バナー広告のクリック率を上げる13のコツ【永久保存版】

enjoy-business-team-1
Pocket
LINEで送る

あなたは今、「バナー広告のクリック率が低い」と悩んでいるのだろう。そして、「なんとかして改善したい」と思っているのではないか?

そこで本日は、バナー広告のクリック率を上げるコツを13個紹介する。

じっくり読んで、ぜひ実践してほしい。

1.バナー広告のクリック率を上げるコツ13選

バナー広告のクリック率を上げるコツは13個ある。

それぞれ詳しく説明していく。

※ バナー広告の概要を知らないのであれば、下記の10個の記事を読んでほしい。そうすることで、本章の内容を理解しやすくなる。
参考記事1:バナー広告とは
参考記事2:バナー広告のメリット・デメリット
参考記事3:バナー広告の平均クリック率
参考記事4:純広告とは
参考記事5:純広告のメリット・デメリット
参考記事6:データフィード広告とは
参考記事7:アプリ広告とは
参考記事8:9種類のWeb広告を徹底解説!
参考記事9:スマホ広告の種類
参考記事10:Web広告のメリット・デメリット

バナー広告のクリック率を上げるデザインのコツ5選

バナー広告のクリック率を上げるデザインのコツを5つ紹介する。

ぜひ参考にしてほしい。

コツ1:女性または赤ちゃんの写真を使う

「女性」または「赤ちゃん」の写真をバナー広告に使うと、人間は不信感を抱かない。

「バナーをクリックする」という心理的ハードルが低くなるため、クリック率が向上するのだ。

コツ2:赤色または緑色を使う

赤色と緑色にはそれぞれ、下記の効果がある。

  • 赤色:人の目を引く
  • 緑色:人の欲を促進する

したがって、上記2つの色のいずれかを使用したバナーを作成すると、クリック率が向上するのだ。

コツ3:キャッチコピーの文字を大きくする

特定の一文だけ文字を大きくすると、その文章が頭の中に入ってきやすい。

つまり、キャッチコピーの文字を大きくすることで、より多くの人に、商品・サービスのメリットを伝えられるようになる。

結果、クリック率が向上するのだ。

コツ4:広告出稿先と同化させる

下記のような方法を用いて、バナーを広告出稿先に同化させると、ユーザーは広告だと思わない。

  • 使う色を同じにする
  • 一緒の文調にする

「売り込まれるかも」という不信感がなくなるため、クリック率が向上するのだ。

※ 広告出稿先と同化させたバナー広告を、ネイティブ広告という。「ネイティブ広告とは」で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。

コツ5:できる限り簡潔にする

下記の2つの理由から、簡潔なバナーを作成すると、より多くの人に商品・サービスのメリットを伝えられる。

  • 人がバナー広告を見るのは一瞬
  • 文章が頭の中に入ってきやすくなる

その分、クリック数が増えるため、クリック率も向上するのだ。

具体的には、下記のような方法をおこなって、できる限り簡潔なバナーを作成してほしい。

  • 箇条書きを使う
  • 画数の多い漢字を使わない
  • 文字数を減らす
※ バナーデザインを決めるときに役立つサイトは、「広告バナーのデザインサイトまとめ」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

バナー広告のクリック率を上げるコピーのコツ8選

バナー広告のクリック率を上げるコピーのコツを8個紹介する。

注.コピーとは、バナー広告で使う文章のことである。

コツ6:ベネフィットを伝える

ベネフィットとは、「ある特定の行動を起こしたときに手に入る未来」のことだ。

例えば、掃除機の場合、「ホコリがひとつもないピカピカのお部屋」がベネフィットになる。

ベネフィットを伝えることで、バナーをクリックするメリットを強く感じる。結果、クリック率が向上するのだ。

コツ7:ニュース性を伝える

人間は全員、最新情報が好きだ。現にあなたも、毎日ネットニュースを見ているだろう。

下記のような文言をバナーに加えて、ニュース性を伝えてほしい。

  • 最新2019年版
  • 最新動向

そうすることで、多くの人の興味を引けるため、クリック率は向上する。

コツ8:ターゲットを指定する

「自分のことだ」と思うと、人間は相手の話を聞く。

例えば、下記の2つを言われたとき、どちらの人の話を聞きたいだろうか?

  • みなさん聞いてください。
  • そこのあなた話を聞いてください。

おそらく後者だろう。

下記のような文言をバナーに加えて、ターゲットを指定してほしい。

  • 65歳以上の経営者のあなた
  • 都内の女子校に通うあなた

そうすることで、多くの人が広告を読むようになるため、クリック率は向上する。

コツ9:権威性を証明する

人間は、権威のある人の意見を聞き入れる。

極端な例だが、下記の2人から仕事の話をされたとき、どちらの話を聞き入れるだろうか?

  • 孫正義
  • ただのサラリーマン

おそらく前者だろう。

下記のような文言をバナーに加えて、権威性を証明してほしい。

  • 10万人が効果を感じた
  • 顧客満足度8%

そうすることで、多くの人が広告の文章に納得するため、クリック率は向上する。

※ 権威性を証明したバナー広告は、不動産のWeb広告に最適だ。「不動産会社に適した4種類のWeb広告」で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。

コツ10:具体的な数字を書く

具体的な数字を書くと、文章の信憑性が上がる。

例えば、下記の2つのキャッチコピーがあった場合、どちらに信憑性を感じるだろうか?

  • 約10万人が認めた歯磨き粉
  • 97,561人が認めた歯磨き粉

おそらく後者だろう。

具体的な数字をバナーに加えてほしい。そうすることで、多くの人がバナーの文章を信用するため、クリック率は向上する。

コツ11:希少性を演出する

人間は、希少性があるものに価値を感じる。

例えば、下記の2つでは、どちらに価値を感じるだろうか?

  • 世界で10本しかないロレックスの時計
  • 普通のロレックスの時計

おそらく前者だろう。

下記のような文言をバナーに加えて、希少性を演出してほしい。

  • 先着◯名様限定
  • お申し込みは◯月△日まで

そうすることで、多くの人が価値を感じるため、クリック率は向上する。

コツ12:簡便性を伝える

人間は、「今すぐ何かを得たい」と思っている。

例えば、下記の2つでは、どちらに魅力を感じるだろうか?

  • 1ヶ月後に500万円手に入れる方法
  • 以後20年間、毎月5万円を受け取る方法

おそらく前者だろう。

下記のような文言をバナーに加えて、簡便性を伝えてほしい。

  • たった1ヶ月で◯◯できる!
  • 1日5分で△△できる!

そうすることで、商品・サービスに魅力を感じて、クリック率は向上する。

コツ13:苦痛から逃れられることを伝える

人間は、苦痛から逃れられることに強い興味を持つ。

例えば、下記の2つがキャッチコピーの広告では、どちらをクリックしたいだろうか?

  • 無駄な広告費を使ってしませんか?
  • 広告費を安くしたくないですか?

おそらく前者だろう。

貴社の商品・サービスを使うことで逃れられる苦痛を、バナーで伝えてほしい。そうすることで、多くの人が興味を持つため、クリック率は向上する。

※ 優れたバナー広告の事例を、「バナー広告の事例20選」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

2.バナー広告のクリック率を改善するときの3の注意点

今までで紹介した13のコツをおこなって、バナー広告のクリック率を改善するときに注意すべき点を、3つ紹介する。

必ず守ってほしい。

注意点1:ABテストをおこなう

検証をしなければ、新たに作成したバナーのクリック率が、本当に高いのか分からない。

クリック率が低くなっているケースも往々にしてある。

広告費を無駄にしないためにも、新たなバナーを作成したら、ABテストをおこなってほしい。

注.ABテストとは、全く同じ環境に2種類のバナー広告を掲載して、成果を検証することだ。新たに作成したバナーのクリック率が、本当に高いのかどうか分かる。

注意点2:コンバージョン率を確認する

クリック率を上げることを意識しすぎると、バナーとランディングページにギャップが生まれる。

結果、コンバージョン率が落ちて、最終的な売上が減少してしまうのだ。

そういった事態を回避するためにも、コンバージョン率を確認しながら、バナーの改善をしてほしい。

注意点3:検証・改善を繰り返す

クリック率が高いバナーを作ったからといって、一生安泰というわけではない。競合他社が真似をしてきたら、クリック率は下がっていってしまう。

検証・改善を繰り返して、クリック率が常に高いバナーを作り続けてほしい。

※ バナー広告の検証・改善をおこなうときに役立つ情報を、下記の6つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告の効果の上げ方
参考記事2:ネイティブ広告の効果
参考記事3:
Web広告のKPI設定方法
参考記事4:Web広告の効果測定方法
参考記事5:Web広告の費用対効果の上げ方
参考記事6:Web広告の勉強に役立つサイト15選

3.クリック率の高いバナー広告の5の事例

クリック率の高いバナー広告の事例を5個紹介する。

ぜひ参考にしてほしい。

事例1:三菱東京UFJ銀行のバナー広告

mitsubishi-tokyo-ufj-bank-content-1

三菱東京UFJ銀行のカードローンサービスのバナー広告だ。

「当行口座不要」と大きく書いて、簡便性を伝えている。さらに、「2人に1人は口座のないお客さま」と記載して、簡便性の証明をしている。

カードローンのバナー広告の中では、最もクリック率が高いだろう。

事例2:損保ジャパン日本興亜のバナー広告

sonpojapan-banner-content-1

損保ジャパン日本興亜の海外旅行保険のバナー広告だ。

「出発当日のお申込みOK」と大きく書いて、簡便性を伝えている。また、顧客満足度調査の結果を載せて、権威性を証明している。

海外旅行保険のバナー広告では、最もクリック率が高いだろう。

事例3:Amazonのバナー広告

amazon-banner-content-1

Amazonのバナー広告だ。

「缶で買えるのはAmazonだけ!」と大きく書いて、希少性を演出している。

キャンプメディアといったCarlsberが好きな人が集まる媒体に、この広告を出すことで、高いクリック率を記録した。

事例4:ヤクルトのバナー広告

yakult-banner-content-1

ヤクルトのバナー広告だ。

「日中不在でも受け取れる」というベネフィットをキャッチコピーにしている。また、赤色を積極的に使うことで、バナーを目立たせている。

飲料系のバナー広告では、最も高いクリック率だろう。

事例5:PAOのバナー広告

pao-banner-content-1

小顔エクササイズ機「PAO」のバナー広告だ。

「1日たった1分」と記載して、簡便性を伝えている。また、効果を実感した人の割合を、具体的な数字で書いて、権威性を証明している。

美容グッズのバナー広告では、最も高いクリック率だろう。

※ バナー広告のその他事例は、「Web広告の事例10選」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
 
※ バナー広告を打つときに役立つ情報を、下記の5つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:Web広告のおすすめ媒体24選
参考記事2:バナー広告の料金相場
参考記事3:アプリ広告の費用
参考記事4:純広告の料金相場
参考記事5:Web広告の費用

最後に

本記事では、バナー広告のクリック率を上げるコツを13個紹介した。

3つの注意点を意識しながら、貴社の商品・サービスに合うコツを使って、バナーを作成してほしい。

そうすることで、クリック率が向上して、コンバージョン数が増える。結果、貴社の売上向上に大きく貢献するだろう。

ヒアリングをした上で、貴社に最適なバナー広告のプランを提案致します。同時に、反応の取れるバナーを作成致します。

ご質問・ご相談は無料ですので、「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお気軽にお問い合わせください。

また、おすすめの代理店を下記の3つの記事で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

参考記事1:インターネット広告代理店17社のおすすめランキング
参考記事2:インターネット広告代理店9選を徹底比較
参考記事3:東京都のインターネット広告代理店10選

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。