リスティング広告の本|おすすめ10選を難易度別に紹介!【令和元年版】

woman-reading-book-1
Pocket
LINEで送る

あなたは今、リスティング広告を勉強しようと思っているのだろう。しかし、「参考になる本が見つからない」と悩んでいるのではないか?

そう悩むのも無理はない。

下記の2つの理由から、知識と経験の両方がなければ、「良い本」と「悪い本」の見分けがつかないのだ。

  1. リスティング広告の関連書籍は1,000を超えている
  2. 書籍ごとに対象者が異なる

しかし安心してほしい。この記事を読めば、あなたに最適な本が必ず見つかる。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

1.リスティング広告の本を選ぶ上で重要なこと

リスティング広告の本を選ぶときは、あなたのレベルに適した本を選んでほしい。

なぜならば、効率性が大きく向上するからだ。

例えば、初心者が上級者向けの本を読んだとしても、大半の内容を理解できない。結果、時間の無駄になってしまう。一方で、上級者が上級者向けの本を読んだ場合、大半の内容を理解できるため、有意義な時間を送れる。

このように効率性が大きく向上することから、リスティング広告の本を選ぶときは、あなたのレベルに適した本を選んでほしい。

2.リスティング広告のおすすめ本10選

リスティング広告のおすすめ本を、下記の3つの難易度別に合計10個紹介する。

  • 初心者向け
  • 初級者〜中級者向け
  • 上級者向け

じっくり読んで、あなたのレベルに適した本を選んでほしい。

注.本章でAmazonページへのリンクを掲載しているが、全てアフィリエイトリンクではない。公平な目線でおすすめ本を選んでいるので、その点は安心してほしい。

リスティング広告の基礎を学べる本4選【初心者向け】

リスティング広告の本1:新版 リスティング広告 成功の法則

listing-law-of-success-book-1新版 リスティング広告 成功の法則(Amazon)

2013年に出版された「新版 リスティング広告 成功の法則」だ。

リスティング広告運用代行業者「株式会社アナグラム」の代表の阿部圭司が著者である。

「リスティング広告の仕組み」といった基礎知識はもちろんのこと、運用改善方法等の基本的なテクニックも解説している。

本の内容に従えば、最低限の成果を得られるようになることから、リスティング広告の初心者全員におすすめしたい本だ。

リスティング広告の本2:いちばんやさしいリスティング広告の教本

easiest-listing-text-book-1いちばんやさしいリスティング広告の教本 ⼈気講師が教える⾃動化で利益を⽣むネット広告(Amazon)

2018年に出版された「いちばんやさしいリスティング広告の教本」だ。

下記3名のリスティング広告専門家の共同著書である。

  • 杓谷匠
  • 宮里茉莉奈氏
  • 田中広樹

リスティング広告を運用する上での考え方から実践的テクニックまでを解説している。また、現在のトレンド「オートマ化」に対する見解も記載している。

基礎中の基礎を解説していることから、リスティング広告の知識が一切ない人におすすめしたい本だ。

リスティング広告の本3:リスティング広告のやさしい教科書。

easy-text-of-listing-book-1リスティング広告のやさしい教科書。 ユーザーニーズと自社の強みを捉えて成果を最大化する運用メソッド(Amazon)

2018年に出版された「リスティング広告のやさしい教科書。」だ。

リスティング広告運用代行業者「株式会社バルワード」の代表の桜井茶人が著者である。

リスティング広告の基礎知識はもちろんのこと、「キーワード選定」や「広告文の作成方法」といった具体的な運用テクニックを解説している。

また、下記の2つを記載している。

  • 現在のトレンド
  • 今後の展望

実践的な内容が多いことから、リスティング広告の基礎知識を理解し終わった人におすすめしたい本だ。

リスティング広告の本4:最速で成果を出すリスティング広告の教科書

get-fastest-performance-listing-text-book-1最速で成果を出すリスティング広告の教科書 ~Google AdWords&Yahoo!プロモーション広告両対応(Amazon)

2015年に出版された「最速で成果を出すリスティング広告の教科書」だ。

Webコンサルタント「山田案稜」が著者である。

リスティング広告の基礎知識はもちろんのこと、「リマーケティング広告との組み合わせ方」や「成果が出るキーワードの選定方法」といった最短で成果を出すための基本的なテクニックを解説している。

成果に直結する内容が多数記載されていることから、広告運用開始直前の人におすすめしたい本だ。

※ 下記の10個の記事を読むことでも、リスティング広告の基礎が学べる。ぜひ参照してほしい。
参考記事1:リスティング広告とは
参考記事2:リスティング広告の仕組み
参考記事3:リスティング広告の始め方
参考記事4:リスティング広告の上限文字数
参考記事5:広告ランクとは
参考記事6:リスティング広告の費用
参考記事7:Web広告の種類
参考記事8:スマホ広告の種類
参考記事9:ネイティブ広告の種類
参考記事10:ネイティブ広告とは

リスティング広告の実践的テクニックを学べる本3選【初級者〜中級者向け】

リスティング広告の本5:[新版]SEM:リスティング広告

sem-listing-book-1[新版]SEM:リスティング広告 Googleアドワーズ&Yahoo!リスティング広告対応 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。(Amazon)

2012年に出版された「[新版]SEM:リスティング広告」だ。

下記3名のリスティング広告専門家の共同著書だ。

  • 寳 洋平
  • 岡本 典子
  • 齊藤 康祐

「予算管理方法」や「広告文の作成方法」といった、リスティング広告の基本的なテクニックを、合計100個紹介している。

また、Googleアナリティクスを用いた効果的なデータ分析方法も解説している。

基本的なテクニックが全て載っていることから、リスティング広告運用をおこなっている全ての人が、教科書として一冊持っておくべき本だ。

リスティング広告の本6:ネット広告運用“打ち手”大全

complete-collection-netcontent-methods-book-1ネット広告運用“打ち手”大全 成果にこだわるマーケ&販促 最強の戦略102(Amazon)

2018年に出版された「ネット広告運用“打ち手”大全」だ。

下記3名の運用型広告専門家の共同著書である。

  • 寳 洋平
  • 辻井 良太
  • 高瀬 順希

リスティング広告はもちろんのこと、「SNS広告」や「ディスプレイ広告」といった運用型広告全般の実践的テクニックを、合計102個紹介している。

効果的な施策を必ず見つけられることから、リスティング広告の運用改善に行き詰まった人におすすめしたい本だ。

リスティング広告の本7:コンバージョンアップの手法99

conversionup-99methods-book-1できるところからスタートする コンバージョンアップの手法99(Amazon)

2018年に出版された「コンバージョンアップの手法99」だ。

下記5名のWeb制作専門家の共同著書である。

  • 栄前田 勝太郎
  • 岸 正也
  • 敷田 憲司
  • 滝川 洋平
  • タナカ ミノル

コンバージョン率が高いランディングページの作り方を合計99個紹介している。

また、ユーザー心理の基本を解説している。

ランディングページの改善方法を必ず見つけられることから、ランディングページの改善に行き詰まった人におすすめしたい本だ。

リスティング広告のテクニックを進化させるために読むべき本3選【上級者向け】

リスティング広告の本8:リスティング広告 プロの思考回路

listing-patterns-of-pro-thinking-book-1リスティング広告 プロの思考回路(Amazon)

2011年に出版された「リスティング広告 プロの思考回路」だ。

下記7名のリスティング広告専門家の共同著書である。

  • 佐藤 康夫
  • 杉原 剛
  • 有園 雄一
  • 岡田 吉弘
  • 高崎 青史
  • 来田 貴弘
  • 西原 元一

リスティング広告の基礎知識から難易度の高い運用テクニックまでを解説している。

また、将来の展望を特に詳しく記載している。

「Google」と「Yahoo!JAPAN」の各媒体の動向を予想できるようになることから、リスティング広告の運用戦略を決めている人全員におすすめしたい本だ。

リスティング広告の本9:すぐに使えてガンガン集客! WEBマーケティング123の技

webmarketing-123methods-book-1すぐに使えてガンガン集客! WEBマーケティング123の技(Amazon)

2018年に出版された「すぐに使えてガンガン集客! WEBマーケティング123の技」だ。

トップWebマーケター「山田竜也」が著者である。

「リスティング広告」や「コンテンツマーケティング」といった複数のWebマーケティング施策の実践的テクニックを、合計123個紹介している。

別のWebマーケティング施策のテクニックを応用することで、リスティング広告のテクニックを進化させられることから、運用改善を全てやりつくした人におすすめしたい本だ。

リスティング広告の本10:できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版

reverse-lookup-googleanalytics-book-1できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版 Web解析の現場で使える実践ワザ 260 Googleタグマネージャ/オプティマイズ/データスタジオ対応 できる逆引きシリーズ(Amazon)

2017年に出版された「できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版」だ。

データ解析会社「株式会社プリンシプル」の取締役副社長の木田和廣が著者である。

Googleアナリティクスを用いたデータ解析の方法を、合計260個紹介している。

また、データ抽出から改善案実施までの流れを解説している。

新たな改善点を発見できるようになることから、リスティング広告の運用改善をやりつくした人におすすめしたい本だ。

※ リスティング広告の事例を分析することでも、リスティング広告のテクニックを進化させられる。下記の3つの記事で効果が高かった事例を紹介しているので、ぜひ参照してほしい。
参考記事1:リスティング広告の事例20選
参考記事2:ネイティブ広告の事例20選
参考記事3:Web広告の事例10選

3.リスティング広告の本を読む前にやるべき3のこと

リスティング広告の本を読む前にやるべきことが3つある。

効率的に勉強するためにも、じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

注.本章は初心者向けの章だ。あなたが初心者ではないのであれば、本章を飛ばして、次章を読み進めてほしい。

やるべきこと1:基本用語を確実に覚えておく

リスティング広告の本を読む前は、基本用語を確実に覚えておいてほしい。

なぜならば、基本用語を解説している本が少ないからだ。

覚えていなければ、本の内容を理解できない可能性がある。

そういった事態を防ぐためにも、基本用語を覚えておいてほしいのだ。

なお、リスティング広告の基本用語は、下記の3つの記事で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

参考記事1:リスティング広告の仕組み
参考記事2:ネイティブ広告の効果
参考記事3:Web広告の効果測定

やるべきこと2:リスティング広告関連の記事に目を通しておく

リスティング広告の本を読む前は、リスティング広告関連の記事に目を通しておいてほしい。

なぜならば、リスティング広告の大まかな概要を理解できるからだ。

著者の主張を理解しやすくなるため、短期間でリスティング広告を学習できる。

本メディア「Adell」でリスティング広告関連の記事を多数掲載しているので、ぜひ参照してほしい。

やるべきこと3:少額で広告を出稿する

リスティング広告の本を読む前に、少額で広告を出稿してほしい。

なぜならば、理解できないポイントが判明するからだ。

本の中で重点的に読むべき箇所が分かるため、効率的にリスティング広告を学習できる。

リスティング広告の始め方」で出稿方法を詳しく説明しているので、そちらを参考にして、少額で広告運用を開始してみてほしい。

最後に

本記事では、リスティング広告のおすすめ本を、下記の3つの難易度別に合計10個紹介した。

  • 初心者向け
  • 初級者〜中級者向け
  • 上級者向け

あなたのレベルに適した本を選んでほしい。そして、あなたが初心者なのであれば、「3.リスティング広告の本を読む前にやるべき3のこと」で紹介した3つのことを実践してほしい。

そうすることで、リスティング広告を効率的に勉強できる。

弊社はインターネット広告代理店です。

貴社に最適なプランでリスティング広告運用を代行いたします。自社運用中の事業者様には、運用コンサルティングを提供いたします。

ご質問・ご相談は無料です。広告運用にお困りなのであれば、「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお問い合わせください。

また、おすすめの代理店を下記の5つの記事で紹介しています。ぜひ参照してください。

参考記事1:リスティング広告代理店ランキングTOP10
参考記事2:
リスティング広告の代理店10選
参考記事3:インターネット広告代理店30社のおすすめランキング
参考記事4:インターネット広告代理店9選を徹底比較
参考記事5:東京都のインターネット広告代理店10選

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。