バナー広告の効果を上げる22の方法【令和元年版】

superman-uniform-business-woman-1
Pocket
LINEで送る

あなたは今、バナー広告を出稿しているのだろう。そして、「思ったような成果が得られない」と悩んでいるのではないか?

そこで本日は、バナー広告の効果を上げる方法を徹底解説してく。

じっくり読んで、ぜひ実践に活かしてほしい。

1.バナー広告の3の効果

バナー広告で得られる3つの効果を紹介していく。

※ バナー広告の概要を下記の10個の記事で詳しく説明している。ご存知ないのであれば、ぜひ参照してほしい。
参考記事1バナー広告とは
参考記事2:バナー広告のメリット・デメリット
参考記事3純広告とは
参考記事4:純広告のメリット・デメリット
参考記事5ネイティブ広告とは
参考記事6:ネイティブ広告の種類
参考記事7:データフィード広告とは
参考記事8:アプリ広告とは
参考記事9Web広告の種類
参考記事10:スマホ広告の種類

効果1:認知度向上

バナー広告を打つことで、広告掲載先に訪れた人が、貴社のバナーを見る。

訪問ユーザー数は最低でも100万を超えるため、単純計算で100万人以上に認知を広げられるのだ。

効果2:コンバージョン数増加

バナー広告は表示回数が多いため、興味を持つ人も多い。その分、ランディングページへ飛ぶ人が増えるため、コンバージョン数が増加する。

結果、貴社の売上向上に大きく貢献するのだ。

効果3:見込み客数増加

バナー広告・ランディングページを見た人の中には、下記の2種類の人が大勢存在する。

  • 興味を持ったがバナーをクリックしなかった人
  • 興味を持ったがコンバージョンしなかった人

時間が経過した後、何かの拍子でこういった人たちの購買欲求が高まったときに、貴社サービスが購入されるのだ。

※ 不動産のWeb広告に、バナー広告は適している。「不動産会社に適したWeb広告」で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。

2.バナー広告の効果を上げる22の方法

バナー広告からコンバージョンするまでのユーザーの流れは、下記の通りだ。

  • バナー広告が表示される
  • バナー広告をクリックする
  • ランディングページでコンバージョンする

つまり、下記の3つをおこなえば、バナー広告の効果は高くなる。

  • インプレッション数を増やす(=表示回数を増やす)
  • クリック率を上げる
  • コンバージョン率を上げる

それぞれの方法を合計22個紹介していく。

バナー広告のインプレッション数を増やす2の方法

方法1:大きな媒体にバナー広告を掲載する

大きな媒体ほど、訪問ユーザー数が多い。

それに伴って、バナー広告のインプレッション数が増えるのだ。

方法2:複数の媒体にバナー広告を掲載する

複数の媒体にバナー広告を掲載することで、合計の訪問ユーザー数が多くなる。

それに伴って、バナー広告のインプレッション数が増えるのだ。

※ バナー広告の媒体別掲載料金は、下記の3つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告の料金
参考記事2:アプリ広告の費用
参考記事3:純広告の料金相場

バナー広告のクリック率を上げる15の方法

クリック率を上げるには、大きく分けて下記の2つの方法がある。

  • インプレッションの質を上げる
  • 広告物の質を上げる

それぞれの方法を合計15個説明していく。

※ バナー広告の平均クリック率は、「バナー広告の平均クリック率」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

バナー広告のクリック率が高くなるインプレッションを得る2の方法

方法3:ユーザー層がターゲット層に近い媒体にバナー広告を掲載する

媒体のユーザー層が貴社サービスのターゲット層に近いほど、バナー広告に興味を持つ人が増える。

結果、クリック率が向上するのだ。

※ バナー広告のおすすめ出稿先を、「Web広告のおすすめ媒体24選」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
方法4:バナー広告の掲載箇所を記事下にする

記事下にバナー広告を出すことで、クリック率は向上する。

なぜならば、それ以降にユーザーの読みたいものがないからだ。

バナー広告を注目する人が多いため、クリック率が向上する。

クリック率が高いバナーを作る13の方法

クリック率が高いバナーを作る13の方法は、下記の通りだ。

  • 方法5女性または赤ちゃんの写真を使う
  • 方法6赤色または緑色を使う
  • 方法7キャッチコピーの文字を大きくする
  • 方法8広告出稿先と同化させる
  • 方法9できる限り簡潔にする
  • 方法10ベネフィットを伝える
  • 方法11ニュース性を伝える
  • 方法12ターゲットを指定する
  • 方法13権威性を証明する
  • 方法14具体的な数字を書く
  • 方法15希少性を演出する
  • 方法16簡便性を伝える
  • 方法17苦痛から逃れられることを伝える

上記の13の方法は、「バナー広告のクリック率の上げ方」で詳しく説明しているので、そちらを参照してほしい。

※ バナー広告のデザインを決めるときに役立つ情報を、下記の2つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告の事例20選
参考記事2:広告バナーのデザインサイトまとめ

バナー広告のコンバージョン率を上げる5の方法

バナー広告のコンバージョン率を上げるには、ランディングページの改善をおこなう。

ここでは、5つの方法を紹介する。

方法18:魅力的なタイトルを付ける

魅力的なタイトルを付けることで、以降の内容を読み進めるユーザーが増える。

それに伴って、貴社サービスのメリットを理解するユーザーが増えるため、バナー広告のコンバージョン率が向上するのだ。

※ ランディングページの魅力的なタイトルの付け方は、後日記事にする予定だ。それまで楽しみにしていてほしい。

方法19:ベネフィットを箇条書きにする

ベネフィットを箇条書きにすることで、ユーザーは貴社サービスのメリットを理解しやすくなる。

その分、貴社サービスのメリットを理解するユーザーも増えるため、バナー広告のコンバージョン率が向上するのだ。

方法20:お客様の声を紹介する

下記のようなお客様の声を紹介することで、貴社サービスの信憑性が高まる。

  • 使った感想
  • 使用前と使用後の変化
  • 実際に使っている場面

文章の説得力が強くなるため、バナー広告のコンバージョン率が向上するのだ。

方法21:入力項目を減らす

ランディングページを見て、コンバージョンしなかった人の中には、「購入意欲はあるが、入力が面倒」という人が一定数存在する。

入力項目を減らすことで、そういう人たちの取りこぼしを防げる。

結果、バナー広告のコンバージョン率が向上するのだ。

方法22:購入ボタンを目立たせる

ランディングページを見て、コンバージョンしなかった人の中には、「購入ボタンがどこにあるのか分からなかった」という人が一定数存在する。

下記の色を使って、購入ボタンを目立たせることで、そういう人たちの取りこぼしを防げる。

  • 赤色
  • 緑色

結果、バナー広告のコンバージョン率が向上するのだ。

3.バナー広告の効果測定の5のポイント

バナー広告の効果測定のポイントを5つ紹介する。

検証・改善をおこなうときの参考にしてほしい。

ポイント1:施策別に成果を見る

バナー広告の効果測定をするときは、施策別に成果を見てほしい。

具体例は、下記の通りだ。

  • 媒体A:4%、CVR4.9%、CV10件
  • 媒体B:1%、CVR2.1%、CV15件
  • 媒体C:2%、CVR0.5%、CV11件

こうすることで、どの媒体のどこの箇所を改善するべきなのかが、一瞬で分かる。

結果、検証・改善の速度が上がるのだ。

ポイント2:3つの指標を必ず計測する

バナー広告の効果測定をするときは、下記の3つの指標を最低限計測してほしい。

  • クリック率(=CTR)
  • コンバージョン率(=CVR)
  • コンバージョン数(=CV)

そうすることで、下記の4つのどれを改善するべきなのかが一瞬で分かる。

  • 広告出稿先
  • 広告掲載箇所
  • バナー
  • ランディングページ

結果、検証・改善の速度が上がるのだ。

ポイント3:リスティング広告の成果を計測する

バナー広告の効果測定をするときは、リスティング広告の成果も計測してほしい。

なぜならば、バナー広告を見た人の中には、「もう少し情報を集めて、購入するか決める」という人が大勢存在するからだ。

そういう人は、下記のような情報を検索する。

  • 口コミ
  • 活用事例
  • 他社比較

上記の情報を調べるキーワードで、リスティング広告を出稿しているのであれば、CPAが大幅に下がる。バナー広告の直接的効果が低かったとしても、「バナー広告+リスティング広告」の効果が上がっていることがあるのだ。

そういった場合に、バナー広告の出稿を取り止めないためにも、リスティング広告の成果を計測してほしい。

ポイント4:改善案を必ず出す

バナー広告の効果測定をおこなったら、改善案を必ず出してほしい。

なぜならば、ユーザー心理は日に日に変化しているからだ。常に対応し続けなければ、効果は徐々に落ちていってしまう。

そのため、効果測定をおこなうたびに、改善案を出してほしい。

ポイント5:小さくABテストをおこなう

バナー広告を改善したときは、小さくABテストをおこなってほしい。

なぜならば、改善後のバナー広告の効果が高いとは限らないからだ。いきなり大々的に掲載すると、広告費用が無駄になる可能性がある。

そういった事態を回避するためにも、まずは小さくABテストをおこなってほしい。

※ バナー広告の効果測定をするときに役立つ情報を、下記の5つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:ネイティブ広告の効果
参考記事2:Web広告の効果測定方法
参考記事3:
Web広告のKPI設定方法
参考記事4:Web広告の平均費用対効果
参考記事5:Web広告の予算の決め方

4.効果的なバナー広告の事例3選

効果的なバナー広告の事例を3つ紹介する。

真似できるところは真似て、ぜひ実践に使ってほしい。

事例1:Dr.シーラボのバナー広告

dr-cilabo-banner-1

Dr.シーラボのバナー広告だ。

10万人限定にすることで、希少性を演出している。また、料金が無料という強いベネフィットを伝えている。

おそらく多くのコンバージョンを生んだだろう。

事例2:Adobe Creative Cloudのバナー広告

adobe-creative-cloud-banner-1

Adobe Creative Cloudのバナー広告だ。

お客様の事例を具体的な数字を使って記載している。説得力が強い上に、信憑性が高いため、多くのコンバージョンを生んだだろう。

事例3:ATELIER GREINのバナー広告

atelier-grein-banner-1

記念品製作会社「ATELIER GREIN」のバナー広告だ。

設立年数・累計受注件数を記載することで、権威性を強く証明している。

おそらく多くのコンバージョンを生んだだろう。

※ 効果的なバナー広告の事例は、「Web広告の事例10選」でも紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

5.バナー広告の効果を上げたいときに参考にすべき5の記事

バナー広告の効果を上げたいときに参考にすべき記事を5つ紹介する。

ぜひ目を通してほしい。

記事1:高品質なバナーの作り方|LISKUL

liskul-create-banner-method-content-1「45分」で作れる!高品質バナーの作り方!

高品質バナー45分で作る方法を紹介している記事だ。

図を交えながら説明をしているため、非常に分かりやすい。また、専門用語を使っていないため、初心者でも理解できる。

バナー広告の作成経験が浅い人にオススメである。

記事2:バナー作成完全ガイド|デジ研

digiken-create-banner-guide-content-1バナー作成完全ガイド!作成のコツから出稿媒体別サイズまで

バナー広告の作り方を紹介している記事だ。

実在するバナーを載せながら、詳しく解説しているため、非常に分かりやすい。また、細かな注意点まで記載している。

再度勉強し直したい人にオススメである。

記事3:クリック率が高いが高いバナーレイアウト20選|LISKUL

liskul-banner-20layouts-content-1勝てるバナーレイアウト20選!|レイアウトに悩んだ時の虎の巻

バナーのレイアウト事例を20個紹介している記事だ。

事例ごとに簡単な解説をしているため、非常に分かりやすい。また、どういう商材にオススメなのかを説明しているため、参考にするべきレイアウトを見つけやすい。

検証・改善が行き詰まっている人にオススメである。

記事4:ランディングページの作り方の基本|LPノウハウ

lp-knowhow-landingpage-basic-content-1成果が出やすいランディングページにするための基本

ランディングページの基本をまとめた記事だ。

本来の目的・基本的構成がといった内容を解説している。

初心者にオススメである。

記事5:成果が出るランディングページの10の特徴|バズ部

bazubu-landingpage-10designs-content-1成果は保証します!売れるランディングページデザインの10の特徴

コンバージョンが生まれるランディングページデザインの特徴を紹介している記事だ。

中上級者向けだが、簡潔にまとめられているため、非常に理解しやすい。また、図を使って説明しているため、具体的なイメージが湧きやすい。

改善点が見つからなくて困っている人にオススメである。

※ バナー広告を勉強するときに役立つサイトを、「Web広告の勉強に役立つ15のサイト」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

最後に

本記事では、バナー広告の効果を上げる方法を徹底解説した。

貴社の商材に合った方法を選んで、新たなバナー広告を打ってほしい。そして、紹介した3の事例と参考にすべき5の記事から、真似できるところを真似てほしい。

そうすることで、今まででは考えられないほど大きな成果を得られる。

弊社はインターネット広告代理店です。

ヒアリングをした上で、貴社に最適なバナー広告の媒体を提案致します。同時に、成果が出るバナーを作成致します。

ご質問・ご相談は無料ですので、「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお気軽にお問い合わせください。

また、おすすめの代理店を下記の4つの記事で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

参考記事1:インターネット広告代理店17社のおすすめランキング
参考記事2:インターネット広告代理店9選を徹底比較
参考記事3:東京都のインターネット広告代理店10選
参考記事4:アプリ広告の代理店10選

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。