リスティング広告のABテスト|3の実施項目と実施時の5のポイント

business-team-checking-data-1
Pocket
LINEで送る

あなたは今、リスティング広告の運用設定を改善しようとしているのだろう。しかし、「正しいABテストのやり方が分からない」と悩んでいるのではないか?

そう悩むのも無理はない。

リスティング広告のABテストは、その他Webマーケティング施策のABテストと下記の2つが異なる。

  • 実施項目
  • コツ

経験がなければ、やり方が分からないのも当然なのだ。

しかし安心してほしい。この記事を読めば、正しいやり方が分かる。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

1.リスティング広告のABテストとは

リスティング広告のABテストとは、「一部分が異なる広告を2つ用意して、特定の期間中にどちらが大きな成果を出したのか検証すること」だ。

具体例は、下図の通りである。

listing-abtest-figure-1

改善を加えるたびに下記の2つで実施するのが一般的だ。

  • 改善前の広告
  • 改善後の広告

コツさえ掴めば誰でも簡単におこなえる作業である。

2.リスティング広告でABテストを実施する3の項目

リスティング広告でABテストを実施する項目は3つある。

それぞれ詳しく説明していく。

リスティング広告のABテスト実施項目1:タイトル

リスティング広告では、タイトルのABテストを実施する。

なぜならば、ユーザーの視覚に最も入りやすいからだ。

クリック率が大きく変動することから、成果に大きな影響を及ぼす。

したがって、タイトルを改善したら、タイトルのABテストを実施しなくてはいけないのだ。

リスティング広告のABテスト実施項目2:説明文

リスティング広告では、説明文のABテストを実施する。

なぜならば、説明文を見てユーザーは下記の2つをおこなうからだ。

  • リンク先の内容を推測
  • 商材の基礎知識を取得

下記の2つの指標が変動することから、費用対効果に大きな影響を及ぼす。

  • クリック率
  • コンバージョン率

したがって、説明文を改善したら、説明文のABテストを実施しなくてはいけないのだ。

リスティング広告のABテスト実施項目3:リンク先

リスティング広告では、リンク先(ランディングページ)のABテストを実施する。

なぜならば、リンク先を見てユーザーは購入(または問い合わせ)を決めるからだ。

コンバージョン率が大きく変動することから、売上にも大きな影響を及ぼす。

したがって、リンク先を改善したら、リンク先のABテストを実施しなくてはいけないのだ。

3.リスティング広告のABテストを実施するときの5のポイント

リスティング広告のABテストを実施するときのポイントは5つある。

それぞれ詳しく説明していく。

リスティング広告のABテストを実施するときのポイント1:目的を明確化

リスティング広告のABテストを実施するときは、目的を明確化してほしい。

なぜならば、目的によってABテストを実施すべき項目が変わるからだ。

例えば、目的が「クリック率向上」なのであれば、下記のいずれかのABテストを実施するのが適切だろう。

  • タイトル
  • 説明文

一方で、目的が「コンバージョン率向上」なのであれば、下記のいずれかのABテストを実施するのが適切だ。

  • 説明文
  • リンク先

このように実施すべき項目が変わることから、リスティング広告のABテストを実施するときは、目的を明確化してほしい。

リスティング広告のABテストを実施するときのポイント2:実施項目を1つに絞る

リスティング広告のABテストを実施するときは、実施項目を1つに絞ってほしい。

なぜならば、効果があった改善案が分からなくなるからだ。

例えば、下表の場合、「タイトル」と「説明文」のどちらの改善案が効果的だったのかが分からない。

改善状況 タイトル 説明文 リンク先
改善前 A A A
改善後 B B A

こういった事態を避けるためにも、リスティング広告のABテストを実施するときは、実施項目を1つに絞ってほしいのだ。

リスティング広告のABテストを実施するときのポイント3:明確な改善後に実施

リスティング広告では、明確な改善後にのみABテストを実施してほしい。

なぜならば、少しの改善では効果に差が出ないからだ。

例えば、下記の2つのタイトルでは、クリック率に差は出ない。

  • 「リスティング広告の運用代行なら」
  • 「リスティング広告の運用代行なら!」

ABテストを実施するだけ時間の無駄になってしまう。

効率的に作業を進めるためにも、明確な改善をした後にのみリスティング広告のABテストを実施してほしい。

リスティング広告のABテストを実施するときのポイント4:タイトルのABテストは入念に実施

リスティング広告では、タイトルのABテストを入念に実施してほしい。

なぜならば、成果に最も大きな影響を及ぼすからだ。

訴求内容が同じだったとしても、文言を変えただけでクリック率が2倍以上になった事例は多数ある。

なるべく大きな成果を得るためにも、リスティング広告ではタイトルのABテストを入念に実施してほしいのだ。

リスティング広告のABテストを実施するときのポイント5:100クリック以上で結果を判断

リスティング広告のABテストを実施するときは、100クリック以上で結果を判断してほしい。

なぜならば、クリック数が少ないと正確な数値を計測できないからだ。

極論だが、下表の広告のクリック率は「正確」と言えるだろうか?

表示回数 3回
クリック数 1回
クリック率 33.3%

確実に言えないだろう。

ABテストの精度の高めるためにも、リスティング広告のABテストを実施するときは、100クリック以上で結果を判断してほしいのだ。

4.リスティング広告のABテストの実施事例3選

リスティング広告のABテスト事例を3つ紹介する。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

リスティング広告のABテストの実施事例1:タイトル

「リスティング広告 代理店 東京」というキーワードで、下表2つのタイトルのABテストを実施した。

改善状況 タイトル
改善前 手数料10%で運用代行!
改善後 東京のリスティング広告代理店!

結果は下表の通りだ。

改善状況 クリック率 品質スコア コンバージョン率 平均CPA
改善前 1.2% 4 3.0% 25,854円
改善後 2.5% 7 3.0% 19,319円

クリック率が向上したことから、品質スコアが向上した。

平均CPAが大幅に改善したため、「改善案が効果的だった」と言える。

リスティング広告のABテストの実施事例2:説明文

下表2つの文末で、説明文のABテストを実施した。

改善状況 説明文の文末
改善前 資料請求はこちら
改善後 先着30社限定!資料請求はこちら

結果は下表の通りだ。

改善状況 クリック率 品質スコア コンバージョン率 平均CPA
改善前 1.1% 5 2.9% 9,199円
改善後 2.6% 6 1.4% 17,236円

クリック率は向上したが、それ以上にコンバージョン率が下落した。

平均CPAが大幅に悪化したことから、「改善案が効果的ではなかった」と言える。

リスティング広告のABテストの実施事例3:リンク先

下表の2つでリンク先のABテストを実施した。

改善状況 リンク先
改善前 青色のCTAボタン
改善後 緑色のCTAボタン

結果は下表の通りだ。

改善状況 コンバージョン率
改善前 1.3%
改善後 2.0%

コンバージョン率が大幅に向上したことから、「改善案が効果的だった」と言える。

最後に

本記事では、リスティング広告のABテストについて、下記の4点を徹底解説した。

  1. 概要
  2. 4の実施項目
  3. 実施時の5のポイント
  4. 3の実施事例

まずは全ての内容を確実に理解してほしい。そして、3の事例を参考にしながら、5のポイントを守って、ABテストを実施してほしい。

そうすることで、最短で成果を得られるようになる。

現在、公式LINEで「たった6ヶ月で利益を平均80.4%増やすWebマーケティング手法」を無料で発信している。弊社のクライアントがWebマーケティングに取り組み、実際に成果を出したやり方・考え方が分かる。

Adell公式LINEの登録ページ」にて3秒で登録できる。今すぐクリックして、QRコードを読み込んでほしい。

Pocket
LINEで送る


【無料お役立ち資料】

Webマーケティングの手引書
〜たった3ヶ月で見込客を安定的に獲得するには〜

adell-cta-photo-2

Webマーケティングで成果を出したいけど、どうすればいいのか分からない」と悩んでいませんか?

本資料は弊社のクライアント様がWebマーケティングに取り組み、

・資料請求数2,400件達成
・商談化率・成約率が大幅改善
・CPAが61.4%低下

など、実際に成果を出したやり方を一から詳細に解説しているものです。

公式LINEの登録特典としてお渡ししています。

ぜひ、貴社のWebマーケティングにお役立てください。