は下図の通りだ。

ターゲット別にベネフィットを選定する具体例

コピーライティングする上で最も重要な作業だ。納得いくまで繰り返し実施してほしい。

コピーライティングの流れ3:思うがままに執筆

コピーライティングのコツ」で紹介している12のテクニックを使って、実際に文章を書いていく。

長文のコピーライティングをするのであれば、下表のいずれかの型を使う。

説明
PREP法 ①Point:結論
②Reason:理由
③Example:具体例
④Point:再結論
BREFの法則 ①Benefit:商材を使うと得られる未来
②Evidence:証拠
③Advantage:競合比較
④Feature:特徴
PASONAの法則 ①Problem:問題
②Affinity:親近感
③Solution:解決策
④Offer:提案
⑤Narrow down:絞り込み
⑥Action:行動

このとき文字数は気にしなくていい。

あなたの思うがままに執筆してほしい。

コピーライティングの流れ4:添削

文字数が少なくなるほど、文章が分かりやすくなる。言い換えれば、読者の心に刺さりやすくなるのだ。

具体例は下記の通りだ。

  • 添削前:たった15分で新品のような車に!魔法のお掃除クリーナー
  • 添削後:たった15分でボロ車を新車に変えるクリーナー

初心者であれば、文字数を半分にするのが一つの目安だ。

伝えたいことを最小文字数で表現してほしい。

コピーライティングの流れ5:24時間以上寝かしてから再添削

執筆時間が長いと、下記の2つに気付きにくくなる。

  • 読みづらい箇所
  • 論理的におかしい箇所

なぜならば、読み慣れるからだ。

内容を全体的に分かっているため、スムーズに読み進められてしまう。

完成度をできる限り上げるためにも、24時間以上経過した後に読み返して、再度修正してほしい。

3.コピーライティングの学習方法

コピーライティングの学習方法を手順ごとに説明していく。

記載の通りに実践すれば、確実に習得できる。

ぜひ熟読してほしい。

コピーライティングの学習手順1:本で基本を学ぶ

まずはコピーライティングの本を1〜2冊読んで、基本を学ぶ。

おすすめは下記の3冊だ。

  1. 最強のコピーライティングバイブル=伝説の名著3部作が1冊に凝縮!国内成功100事例付き
  2. ザ・コピーライティングー心の琴線にふれる言葉の法則
  3. 究極のセールスレター シンプルだけど一生に役に立つ!お客様の心を鷲掴みにするためのバイブル

全ての本の記載内容はほとんど同じだ。3冊以上読む必要はない。

コピーライティングの学習手順2:コピーを読む

コピーライティングの基本を学んだら、他社のランディングページ・セールスレターを読む。

そして、下記の3つを実行する。

  1. どんなテクニックが使われているかを確認
  2. なぜ効果的なのかを思考
  3. 貴社のコピーにどのように応用できるか思考

テクニックの実践的な使い方を習得できる。

最低でも20枚は読んだ方がいい。

コピーライティングの学習手順3:実際に書いてみる

習得したテクニックを用いて、実際にコピーライティングをする。

想定商材を決めてセールスレターを10枚程度作れば、テクニックを使いこなせるようになる。

1枚目から完璧にできる人はいない。悲観的にならずに、とにかく手を動かしてほしい。

コピーライティングの学習手順4:PDCAを回す

渾身のセールスレター・ランディングページを作り、広告を出稿・配信する。

その後、効果測定を実施して、下記のいずれかを実行する。

  • 結果が悪かった場合:原因を発見して、改善案を実行する
  • 結果が良かった場合:理由を考えて、他の商材への応用方法を考える

こうすることで、独自のノウハウが蓄積する。

繰り返し実施して、コピーライティングのスキルを上げていってほしい。

最後に

本記事では、コピーライティングを徹底解説した。

内容は下記の通りだ。

  1. 概要
  2. 基本
  3. 学習方法

まずは1.2の内容を確実に理解してほしい。そして、3の内容を忠実に実践してほしい。

そうすることで、コピーライティングを確実に習得できる。

弊社ではランディングページ制作事業をおこなっています。

高度なテクニックを使いこなし、結果の出るランディングページを制作します。

ご質問・ご相談は無料です。「お問い合わせフォーム(無料)」からお気軽にお問い合わせください。

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。