ネイティブ広告とは?これを読めば全て分かる!【完全ガイド】

blonde-woman-success
Pocket
LINEで送る

あなたは今、「ネイティブ広告って何?」と疑問に思っているのではないか?

そこで本日は、ネイティブ広告について徹底解説していく。

じっくり読んで、ぜひ理解を深めてほしい。

目次

1.ネイティブ広告とは

ネイティブ広告とは、「自然に溶け込んだ広告」のことだ。

別名、ネイティブアドと呼ばれている。

mery-tieup-content-toppage-1

下記の項目を、広告を掲載するWebメディアと同じ仕様にして、広告を出稿する。

  • 文体
  • 文章構成
  • デザイン

広告には見えないため、広告に対するユーザーからの信用度が高くなる。

結果、購入率が高まって、貴社の売上向上に貢献する。

※ ネイティブ広告の概要は、下記の2つの記事でも詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:9種類のWeb広告を徹底解説!
参考記事2:スマホ広告の種類 
 
※ ネイティブ広告を勉強するときに役立つサイトは、「Web広告の勉強に役立つサイト15選」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

2.ネイティブ広告とステマの関係

ネイティブ広告は、広告に見えないように広告を掲載するため、ステマと誤解される。(※ ステマとはステルスマーケティングの略称)

2〜3年前までは、規制がなかったため、ネイティブ広告はステマとして使われていた。しかし、現在は規制が進んで、「これは広告です」とネイティブ広告の一部に記載しなくてはいけない。

したがって、2019年現在、ネイティブ広告はステマではなく、一般的な広告手法である。

3.ネイティブ広告とインフィード広告、記事広告の違い

ネイティブ広告は、下記の2つの広告と一緒にされる。

  • インフィード広告
  • 記事広告

しかし、厳密にいえば、少し違う。

インフィード広告とは、「TwitterやFacebookといったSNSのフィードに自然に溶け込んだ広告」である。

そして、記事広告とは、「通常記事と同じ仕様の紹介記事を、Webメディアに掲載する広告」のことだ。

つまり、「インフィード広告」と「記事広告」は、ネイティブ広告の一部である。

4.ネイティブ広告の種類

ネイティブ広告には、7種類ある。

それぞれ詳しく説明していく。

ネイティブ広告の種類1:インフィード広告

インフィード広告とは、TwitterやFacebookといったSNSのフィードに自然に溶け込んだ広告のことである。

twitter-infeed-banner-1

SNSユーザーの9割は、ボーッとフィードを見ている。エッジの効いた広告を出すことで、注目が集まるため、大きな成果を得られる。

※ インフィード広告については、下記の3つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:インフィード広告とは
参考記事2:インフィード広告のメリット・デメリット
参考記事3:アプリ広告とは

ネイティブ広告の種類2:記事広告

記事広告とは、「通常記事と同じ仕様の紹介記事を、Webメディアに掲載する広告」のことだ。

mery-tieup-content-4

紹介記事は2,000〜4,000字で作成できる。

伝えられる情報量が多いため、商品・サービスの良さを十分伝えられる。

購入率が高いため、大きな成果を得られる。

※ 記事広告については、下記の3つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:記事広告とは
参考記事2:記事広告のメリット・デメリット
参考記事3:純広告のメリット・デメリット
 
※ 不動産のWeb広告に、記事広告は適している。「不動産会社に適したWeb広告」で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。

ネイティブ広告の種類3:リスティング広告

リスティング広告とは、「GoogleやYahoo!といった検索エンジンで、検索をしたときに掲載される広告」のことだ。

Googleのリスティング広告
google-search-listing-text-1

Yahoo!のリスティング広告
yahoo-search-listing-text-1

検索をする人は、何かを求めている。広告出稿するキーワードを入念に選ぶことで、大きな成果を得られるだろう。

しかし現在、広告出稿費用が高騰しているため、費用対効果は悪い。

※ リスティング広告の役立つ情報は、下記の38個の記事で説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:リスティング広告とは
参考記事2:リスティング広告の目的
参考記事3:リスティング広告と相性の良い業種
参考記事4:リスティング広告とSEO対策の違い
参考記事5:リスティング広告の仕組み
参考記事6:リスティング広告の入札
参考記事7:リスティング広告の文字数
参考記事8:リスティング広告のアカウント構成手順
参考記事9:リスティング広告のキャンペーン作成方法
参考記事10:リスティング広告の広告グループ作成方法
参考記事11:リスティング広告の始め方
参考記事12:リスティング広告のキーワード選定
参考記事13:リスティング広告の運用成果を上げるポイント
参考記事14:リスティング広告の効果の上げ方
参考記事15:リスティング広告のクリック率の改善方法
参考記事16:リスティング広告のコンバージョン率の改善方法
参考記事17:広告表示オプションの設定方法
参考記事18:サイトリンク表示オプションの設定方法
参考記事19:電話番号表示オプションの設定方法
参考記事20:コールアウト表示オプションの設定方法
参考記事21:価格表示オプションの設定方法
参考記事22:住所表示オプションの設定方法
参考記事23:構造化スニペット表示オプションの設定方法
参考記事24:メッセージ表示オプションの設定方法
参考記事25:リスティング広告のターゲティング機能の使い方
参考記事26:リスティング広告の地域指定のやり方
参考記事27:リスティング広告のABテストのやり方
参考記事28:広告ランクとは
参考記事29:品質スコアの改善方法
参考記事30:除外キーワードとは
参考記事31:マッチタイプとは
参考記事32:完全一致とは
参考記事33:フレーズ一致とは
参考記事34:絞り込み部分一致とは
参考記事35:部分一致とは
参考記事36:リスティング広告代理店ランキングTOP10
参考記事37:リスティング広告の代理店10選
参考記事38:リスティング広告の本10選

ネイティブ広告の種類4:プロモートリスティング広告

プロモートリスティング広告とは、「検索エンジン以外のWebメディアで、検索をしたときに掲載される広告」のことだ。

Webメディアに訪れているユーザーは、共通の目的がある(ex.食べログのユーザーは、飲食店を探している)。

したがって、ユーザー層が貴社の商品・サービスのターゲット層と近いWebメディアに、プロモートリスティング広告を出稿すれば、大きな成果を得られる。

また、リスティング広告よりも広告出稿費が安いため、費用対効果は良い。

ネイティブ広告の種類5:レコメンドウィジェット広告

レコメンドウィジェット広告とは、「Webメディア上で、オススメしてもらう広告」のことだ。

あまり目立たない箇所に広告が掲載されるため、大きな成果は望めない。

しかし、広告出稿費用は安めに設定されているので、費用対効果は良い。

※ レコメンドウィジェット広告については、「レコメンドウィジェット広告とは」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

ネイティブ広告の種類6:サイドバー広告

サイドバー広告とは、「サイドバーに、Webメディアと同じデザインのバナーを貼る広告」のことだ。

ferret-sidebar-banner-2

バナーのみのため、他の種類のネイティブ広告に比べ、出る成果は小さい。

しかし、7種類のネイティブ広告の中で、広告出稿費用が最も安いため、費用対効果は一番良い。

※ サイドバー広告については、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告とは
参考記事2:純広告とは
 
※サイドバー広告の役立つ情報を、下記の6つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告のメリット・デメリット
参考記事2:
広告バナーのデザインサイトまとめ
参考記事3:バナー広告の効果の上げ方
参考記事4:バナー広告のクリック率を上げる13のコツ
参考記事5:バナー広告の平均クリック率
参考記事6:バナー広告の事例20選

ネイティブ広告の種類7:カスタム広告

カスタム広告とは、「ここまでで紹介した6種類のネイティブ広告に属さない広告」のことだ。

具体的には、下記のWebメディアの広告が、カスタム広告である。

  • LINE
  • Spotify
  • Tumblr

ただし、どれも他にない型の広告なので、正確にネイティブ広告と定義されていない。

※ 全種類のネイティブ広告を、「7種類のネイティブ広告を徹底解説!」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

5.ネイティブ広告の3つのメリット

ネイティブ広告のメリットは3つだ。

詳しく説明していく。

ネイティブ広告のメリット1:購入される

ネイティブ広告は、一見広告には見えない。

広告に対するユーザーからの信用度が高くなるため、その分購入率が高くなる。

結果、貴社の商品・サービスが売れて、売上向上に大きく貢献する。

ネイティブ広告のメリット2:認知度向上

ネイティブ広告を出稿すると、貴社の商品・サービスが多くの人の目に触れる。

結果、認知度が向上するのだ。

広告から直接購入が生まれなかったとしても、「口コミによる購入」や「時間が経過した後の購入」が生まれる。

ネイティブ広告のメリット3:会社の信用力向上

詳しくは後述するが、ネイティブ広告は非常に高額だ。

ネイティブ広告を出稿することで、世間の人は「金銭的に余裕のある会社」と認識をする。

結果、会社の信用力が向上するのだ。

「商談がスムーズに進む」といった企業活動をする上でのプラスを得られる。

6.ネイティブ広告の2つのデメリット

ネイティブ広告のデメリットは2つだ。

それぞれ詳しく説明していく。

ネイティブ広告のデメリット1:広告出稿費用が高額

ネイティブ広告は、広告効果が非常に高い。その分、広告出稿費用が高額である。

「小さな金額で始めて、効果が良かったら、大きく広告を打つ」ということができない。

ネイティブ広告のデメリット2:失敗したときの金銭的ダメージが大きい

繰り返しになるが、ネイティブ広告は高額だ。

したがって、失敗したときの金銭的ダメージが大きい。

※ ネイティブ広告のメリット・デメリットは、「Web広告のメリット・デメリット」でも詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

7.ネイティブ広告の料金相場

ネイティブ広告の種類別の料金相場を説明していく。

インフィード広告の料金相場

課金システム別のインフィード広告の料金相場は、下記の通りだ。

  • インプレッション課金:1,000インプレッションで500〜2,000円
  • クリック課金:1クリック30〜300円

「インプレッション課金」と「クリック課金」の両方とも、オークションで単価が決まる。

そのため、競合が多いほど、単価は向上する。

※ インフィード広告の料金相場は、「インフィード広告の費用」で詳しく説明してる。ぜひ参考にしてほしい。

記事広告の料金相場

記事広告の料金相場は、下記の通りだ。

「広告出稿費用=想定PV数×20〜150円/記事」

下記の条件によって、単価が変動する。

  • Webメディアのブランド力:ブランド力が高いほど単価が向上
  • Webメディアのユーザー層:ユーザー層の購買意欲が高いほど単価が向上
  • 記事広告の種類:将来的に多くのPVを見込める種類ほど単価が向上
  • 掲載箇所:ユーザーの目に付きやすい場所に掲載するほど単価向上

ただし、記事広告の出稿費用はWebメディアによってバラバラだ。上記の料金相場はあくまで目安として考えてほしい。

リスティング広告の料金相場

リスティング広告の料金相場は下記の通りだ。

「クリック単価=1〜5,000円」だ。

オークションでクリック単価は変動する。

そのため、競合が多いほど、クリック単価は向上する。

例えば、「不動産 購入」というキーワードに広告を出稿する場合、競合が非常に多いため、クリック単価は「4,000〜5,000円」になる。

※ リスティング広告の費用感は、下記の3つの記事を読めば分かる。ぜひ参照してほしい。
参考記事1:リスティング広告の費用
参考記事2:リスティング広告のクリック単価相場
参考記事3:リスティング広告代理店の手数料
 
※ リスティング広告の最適な予算の算出方法は、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:リスティング広告の予算
参考記事2:リスティング広告のCPA

プロモートリスティング広告の料金相場

プロモートリスティング広告の料金相場は、下記の通りだ。

「クリック単価=300〜10,000円」

下記の条件でクリック単価は変動する。

  • 競合性:競合が多いほど、クリック単価は向上する。
  • Webメディアの特色:高額商品を販売できるWebメディアほど、クリック単価が高い。

Webメディアによって、クリック単価に大きな開きがある。広告を掲載する際は、クリック単価を必ず確認してほしい。

レコメンドウィジェット広告の料金相場

課金システム別のレコメンドウィジェット広告の料金相場は、下記の通りだ。

  • インプレッション課金:10〜30円/インプレッション
  • クリック課金:300〜1,000円/クリック

下記の条件によって、単価は変動する。

  • Webメディアのブランド力:ブランド力が高いほど、単価が向上する
  • Webメディアのユーザー層:ユーザー層の購買力が高いほど、単価が向上する。

Webメディアによって、単価には大きな開きがある。広告掲載する際は、単価を必ず確認してほしい。

サイドバー広告の料金相場

サイドバー広告の料金相場は下記の通りだ。

「広告出稿費用=想定インプレッション数×1〜2.5円/月」

基本的には、1ヶ月単位で契約を結ぶ。

なお、Webメディアによって単価はバラバラである。上記の料金は、目安として考えてほしい。

カスタム広告の料金相場

大変恐縮だが、カスタム広告の料金相場はない。理由は以下の2つだ。

  • 参考となるWebメディア少なすぎる
  • Webメディアによって広告形態が異なる

料金を知りたいのであれば、Webメディアまたは代理店のどちらかに、直接確認してほしい。

※ ネイティブの料金相場は、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:ネイティブ広告の料金
参考記事2:Web広告の費用
 
※ ネイティブ広告の最適な予算の決め方は、「Web広告の予算の決め方」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。 

8.ネイティブ広告の2つの効果

ネイティブ広告の効果は2つだ。

それぞれ詳しく説明していく。

ネイティブ広告の効果1:売上向上

「5.ネイティブ広告の3つのメリット」でご説明した通り、ネイティブ広告を出稿すると、下記の2つのメリットが生じる。

  • 購入される
  • 認知度が向上する

下記の経由からの購入数が増えて、貴社の売上が向上するのだ。

  • 広告からの直接購入
  • 口コミによる購入
  • 時間が経過した後の購入

ネイティブ広告の効果2:ブランド力向上

ユーザー層が貴社の商品・サービスのターゲット層と近いWebメディアに広告を出稿することで、ターゲット層から「あのメディアで紹介されていたサービスだ」と認識される。

結果、「貴社の商品・サービスは、ターゲット層のためのもの」というブランドがつくのだ。

※ ネイティブ広告の費用対効果は、「Web広告の平均費用対効果」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
 
※ ネイティブ広告の効果を上げる方法を、下記の3つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:ネイティブ広告の効果の上げ方
参考記事2:インフィード広告の効果の上げ方
参考記事3:記事広告の効果の上げ方

9.ネイティブ広告を掲載している媒体一覧

ネイティブ広告を掲載している媒体を、種類別に紹介していく。

インフィード広告を掲載している媒体一覧

インフィード広告を掲載している媒体は、下記の通りだ。

※ インフィード広告のおすすめ媒体を、「インフィード広告の媒体20選」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

記事広告を掲載している媒体一覧

記事広告を掲載している媒体は無数にある。

ここでは、代表的な10の媒体を紹介する。

  • MERY:20〜30代の女性向けメディア
  • ferret:初心者向けのWebマーケティングメディア
  • Compathy Magazine:20〜40代女性向けの旅行メディア
  • antenna:東京生活者向けの情報メディア
  • CanCam MOOK:CanCamが運営する女性向けメディア
  • RoomClip:住まいとライフスタイルのSNSメディア
  • ヘイグ:ゲームメディア
  • Foodist Media:飲食店経営者向けメディア
  • LIFULL HOME’S:住まいのお役立ち情報メディア
  • オリーブオイルをひとまわし:男性向けの料理・家事メディア
※ 記事広告の媒体別掲載料金は、「記事広告の料金」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

リスティング広告を掲載している媒体一覧

リスティング広告を掲載している媒体は、下記の通りだ。

  • Google
  • Yahoo!
  • Bing

プロモートリスティング広告を掲載している媒体一覧

プロモートリスティング広告を掲載している代表的な媒体は、下記の通りだ。

  • 食べログ
  • Retty
  • ぐるなび

レコメンド広告を掲載している媒体一覧

レコメンド広告を掲載している媒体は、下記の通りだ。

  • Yahoo!コンテンツディスカバリー
  • Outbrain
  • popln
  • logly
※ レコメンドウィジェット広告のおすすめ媒体を、「レコメンドウィジェット広告の媒体12選を徹底比較」で詳しく紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

サイドバー広告を掲載している媒体一覧

サイドバー広告を掲載している媒体は無数にある。

ここでは、代表的な5の媒体を紹介する。

  • ferret:初心者向けのWebマーケティングメディア
  • Compathy Magazine:20〜40代女性向けの旅行メディア
  • LISKUL:リスティング広告の運用情報メディア
  • LOCARI:ライフスタイルメディア
  • ママプレス:20〜30代女性向けのファッションメディア
※ サイドバー広告の媒体別掲載料金は、「バナー広告の料金」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

カスタム広告を掲載している媒体一覧

カスタム広告を掲載している媒体一覧は、下記の通りだ。

  • LINE:通話・メッセージアプリ
  • Spotify:定額制動画メディア
  • Tumblr:ブログ形式のSNSメディア
※ ネイティブ広告のおすすめ媒体は、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:ネイティブ広告の媒体20選
参考記事2:Web広告のおすすめ媒体24選

10.ネイティブ広告の事例

問い合わせが多い、下記の3種類のネイティブ広告事例を紹介する。

  • 記事広告
  • リスティング広告
  • サイドバー広告
※ インフィード広告の事例は、「インフィード広告の事例20選」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

ネイティブ広告事例1:compathyの記事広告

下図は、compathyの記事広告だ。

記事の冒頭
compathy-tieup-content-1

記事の最後
compathy-tieup-content-2

SEO対策を施していて、検索から累計12万PVを獲得している記事広告だ。

2019年現在の料金は、50万円/記事である。

検索順位が落ちない限り、今後もPV数は上がっていくため、費用対効果が高い記事広告である。

※ 優れた記事広告の事例を、下記の2つの記事でも紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:記事広告の事例23選
参考記事2:記事広告の書き方

ネイティブ広告事例2:「ダイエットサプリ 購入」のリスティング広告

下図は、「ダイエットサプリ 購入」に出稿されているリスティング広告だ。

google-search-listing-text-1

「ダイエットサプリ 購入」は、購買意欲が高い人が検索するキーワードである。

購入率も高いため、得られる成果も大きいだろう。

しかし、競合が多いことから、クリック単価は1,000円以上する。費用対効果は低い。

※ 効果が高かったリスティング広告の事例を、「リスティング広告の事例20選」で紹介している。ぜひ参照してほしい。

ネイティブ広告事例3:ferretのサイドバー広告

下図は、ferretに出稿されているサイドバー広告だ。

ferret-sidebar-banner-2

ferretはWebマーケティングメディアである。そして、出稿されているサイドバー広告はマーケティングツールだ。

相性が良いため、得られる成果も大きい。

注.ferretはサイドバー広告の料金を公開していないため、費用対効果が高いかどうかは不明
 
※ ネイティブ広告のその他事例は、下記の2つの記事で詳しく紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:ネイティブ広告の事例20選
参考記事2:Web広告の事例10選

11.ネイティブ広告の選び方

ネイティブ広告には7種類ある。

どの種類の広告を選ぶのが最適なのか説明していく。

ネイティブ広告の種類を選ぶ基準

「予算」と「下記の3つの目的」の両方を基準にして、どの種類のネイティブ広告を出すのか決めるのが良い。

  • 購入数(または問い合わせ)を増やす
  • 認知度を向上させる
  • ブランド力を向上させる

「予算」と「目的」の両方に応じた最適なネイティブ広告の種類

どういった「予算」「目的」の人に、どの種類のネイティブ広告が最適なのかを、下記にまとめた。

ぜひ参考にしてほしい。

  1. インフィード広告:予算が50万円未満で購入数を増やしたい人向け
  2. 記事広告:予算50万円以上で購入数・認知度・ブランド力の全てを満遍なく向上させたい人向け
  3. リスティング広告:予算100万円未満で購入数を増やしたい人向け
  4. プロモートリスティング広告:予算300万円未満で購入数を増やしたい人向け
  5. レコメンド広告:予算50〜200万円で購入数を増やしたい人向け
  6. サイドバー広告:予算50万円以上で購入数・認知度の両方を向上させたい人向け
  7. カスタム広告:広告出稿先によって変わる

なお、予算が潤沢にある場合、下記の2つの理由から、複数種類の広告を組み合わせてほしい。

  • 理由1:失敗のリスクを分散する。
  • 理由2:本当に相性の良いメディアは数少ない。1種類の広告しか出さない場合、相性の悪いメディアにまで広告を出さなくてはいけない。結果、費用対効果が悪くなる。
※ ネイティブ広告の目標設定方法は、「Web広告のKPI設定方法」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

最後に

本日は、ネイティブ広告について徹底解説した。

ネイティブ広告の種類によって、特徴・料金・掲載媒体が違う。

十分な情報収集をして、貴社の商品・サービスに合うネイティブ広告を打ってほしい。

そうすることで、失敗確率を下がり、なおかつ大きな成果を得られるだろう。

弊社はインターネット広告代理店です。

ヒアリングをした上で、貴社に最適なネイティブ広告のプランを提案致します。同時に、成果が出るクリエイティブを作成致します。

ご質問・ご相談は無料ですので、「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお気軽にお問い合わせください。

また、おすすめの代理店を下記の3つの記事で紹介しています。ぜひ参照してください。

参考記事1:インターネット広告代理店17社のおすすめランキング
参考記事2:インターネット広告代理店9選を徹底比較
参考記事3:東京都のインターネット広告代理店10選

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。