バナー広告の平均クリック率を徹底解説!種類・掲載箇所別に分かる!

business-graph-1
Pocket
LINEで送る

あなたは今、バナー広告を打ち始めようとしているのだろう。そして、どの程度の成果が出るのか予測するために、平均クリック率を調べているのではないか?

そこで本日は、種類別・掲載箇所別にバナー広告の平均クリック率を紹介する。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

※ バナー広告をよく知らないのであれば、下記の5つの記事を読んでほしい。そうすることで、以降の内容を理解しやすくなる。
参考記事1:バナー広告とは
参考記事2:バナー広告のメリット・デメリット
参考記事3:データフィード広告とは
参考記事4:純広告のメリット・デメリット
参考記事5:Web広告のメリット・デメリット
 
 

1.バナー広告の平均クリック率が変動する3の要因

バナー広告の平均クリック率が変動する3つの要因を説明する。

「次章で紹介する平均クリック率」を元に、「本章で説明する3つの変動要因」を考慮して、貴社がバナー広告を出したときのクリック率を推測してほしい。

要因1:業種

バナー広告の平均クリック率が変動する最も大きな要因は、業種だ。

不動産や生命保険といった個人向け高額商材の場合、平均クリック率は低くなる。一方で、飲料水やトイレットペーパーといった日用品であれば、平均クリック率は高くなる。

次章の「2.【種類別】バナー広告の平均クリック率」で紹介する平均クリック率に、下記の数値を掛けてほしい。

  • 個人向け高額商材系:3
  • 日用雑貨:5
  • BtoB商材:1

そうすることで、業種別の平均クリック率を推測できる。

※ 不動産のWeb広告に、バナー広告は適している。「不動産会社に適したWeb広告」で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。

要因2:広告掲載媒体

広告掲載媒体の特性によって、バナー広告の平均クリック率は変動する。

変動要因になる具体的な特性は、下記の3つだ。

  1. 検索流入比率:
    検索流入比率が高いほど、購買欲求が強いユーザーが多い。その分、平均クリック率が高くなる。
  2. ユーザー層:
    ユーザー層がバナー広告のターゲット層に近いほど、平均クリック率が高くなる。
  3. 指名検索数:
    指名検索数が多いほど、その媒体のファンが多いということだ。バナー広告に対する信用度が高くなるため、クリック率が高くなる。

ここは感覚になってしまう。

「ユーザー層の50%がターゲット層だから、紹介された平均クリック率の1.3倍くらいが平均クリック率かな」といった具合で、平均クリック率を推測してほしい。

要因3:バナーの質

バナーの質によって、バナー広告の平均クリック率は変動する。

具体的な変動要因は、下記の2つだ。

  1. デザイン:
    「目立つ色」や「媒体と同化する色」を使うことで、バナー広告を見る人が増える。その分、平均クリック率が高くなる。
  2. コピー:
    広告を見た人がメリットを強く感じるコピーほど、平均クリック率が高くなる。

ここも感覚になってしまう。

「今回のバナーデザインがあまり良くないから、紹介された平均クリック率の0.8倍くらいが平均クリック率かな」といった具合で、平均クリック率を推測してほしい。

2.【種類別】バナー広告の平均クリック率

下記の2つのバナー広告の種類別に、平均クリック率を紹介する。

  • 運用型バナー広告(=アドネットワーク)
  • 純広告型バナー広告

なお、純広告型バナー広告では、掲載箇所別に平均クリック率を紹介していく。

ぜひ、じっくり読んでほしい。

注.運用型バナー広告は掲載箇所を選べないため、全体の平均クリック率を紹介する。
 
※ 運用型バナー広告(=アドネットワーク)については、「9種類のWeb広告を徹底解説!」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
 
※ 純広告型バナー広告については、「純広告とは」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

運用型バナー広告の平均クリック率

GDNやYDNといった運用型バナー広告の平均クリック率は、0.07〜0.08%である。

ただし、運用担当者の腕によって、大きく変動する。

腕が良ければ、0.2%以上になる。しかし、腕が悪ければ、0.03%未満になってしまう。

もし、運用型バナー広告の平均クリック率を上げたいのであれば、腕の良い運用担当者を探すのがいいだろう。

純広告型バナー広告の平均クリック率

下記の掲載箇所別に、純広告型バナー広告の平均クリック率を紹介する。

  • サイドバー右上
  • サイドバー右下
  • 記事上
  • 記事下
  • トップページ

ぜひ参考にしてほしい。

※ サイドバーに掲載するバナー広告については、「ネイティブ広告とは」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

サイドバー右上にバナー広告を掲載したときの平均クリック率

サイドバー右上に純広告型バナー広告を掲載したときの平均クリック率は、0.2〜0.3%である。

バナーの大きさによって、平均クリック率が上下する。120×600(=横×縦)といった縦長のバナー広告であれば、その分多くの人の目に付くため、平均クリック率は上昇する。

サイドバー右下にバナー広告を掲載したときの平均クリック率

サイドバー右下に純広告型バナー広告を掲載したときの平均クリック率は、0.1〜0.2%である。

サイドバーの縦の長さによって、平均クリック率が上下する。縦が長くて、記事本文の終わり際にバナーが表示されるのであれば、目に付きやすいため、平均クリック率は上昇する。

記事上にバナー広告を掲載したときの平均クリック率

記事上に純広告型バナーを掲載したときの平均クリック率は、0.2%程度である。

記事の内容によって、平均クリック率が上下する。

例えば、「◯◯の方法」といった目的意識を持った人が読む記事であれば、平均クリック率は向上する。一方で、「△△とは?」といった興味本位の人が読む記事であれば、平均クリック率は低くなる。

記事下にバナー広告を掲載したときの平均クリック率

記事下に純広告型バナー広告を掲載したときの平均クリック率は、0.5〜1%である。

記事の質によって、平均クリック率が大きく上下する。

質が高いほど、その媒体の信用度が高くなる。それに伴ってバナー広告の信用度も高くなるため、平均クリック率は上昇するのだ。

トップページにバナー広告を掲載したときの平均クリック率

トップページにバナー広告を掲載したときの平均クリック率は、0.01〜0.2%である。

記事の方向性によって、平均クリック率が大きく上下する。

例えば、「効果的なGDNの運用方法」といった専門的な記事を書いているのであれば、目的意識を持った人が集まるため、平均クリック率は上昇する。一方で、「コストコのおすすめ商品10選」といった万人が興味を示す記事を書いているのであれば、興味本位の人が集まってしまうため、平均クリック率は低くなる。

4.バナー広告の平均クリック率を上げる3の方法

バナー広告の平均クリック率を上げる方法を3つ説明する。

※ バナー広告の効果測定方法は、「Web広告の効果測定」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

方法1:広告出稿先を変える

ユーザー層がバナー広告のターゲット層に近いほど、平均クリック率は向上する。

なぜならば、興味を示す人が増えるからだ。

ユーザー層がターゲット層により近い媒体がないか探して、バナー広告を出稿してほしい。

※ バナー広告の出稿先を決めるときに役立つ情報を、下記の4つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:Web広告のおすすめ媒体24選
参考記事2:バナー広告の媒体別料金
参考記事3:アプリ広告の費用
参考記事4:純広告の媒体別料金相場

方法2:バナーデザインを見直す

バナーデザインが良ければ、バナーを見る人が増える。

貴社の商品・サービスにメリットを感じる人が多くなるため、平均クリック率が向上するのだ。

バナーデザインを決めるときに役立つサイトを、「広告バナーのデザインサイトまとめ」で紹介している。そちらを参考にして、人の目を引くバナーを作成してほしい。

※ 優れたバナー広告の事例を、下記の2つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告の事例20選
参考記事2:Web広告の事例10選

方法3:バナーのコピーを見直す

バナーのコピーが魅力的であれば、貴社の商品・サービスにメリットを感じる人が多くなる。

結果、平均クリック率が向上するのだ。

魅力的なバナーのコピーの書き方を、「バナー広告のクリック率を上げる13のコツ」で詳しく説明している。そちらを参考にして、作成してほしい。

※ バナー広告の全体の効果を上げる方法を、下記の2つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告の効果
参考記事2:ネイティブ広告の効果
 
※ バナー広告を打つときに役立つ情報を、下記の8つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:Web広告の予算の決め方
参考記事2:Web広告のKPI設定方法
参考記事3:Web広告の平均費用対効果
参考記事4:Web広告の費用
参考記事5:Web広告の勉強に役立つサイト15選
参考記事6:東京都のインターネット広告代理店10選
参考記事7:インターネット広告代理店17社のおすすめランキング
参考記事8:インターネット広告代理店9選を徹底比較

最後に

本記事では、下記の2つの条件別に、バナー広告の平均クリック率を紹介した。

  • 種類
  • 掲載箇所

上記2つの条件に加え、3つの変動要因を考慮した上で、平均クリック率を推測してほしい。そうすることで、より正確な数値を把握できる。

結果、バナー広告を打つことで得られる成果も、正確に予想できる

Pocket
LINEで送る


本記事を読んだあなたへ

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチはインターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。