リスティング広告を外注すべきか決める3の基準と正しい選び方【最新版】

listing-outsourcing-criteria-subcontractor-selecting-method-1
Pocket
LINEで送る

あなたは今、リスティング広告を外注すべきか悩んでいるのだろう。そして、「外注するのであれば、末長く取引したい」と思っているのではないか?

そう思うのは当然だ。

広告運用スキルによって、リスティング広告の成果は大きく変わる。その上、1社に依頼し続けた方が、取引時のストレスが大きく軽減する。

そこで本日は、貴社に最適な外注先の選び方を徹底解説していく。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

※ 「良い代理店が見つからない」とお悩みですか?
弊社はインターネット広告代理店です。貴社に最適なリスティング広告の運用プランを、専門家が作成・提案いたします。運用も全て代行します。ご質問・ご相談は無料です。「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお気軽にご連絡ください。
 
 

目次

1.リスティング広告を外注している企業の割合

弊社では以前、「リスティング広告を外注している企業の割合」を電話アンケートで調査した。

結果は下図の通りだ。

リスティング広告を外注しているかの電話アンケート結果

全体の74%が外注していることから、外注は一般的と言える。

2.リスティング広告を外注する4のメリット

リスティング広告を外注するメリットは4つある。

それぞれ詳しく説明していく。

リスティング広告を外注するメリット1:常に最適な広告運用が可能

リスティング広告を外注すると、全ての作業を専門家が代行する。

  • 初期設定
  • アカウント構成
  • キーワード選定
  • 広告文の作成
  • 広告表示オプションの設定

ノウハウを正しく使える上に、迅速に運用改善できる。

結果、常に最適な広告運用が可能になるのだ。

リスティング広告を外注するメリット2:最新ノウハウを入手可能

リスティング広告の外注先は、多数のクライアントの広告運用を代行している。

膨大な数の運用改善を実行することで、最新の運用データを大量に溜めて、ノウハウを常に進化させているのだ。

営業担当者に依頼すれば、それらの情報を入手できる・

リスティング広告を外注するメリット3:不要な人件費の削減が可能

リスティング広告を外注することで、広告運用担当者を社内に置かなくていい。

下記の2つが必要なくなるため、人件費を削減できるのだ。

  • 新たな人材の採用
  • 既存社員の配置転換

ただし、外注先とやりとりする社員は必要だ。その点は心に留めておいてほしい。

リスティング広告を外注するメリット4:その他Webマーケティング施策の相談が可能

リスティング広告の外注先は、「SEO対策」や「SNS運用」等のその他Webマーケティング施策も取り扱っている。

そして、過去に大量の案件をこなしているため、知見も溜まっている。

営業担当者に依頼すれば、それらのアドバイスを受けられるのだ。

3.リスティング広告を外注したときの手数料相場

リスティング広告を外注したときの手数料相場は、下表の通りだ。

項目 金額
初期費用
5〜10万円
運用手数料 広告費×20%
レポート作成費 1〜5万円
訪問サポート費 1〜5万円

広告費用とは別に発生する。

なお、運用手数料を下げて、その他項目の料金を引き上げている会社が一部存在する。十分注意すべきだ。

リスティング広告を外注したときの手数料は、「リスティング広告代理店の手数料」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

4.リスティング広告を外注すべきか決める3の基準

リスティング広告を外注すべきか決める基準は3つある。

それぞれ詳しく説明していく。

リスティング広告を外注すべきか決める基準1:月間予算が30万円以上か

リスティング広告の月間予算が30万円以上であれば、外注した方がいい。

なぜならば、運用改善の量が膨大になるからだ。

改善案を全て実行できなくなるため、下記の2つが生じてしまう。

  • 成果が出るのが遅れる
  • 不必要な広告費用が増える

手数料以上の損失が発生するのだ。

そういった事態を回避するためにも、月間予算が30万円以上であれば、リスティング広告を外注すべきだ。

リスティング広告を外注すべきか決める基準2:ノウハウがあるか

現在、広告運用ノウハウがないのであれば、リスティング広告を外注した方がいい。

なぜならば、習得が難しいからだ。

成果が出始めるまで最低半年はかかるため、多大な広告費用が無駄になってしまう。

そういった事態を回避するためにも、ノウハウがないのであれば、リスティング広告を外注すべきなのだ。

リスティング広告を外注すべきか決める基準3:広告運用担当者を採用できるか

現在、広告運用担当者を採用できていないのであれば、リスティング広告を外注した方がいい。

なぜならば、採用が難しいからだ。

広告運用従事者の進路は下記の2つが多いため、転職市場に出回らない。

  • フリーランス
  • アフィリエイター

採用できたとしても、200万円以上の採用費がかかってしまう。

手数料以上のコストがかかることから、広告運用担当者を採用できていないのであれば、リスティング広告を外注すべきなのだ。

5.リスティング広告の外注先を選ぶときの5のチェックポイント

リスティング広告の外注先を選ぶときのチェックポイントが5つある。

それぞれ詳しく説明していく。

リスティング広告の外注先を選ぶときのチェックポイント1:最低契約期間

リスティング広告の外注先によって、最低契約期間が異なる。

長期的に運用するのであれば気にしなくていい。

しかし、「イベント集客」や「キャンペーン販促」等でスポット運用する場合、最適な運用期間と合わない可能性がある。

無駄な広告費を使わないためにも、リスティング広告の外注先を選ぶときは、最低契約期間を確認すべきだ。

リスティング広告の外注先を選ぶときのチェックポイント2:最低出稿費用

リスティング広告の外注先によって、最低出稿費用が異なる。

月間予算が100万円以上なのであれば気にする必要はないが、100万円未満の場合、依頼を断られる可能性がある。

最小工数で外注先を見つけるためにも、最低出稿費用は確認すべきだ。

リスティング広告の外注先を選ぶときのチェックポイント3:運用体制

リスティング広告の外注先は、下記のいずれかの運用体制を敷いている。

運用体制 特徴
「営業」と「広告運用」の両方を1人の担当者が兼任 スムーズなやり取りが可能だが、広告運用が雑になりやすい。
「営業担当者1人」と「広告運用担当者1人」の2人体制で対応 一つ一つのやり取りに時間がかかるが、丁寧な広告運用が可能。

どちらにもメリット・デメリットがある。

貴社の要望を最大限満たすためにも、リスティング広告の外注先を選ぶときは、運用体制を確認すべきだ。

リスティング広告の外注先を選ぶときのチェックポイント4:業種別の実績

業種によって、リスティング広告の運用方法が異なる。

具体例は下表の通りだ。

商材 運用時のポイント
店舗ビジネス 配信地域を限定
ECサイト 年齢・性別をターゲティング

外注先が貴社業種を過去に取り扱っていなければ、最適なノウハウが分からない。結果、運用成果が悪くなってしまう。

そういった事態を回避するためにも、業種別の実績を確認すべきだ。

リスティング広告の外注先を選ぶときのチェックポイント5:営業担当者のマーケティング知識

リスティング広告の外注先の営業担当者がマーケティングに詳しければ、現在のマーケティング施策と相性の良い運用方法を提案できる。

例えば、展示会集客をやっているのであれば、「展示会開催から1週間は会社名・サービス名の入札を強化して、参加者の取りこぼしを防ぎましょう」といった提案だ。

より高い費用対効果を得るためにも、外注先を選ぶときは、営業担当者のマーケティング知識を確認すべきだ。

6.リスティング広告の外注先と上手く付き合うための4のポイント

リスティング広告の外注先と上手く付き合うためのポイントは4つある。

それぞれ詳しく説明していく。

リスティング広告の外注先と上手く付き合うためのポイント1:目標値を擦り合わせる

リスティング広告の外注先の営業担当者と下記の目標値を擦り合わせることで、会話の方向性が定まる。

  • コンバージョン数
  • CPA

解釈の違いを減らせるため、最適な運用方法を導出しやすくなる。

高い成果を出し続けられることから、末永い取引が可能になるのだ。

リスティング広告の外注先と上手く付き合うためのポイント2:全てのデータを開示する

全てのデータを開示することで、リスティング広告の外注先の営業担当者は提案の質を上げられる。

初めから高い精度の広告運用が可能になるため、短期間で成果を最大化できるのだ。

可能ならば、「売上推移」や「経営戦略」等の重要情報も伝えた方がいい。

リスティング広告の外注先と上手く付き合うためのポイント3:最低3ヶ月は様子を見る

リスティング広告は運用改善が不可欠だ。その上、AIを正常に作動させるためには、データを蓄積しなくてはいけない。

初月から目標達成するのは、ほぼ不可能なのだ。

外注先の営業担当者を捲し立てたとしても、結果は変わらない。

お互いに気持ち良い取引をするためには、最低3ヶ月は様子を見た方がいい。

リスティング広告の外注先と上手く付き合うためのポイント4:営業担当者との窓口を変えない

リスティング広告の外注先の営業担当者も人間だ。

窓口の人間が変わると、ストレスを感じる。また、引き継ぎに失敗すると、一から打ち合わせをしなくてはいけない。

円滑に広告運用するためには、営業担当者との窓口は変えない方がいいのだ。

最後に

本記事では、リスティング広告の外注先を徹底解説した。

内容は下記の通りだ。

  1. 外注している企業の割合
  2. 外注するメリット
  3. 手数料相場
  4. 外注すべきか決める基準
  5. 正しい選び方
  6. 上手く付き合う方法

まずは1〜3の内容を確実に理解してほしい。そして、4.5を参考にして外注先を選び、6の内容を忠実に実践してほしい。

そうすることで、貴社の満足のいく結果を得られる。

弊社はインターネット広告代理店です。

貴社に最適なプランでリスティング広告運用を代行します。

ご質問・ご相談は無料です。「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお気軽にお問い合わせください。

また、下記の5つの記事で、リスティング広告のおすすめ外注先を紹介しています。ぜひ参照してください。

参考記事1:リスティング広告代理店ランキングTOP10
参考記事2:
リスティング広告の代理店10選
参考記事3:インターネット広告代理店おすすめランキングTOP7
参考記事4:インターネット広告代理店9選を徹底比較
参考記事5:東京都のインターネット広告代理店10選

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。