コピーライティングのコツを掴める!効果実証済みの12のテクニック

anyone-can-write-sell-well-copy-1
Pocket
LINEで送る

あなたは最近、コピーライティングを勉強し始めたのだろう。しかし、「全然上達しない」と悩んでいるのではないか?

そう悩むのも無理はない。コピーライティングは奥が深い。有名コピーライターでも10回中3回成功するのが限界だ。

しかし安心してほしい。この記事で紹介する12のテクニックを習得すれば、確実にコツを掴める。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

1.大前提!コピーライティングの定義

コピーライティングとは、「『ランディングページ』や『セールスレター』を最後まで読んでもらうための文章術」のことだ。次の文章を読み進めさせるために、一つ一つの文章を書かなくてはいけない。

したがって、それぞれに下記の3つの要素を含める必要がある。

  • 説得力がある
  • 興味深い
  • 分かりやすい

文章の綺麗さを一切求めず、「読み進めさせる」ことにのみ注力するのだ。

コピーライティングの概要は、「コピーライティングとは」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

2.効果抜群!コピーライティングの12のテクニック

「基本編」と「応用編」の2つに分けて、コピーライティングのテクニックを合計12個紹介していく。

全てを使いこなせば、読了率が大幅に上がり、貴社の売上に大きく貢献する。

ぜひ熟読してほしい。

コピーライティングの8の基本テクニック

テクニック1:小見出しを使う

読者の50%は、文章を流し読みする。

小見出しを使うことで、全体の内容を伝えられるのだ。また、魅力的であれば、文章を熟読させられる。

具体例は下記の通りだ。

  • キャッチコピー:
    たった3ヶ月でCVRを平均54倍にするLPOサービス
  • 小見出し1
    3ヶ月以内に結果が出る3つの理由
  • 小見出し2
    2ヶ月以内に料金以上の経費削減効果!
  • 小見出し3
    94%が「利用して良かった」と回答!
  • 小見出し4
    毎月5社限定!お申し込みはお早めに!

本文を簡潔にまとめて、分かりやすい小見出しを書いてほしい。

テクニック2:第1章・第2章を短くする

章を読み進めるごとに、人間は文章にのめり込んでいく。現に、「少しだけ本を読もうと思ったら、読み切ってしまった」という経験があなたにもあるはずだ。

「ランディングページ」や「セールスレター」等であれば、第1章・第2章は短くすることで、読者は最後まで読み進めてしまうのだ。

できる限り簡潔にして、150〜300字にまとめるのがいいだろう。

テクニック3:読者目線の表現にする

人間は自分視点でしか物事を考えられない。

言い換えれば、読者目線の表現を使うことで、読者は文章を直感的に理解できるのだ。

具体例は下記の通りだ。

  • 良い例:まるで映画館のように四方八方から音を感じられるスピーカー
  • 悪い例:高性能・高音質スピーカー

ポイントは「読者の感じ方を書く」ことだ。

とことん読者の立場に立って、最も刺さる表現を使ってほしい。

テクニック4:話しかけるように書く

「話しかけられている」と思うと、人間は注意を向けてしまう。

例えば、下記の2つのコピーを比較したとき、前者の方が目に入ってくるはずだ。

  • あなたは今、「売上が上がらない」と悩んでいませんか?
  • 「売上が上がらない」と悩んでいる人は多い

読者の心情を徹底的に考えて、まるで会話しているかのような文章を書いてほしい。

テクニック5:分かりやすい言葉を使う

思っている以上に、読者は貴社業界の知識を持っていない。そして、文章の内容を理解できないと、読むのをやめてしまう。

難しい言葉・専門用語は、分かりやすい言葉に変えた方がいいのだ。

具体例は下記の通りだ。

  • 良い例:問い合わせ1件獲得するのにかかった費用
  • 悪い例:CPA

社外の友人・家族等にフィードバックをもらい、小学生でも理解できる言葉を使ってほしい。

テクニック6:図・表・箇条書きを使う

文章の内容を正確に理解できる人は、想像以上に少ない。現に、本を読んでいる人の7割は大卒だ。

内容が複雑な文章は、下記の3つを用いて、説明を分かりやすくした方がいいのだ。

  • 箇条書き

具体例は下図の通りだ。

「図での説明」と「文章での説明」の比較

小学生に伝えるつもりで、できる限り分かりやすく説明してほしい。

テクニック7:正確な数字を使う

正確な数字を含めることで、文章の信憑性が上がる。

なぜならば、「裏付けがある」と人間は感じるからだ。

具体例は下記の通りだ。

  • 良い例:101,401人が効果を実感したホワイトニングクリーム
  • 悪い例:約10万人が効果を実感したホワイトニングクリーム

桁数が増えるほど信憑性は増す。

過去のデータを精査して、できる限り正確な数字を使ってほしい。

テクニック8:不必要な単語を徹底的に削る

文字数が少なくなるほど、読者の文章理解度が上がる。

言い換えれば、不必要な単語を徹底的に削った方がいいのだ。

具体例は下記の通りだ。

  • 良い例:私の夢はサッカー選手だ。夢を叶えるために、毎日練習している。
  • 悪い例:私の夢はサッカー選手だ。その夢を叶えるために、毎日サッカーの練習をしている。

「代名詞」と「重複単語」の2つを削るのがポイントだ。

繰り返し添削して、できる限り短い文章にしてほしい。

コピーライティングの4の応用テクニック

テクニック9:キャッチコピーで読者を惹きつける

キャッチコピーは読者全員が必ず目を通す。

ここで読者を惹きつけることで、以降を読んでもらえるのだ。

キャッチコピーの作るテクニックは、「キャッチコピーの作り方」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

テクニック10:書き出しで文章を読むメリットを伝える

キャッチコピーを読んだ読者は、次に書き出しを読む。

ここで本文を読むメリットを念押しすることで、確実に本文を読んでもらえる。

書き出しは「問題提起→問題喚起→解決策提示」の順で作成すればいいだけだ。

具体例は下記の通りだ。

  • 問題提起:
    あなたは今、「売上を作れない」と悩んでいるのではないか?
  • 問題喚起:
    そう悩むのも無理はない。創業当初はお金がない。広告を打てないため、お客さんを呼び込めない。売上が作れないのも当然だ。
  • 解決策提示:
    しかし安心してほしい。このページを読めば、「広告費0円で集客できる方法」が分かる。ぜひ一読してほしい。

ターゲットの悩みを明確にして、刺さるコピーを作成してほしい。

テクニック11:好奇心を刺激し続ける

文章がつまらなければ、読者は飽きてしまう。

最後まで読んでもらうためには、好奇心を刺激し続けないといけない。

ポイントは「キャッチコピーと同じ作り方で小見出しを作る」ことだ。

具体例は下記の通りだ。

  • 小見出し1
    一部上場企業創業者も絶賛!
  • 小見出し2
    売上が平均21倍にする3つのメソッド
  • 小見出し3
    10年連続で顧客満足度95%以上を維持できた3つの理由

読者が興味を抱くことを徹底的に考えて、本文を読みたくなるほど魅力的な小見出しを考えてほしい。

テクニック12:章ごとの文字数を変える

下記の2つを比較したとき、前者の方が会話が頭に入ってきやすいはずだ。

  • 抑揚のある話し方
  • 単調な話し方

文章にも同じことが言える。章ごとの文字数を変えると、読者は内容を理解しやすくなる。

具体例は下記の通りだ。

  • 第1章:200文字
  • 第2章:150文字
  • 第3章:800文字
  • 第4章:400文字
  • 第5章:1,000文字

「1章を2つに分ける」や「章を入れ替える」等を実行して、章ごとの文字数を散らばらせてほしい。

3.名著!コピーライティングの勉強に役立つ本3選

コピーライティングを勉強するときに役に立つ本を3冊紹介する。

どれも名著だ。今後もマーケティングに携わるのであれば、一度は目を通してほしい。

【基本編】コピーライティングの勉強に役立つ本2選

最強のコピーライティングバイブル(監修・解説:神田昌典 著:横田伊佐男)

コピーライティングの本「最強のコピーライティングバイブル」URL:最強のコピーライティングバイブル

下記2人の有名マーケターの共同著書だ。

  • 神田昌典
  • 横田伊佐男

事例を交えながら、コピーライティングの基本を分かりやすく解説している。テクニックの使い方・使用場面といった細かなノウハウも載っていることから、本の通りに実践するだけで、ある程度売れるコピーを書ける。

教科書代わりに持っておきたい本だ。

全米No.1のセールスライターが教える 10倍売る人の文章術(著:シュガーマン)

コピーライティングの本「全米No.1のセールスライターが教える 10倍売る人の文章術」URL:全米No.1のセールスライターが教える 10倍売る人の文章術

伝説のコピーライター「シュガーマン」の著書だ。

「心得」や「ルール」といった基本から実践的テクニックまでを解説している。内容が充実していることから、この本を1冊読むだけでコピーライティングを一通り理解できる。

本記事を作成するときも、参考にさせていただいた。

基本を学びたい人におすすめの本だ。

【応用編】コピーライティングの勉強に役立つ本1選

人を操る禁断の文章術(著:DaiGo)

コピーライティングの本「人を操る禁断の文章術」URL:人を操る禁断の文章術

メンタリスト「DaiGo」の著書だ。

心理学の観点から実践的テクニックを紹介している。人間が行動を起こす仕組みも説明しているため、内容を深く理解できる。

本記事を作成するときも、参考にさせていただいた。

コピーライティングのスキルを更に上げたい人におすすめの本だ。

最後に

本記事ではコピーライティングのテクニックを徹底解説した。

内容は下記の通りだ。

  1. 定義
  2. 12のテクニック
  3. 勉強するのに役立つ本3選

まずは1と2の内容を理解してほしい。そして、3で紹介した本を読んで、さらにテクニックを知り、何度も文章を作成してほしい。そうすることで、コツを掴める。

弊社では、ランディングページ制作事業をおこなっています。

紹介した12個のテクニックはもちろんのこと、その他の高度なテクニックを使って、最高のコピーのランディングページを制作します。

ご質問・ご相談は無料です。「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお気軽にお問い合わせください。

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。