品質スコアを改善!効果抜群の5の方法【完全決定版】

growing-graph-1
Pocket
LINEで送る

あなたは今、リスティング広告の運用に苦戦しているのだろう。そして、「品質スコアを改善できない」と悩んでいるのではないか?

そう悩むのも無理はない。

品質スコアはリスティング広告独自の機能だ。今までに経験がなければ、改善方法が分からないのは当然である。

しかし安心してほしい。この記事を読めば、全てが分かる。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

1.品質スコアとは

品質スコアとは、「リスティング広告の品質を数値化した指標」のことだ。

Google広告上での名称で、Yahoo!プロモーション広告上では「品質インデックス」と呼ぶ。

1〜10の10段階で表されていて、数値が大きくなるほど広告の品質が高いということだ。

※ リスティング広告の概要を、下記の7つの記事で詳しく説明している。深く理解できていないのであれば、ぜひ一読してほしい。
参考記事1:リスティング広告とは
参考記事2:リスティング広告の目的
参考記事3:リスティング広告と相性の良い業種
参考記事4:Web広告の種類
参考記事5:スマホ広告の種類
参考記事6:ネイティブ広告の種類
参考記事7:ネイティブ広告とは

品質スコアの3の決定要因

品質スコアの決定要因1:推定クリック率

推定クリック率によって、品質スコアが決まる。

そして、推定クリック率は下記の2つを基準に算出している。

  • 過去のインプレッション数
  • 過去のクリック数

絶対値での評価ではなく、キーワードごとの掲載順位別の平均クリック率と比較して、数値が大きいかどうかを評価している。(参考:リスティング広告の平均クリック率

例えば、下表の場合、キーワードAは推定クリック率が高いと評価される一方で、キーワードBは低いと評価される。

キーワード 平均クリック率 推定クリック率
A 2% 1.5%
B 1%

品質スコアの決定要因2:キーワードと広告の関連性

広告配信キーワードと下記2つの広告の関連性によって、品質スコアは決まる。

  • 広告文
  • リンク先

ユーザーニーズに適した広告を設置できているかどうかが重要なのだ。

品質スコアの決定要因3:リンク先の利便性

リンク先の利便性によって、品質スコアは決まる。

利便性の定義は公表されていないが、一般的な認識では下記の2つが基準となっている。

  • 滞在時間
  • 離脱率

ランディングページがユーザーファーストなのかどうかが重要なのだ。

品質スコアの確認方法

下記2つの媒体での品質スコアの確認方法を、それぞれ詳しく説明していく。

  • Google広告
  • Yahoo!プロモーション広告

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

Google広告での品質スコアの確認方法

Google広告での品質スコアの確認手順1:管理画面内の「キーワード」をクリック
google-quality-score-check-procedure-1
Google広告での品質スコアの確認手順2:「検索キーワード」を選択後、スライド
google-quality-score-check-procedure-2
Google広告での品質スコアの確認手順3:「品質スコア」を確認
google-quality-score-check-procedure-3

Yahoo!プロモーション広告での品質スコアの確認方法

Yahoo!プロモーション広告での品質スコアの確認手順1:管理画面内の「キーワード」をクリック
yahoo-quality-index-check-procedure-1
Yahoo!プロモーション広告での品質スコアの確認手順2:「品質インデックス」の枠を確認
yahoo-quality-index-check-procedure-2

2.品質スコアを改善する2のメリット

品質スコアを改善する2のメリットを説明する。

じっくり読んで、確実に理解してほしい。

品質スコアを改善するメリット1:広告掲載順位が上昇

リスティング広告では、広告ランクのオークションよって広告掲載順位が決まる。(参考:リスティング広告の仕組み

「広告ランク=入札単価×品質スコア」

品質スコアが改善すれば、広告ランクが向上するため、広告掲載順位が上がるのだ。

品質スコアを改善するメリット2:クリック単価が低下

リスティング広告のクリック単価は、下式で算出される。

「クリック単価=広告掲載順位が1個下の会社の広告ランク÷自社の品質スコア+1(円)」(参考:リスティング広告のクリック単価の決まり方

品質スコアが改善すれば、必然的にクリック単価が低下するのだ。

クリック単価が低下すると、「広告費用」と「CPA」の2つが安くなる。下記の2つの記事で詳しく説明しているので、ぜひ参照してほしい。

参考記事1:リスティング広告の費用
参考記事2:リスティング広告のCPA

3.品質スコアの改善方法5選

品質スコアの改善方法は5つある。

それぞれ詳しく説明していく。

※ リスティング広告運用の基本を知らないのであれば、下記の2つの記事を読んでほしい。そうすることで、本章の内容を理解しやすくなる。
参考記事1:リスティング広告の運用ポイント
参考記事2:リスティング広告の効果の出し方

品質スコアの改善方法1:魅力的な広告文を作成

魅力的な広告文を作成することで、品質スコアが改善する。

作成時のポイントは、下記の6つだ。

  1. ベネフィットを記載
  2. 具体的な数字を記載
  3. 簡便性を記載
  4. 権威性を証明
  5. 希少性を演出
  6. 「!」や「?」等の感嘆符を使用

例えば、不動産投資の場合、下記のような文言を含める。

  • 「大前研一推薦!たった1年で月38万円の不労所得が手に入る!」
  • 「先着15人限定!今日から始められる不動産投資」

クリック率が向上するため、品質スコアが改善するのだ。

魅力的な広告文の作り方は、「リスティング広告の文字数」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

品質スコアの改善方法2:広告文にキーワードを含める

広告文にキーワードを含めることで、品質スコアが改善する。

例えば、「不動産投資 セミナー」というキーワードの場合、下記のような文言を使う。

  • 「不動産投資セミナーなら!」
  • 「不動産投資無料セミナー」

キーワードと広告の関連性が向上するため、品質スコアが改善するのだ。

全ての広告文に適切なキーワードを含めるためには、広告グループの最適化が不可欠だ。下記の2つの記事でやり方を説明しているので、ぜひ参照してほしい。

参考記事1:リスティング広告の広告グループ
参考記事2:リスティング広告のアカウント構成

品質スコアの改善方法3:キーワードに適したリンク先を設定

キーワードに適したリンク先を設定することで、品質スコアが改善する。

具体例は、下表の通りだ。

キーワード リンク先
「◯◯ 料金」 料金説明ページ
「◯◯ 東京」 地図ページ
「◯◯ 比較」 競合他社との比較ページ

リンク先でのキーワード出現回数が増えるため、キーワードと広告の関連性が向上する。結果、品質スコアが改善するのだ。

品質スコアの改善方法4:読みやすいランディングページを作成

読みやすいランディングページを作成することで、品質スコアが改善する。

作成時のポイントは、下記の4つだ。

  1. 難解な漢字を使わない
  2. 図・表を使って説明する
  3. 箇条書きを頻繁に使う
  4. 重要なポイントを目立たせる

離脱率が低下するため、「リンク先の利便性が高い」と評価される。結果、品質スコアが改善する。

ただし、「読みやすい=情報が少ない」ではないので、その点だけは十分注意すべきだ。

品質スコアの改善方法5:ランディングページの読み込み速度を高速化

ランディングページの読み込み速度を高速化することで、品質スコアが改善する。

施策は下記の3つだ。

  1. 画像を圧縮
  2. JavaScript・CSSを圧縮
  3. ブラウザキャッシュを利用

読み込み時間が短くなるほど、直帰率は低下する。

「リンク先の利便性が高い」と評価されるため、品質スコアが改善するのだ。

詳しいやり方は「Webサイトの表示速度の改善方法3選|FASTCODING BLOG」で説明しているので、ぜひ参照してほしい。

4.品質スコアの改善工程

品質スコアの改善工程を詳しく説明していく。

非常に重要なので、じっくり読んでほしい。

品質スコアの改善工程1:コンバージョン発生キーワードを抽出

品質スコアを改善するにはまず、リスティング広告の運用データからコンバージョン発生キーワードを抽出する。

コンバージョン数の大小はなく、全てを抽出すればいい。

品質スコアの改善工程2:完全一致で設定

1で抽出したキーワードを完全一致で設定していく。

その他3種類のマッチタイプを使用すると、設定キーワードとは別のキーワードに広告が配信されるため、品質スコアを最大化できない。

この手順は必ず実施しなくてはいけない。

品質スコアの改善工程3:8を超えるまで改善

前章の「3.品質スコアの改善方法5選」で紹介した5の改善方法を、品質スコアが8を超えるまで繰り返し実施する。(参考:リスティング広告のABテストのやり方

9〜10にするのは非常に困難なので、8を超えたら改善を必ず停止する。そうしなければ、運用効率が悪化してしまう。

品質スコアの改善工程4:定期的に微調整

2〜4週間おきに微調整を加えて、品質スコアを維持する。

アップデート時の品質スコアの大幅低下を回避できるので、面倒臭がらずに実施すべきだ。

本を読むことで、微調整のやり方を学べる。おすすめ本を「リスティング広告の本10選」で紹介しているので、ぜひ参照してほしい。

最後に

本記事では、品質スコアの改善方法を徹底解説した。

解説した内容は、下記の通りだ。

  1. 品質スコアとは
  2. 改善する2のメリット
  3. 改善方法5選
  4. 改善工程

まずは1と2の内容を確実に理解してほしい。そして、3と4の内容を参考に改善を実施してほしい。

そうすることで、貴社の運用成果は大きく向上する。

弊社はインターネット広告代理店です。

貴社に最適なプランでリスティング広告運用を代行いたします。自社運用中の事業者様には、運用コンサルティングを提供いたします。

ご質問・ご相談は無料です。広告運用にお困りなのであれば、「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお問い合わせください。

また、おすすめの代理店を下記の5つの記事で紹介しています。ぜひ参照してください。

参考記事1:リスティング広告代理店ランキングTOP10
参考記事2:
リスティング広告の代理店10選
参考記事3:東京都のインターネット広告代理店10選
参考記事4:インターネット広告代理店30社のおすすめランキング
参考記事5:インターネット広告代理店9選を徹底比較

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。