リスティング広告の予算を決める4の正しい手順【完全決定版】

abacus-pencil-1
Pocket
LINEで送る

あなたは今、リスティング広告の予算を決めているのだろう。しかし、「やり方が分からない」と悩んでいるのではないか?

そう悩むのも無理はない。

商材によって最適な予算の決め方は異なる。知識・経験がなければ、分からないのも当然だ。

しかし安心してほしい。この記事を読めば、全てが分かる。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

1.リスティング広告の費用の仕組み

リスティング広告の運用にかかる費用は、広告掲載料金のみだ。「基本料金」や「アカウント開設料金」等は一切発生しない。

また、最低料金が設けられていないため、1円から広告掲載が可能だ。

クリック課金型を用いていて、合計広告費用は下式で決まる。

「合計広告費用=クリック単価×クリック数」

リスティング広告の費用の仕組みは、下記の3つの記事で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

参考記事1:リスティング広告の費用
参考記事2:リスティング広告の仕組み
参考記事3:Web広告の費用

※ リスティング広告の概要を、下記の5つの記事で詳しく説明している。深く理解できていないのであれば、ぜひ一読してほしい。
参考記事1:リスティング広告とは
参考記事2:Web広告の種類
参考記事3:スマホ広告の種類
参考記事4:ネイティブ広告の種類
参考記事5:ネイティブ広告とは

2.リスティング広告の予算を決める4の手順

リスティング広告の予算を決める4の手順を詳しく説明していく。

成果を出している会社は共通して、最適な予算を設定しているので、確実に実践してほしい。(参考:リスティング広告の効果を出している会社の9の実践事項

リスティング広告の予算を決める手順1:売上目標から目標コンバージョン数を逆算

リスティング広告の予算を決めるとき、目標コンバージョン数を最初に設定する。

手順は下記の通りだ。

  1. 売上目標を設定
  2. 過去データを基に1コンバージョンあたりの売上を算出
  3. 「売上目標÷1コンバージョンあたりの売上」で目標コンバージョン数を算出

例えば、表1の条件だった場合、表2が目標コンバージョン数となる。

表1
売上目標 100万円
商材単価 10万円
表2
コンバージョンポイント 個別条件 1コンバージョンあたりの売上 目標コンバージョン数
購入 なし 10万円 10件
(=100万円÷10万円)
問い合わせ 成約率10%
(=成約数÷問い合わせ数)
1万円
(=10万円×10%)
100件
(=100万円÷1万円)
資料請求
商談率20%
(=商談数÷資料請求数)
0.5万円
(=10万×25%×20%)
200件
(=100万円÷0.5万円)
成約率25%
(=成約数÷商談数)

コンバージョンポイントに応じて、成約率・商談率を考慮することで、正確な目標コンバージョン数を算出できる。

リスティング広告の予算を決める手順2:目標CPAを設定

目標コンバージョン数を設定した後は、リスティング広告の目標CPAを設定する。

やり方は2つだ。

注.CPAとは、「1コンバージョン獲得にかかる費用」のこと。「Web広告の効果測定」で詳しく説明しているので、ぜひ参照してほしい。

リスティング広告の目標CPA設定方法1:損益分岐点から逆算

損益分岐点から逆算して、リスティング広告の目標CPAを設定する方法だ。

単発購入商材で用いる。

手順は下記の通りだ。

  1. 1コンバージョンあたりの利益を算出
  2. 確保したい利益率を設定
  3. 「1購入あたりの利益×(100%−確保したい利益率)」で目標CPAを算出

例えば、下表の条件の場合、目標CPAは3万円(={10万円−5万円}×{100%−40%})となる。

コンバージョンポイント 購入
商材単価 10万円
製造・販売コスト 5万円
確保したい利益率 40%

目標コンバージョン数の算出時と同様に、1コンバージョンあたりの利益を算出するときは、コンバージョンポイントに応じて商談率・成約率を考慮しなくてはいけない。

リスティング広告の目標CPA設定方法2:LTVから逆算

LTVから逆算して、リスティング広告の目標CPAを設定する方法だ。

継続購入商材で主に用いる。

手順は下記の通りだ。

  1. 過去データからLTVを算出
  2. 確保したい利益率を設定
  3. 「LTV×(100%−確保したい利益)」で目標CPAを算出

例えば、下表の条件の場合、目標CPAは10万円(={2万円−1万円}×20回×{100%−50%})となる。

商材単価 2万円
製造・販売コスト 1万円
顧客1人あたりの生涯平均購入回数 20回
確保したい利益率 50%

確保したい利益率は、競合以下の数値にしなくてはいけない。そうしなければ、競合に負けてしまうため、目標コンバージョン数を達成できない。

※ 目標CPAの設定方法は、「リスティング広告のCPA」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。
 
注.LTVとは、「顧客1人が生涯で生み出す利益」のこと。「Web広告の効果測定」で詳しく説明しているので、ぜひ参照してほしい。

リスティング広告の予算を決める手順3:予算を算出

「目標コンバージョン数」と「目標CPA」の2つを基に、リスティング広告の予算を算出する。

計算式は、下記の通りだ。

「予算=目標CPA×目標コンバージョン数」

例えば、下表の条件の場合、予算は100万円となる。

目標CPA 5万円
目標コンバージョン数 20件

運用代行業者を利用する場合は、算出された予算に運用手数料を加えた金額が本当の予算となる。(参考:リスティング広告代理店の手数料相場

ここまででリスティング広告全体の予算の設定は完了だ。

リスティング広告の予算を決める手順4:日予算を算出

手順3で算出したリスティング広告の予算を基に、日予算(=キャンペーン予算)を算出する。

手順は下記の通りだ。

  1. 1日の広告予算を算出
  2. キーワードごとのクリック単価相場を調査(参考:リスティング広告のクリック単価
  3. 想定クリック率を調査(参考:リスティング広告の平均クリック率
  4. 「月間検索数÷30」でキーワードごとの1日の検索数を算出
  5. 「クリック単価相場×1日の検索数×想定クリック率」でキーワードごとの1日の想定広告費用を算出
  6. キャンペーン内の全キーワードの1日の想定広告費用を足して、キャンペーンごとの1日の想定広告費用を算出
  7. 購入意欲が高いキーワードのキャンペーンから順に日予算を割り振る

例えば、表1の条件だった場合、表2が日予算となる。

表1
広告予算 60万円
運用期間 30日間
1日の広告予算 2万円(=60万円÷30日間)
表2
キャンペーン 購入意欲 キーワード クリック単価相場 1日の検索数 想定クリック率 1日の広告費用 日予算
A D 500円 200回 10% 14,000円(=500円×200回×10%+400円×100回×10%) 14,000円
E 400円 100回
B F 300円 200回 5% 4,800円(=300円×200回×5%+200円×180回×5%) 4,800円
G 200円 180回
C H 200円 1,000回 1% 2,500円(=200円×1,000回×1%+100円×500回×1%) 1,200円(=2万円−14,000円−4,800円)
I 100円 500回

広告予算を割り振れないキャンペーンがあった場合、そのキャンペーンへの広告配信は停止する。購入意欲が低いキーワードへの広告配信数が減るため、費用対効果が改善する。(参考:リスティング広告の運用ポイント

なお、「時期」や「競合動向」等によってクリック単価が変動するため、日予算は定期的に調整しなくてはいけない。

日予算設定時の注意点を、「リスティング広告のキャンペーン」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

ここまででリスティング広告の予算設定は終了だ。「リスティング広告の始め方」を参考にして、実際に広告運用を開始してほしい。

最後に

リスティング広告を運用するとき、予算の設定が必要不可欠だ。

万が一設定しなければ、広告配信キーワードを最適化できないため、費用対効果を最大化できない。また、払いきれないほどの広告費用が発生する恐れもある。

満足のいく成果を得るためにも、本記事で紹介した内容を忠実に実践して、貴社に最適な予算を設定してほしい。

弊社はインターネット広告代理店です。

貴社に最適なプランでリスティング広告運用を代行いたします。自社運用中の事業者様には、運用コンサルティングを提供いたします。

ご質問・ご相談は無料です。広告運用にお困りなのであれば、「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお問い合わせください。

また、おすすめの代理店を下記の5つの記事で紹介しています。ぜひ参照してください。

参考記事1:リスティング広告代理店ランキングTOP10
参考記事2:リスティング広告の代理店10選
参考記事3:東京都のインターネット広告代理店10選
参考記事4:インターネット広告代理店30社のおすすめランキング
参考記事5:インターネット広告代理店9選を徹底比較

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。