記事広告の6のメリットと3のデメリットを徹底解説!

business-discussion-4
Pocket
LINEで送る

あなたは最近、記事広告の出稿を検討し始めたのだろう。そして、「記事広告のメリット・デメリットを知りたい」と思っているのではないか?

そこで本日は、記事広告のメリット・デメリットを徹底解説していく。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

1.記事広告とは

記事広告とは、「第三者的立場で作成した紹介記事を、ある特定のWebメディアに掲載して、商品・サービスの認知度を向上させる広告」のことだ。

別名、「タイアップ広告」と呼ぶ。

Webメディアの通常記事と同じ仕様で紹介記事を作成することで、ユーザーは広告だと思わない。文章の信用度が増すため、商品・サービスに対する深い理解を与えられる。

注.記事広告には、文頭または文末のどちらかに「PR」と記載している。ステマにはならないので、その点は勘違いしないでほしい。
 
※ 記事広告を深く理解していないのであれば、下記の4つの記事を読んでほしい。そうすることで、以降の内容を理解しやすくなる。
参考記事1記事広告とは
参考記事2:記事広告の効果
参考記事3ネイティブ広告とは
参考記事4:7種類のネイティブ広告を徹底解説!
参考記事5純広告とは

2.記事広告の6のメリット

記事広告のメリットを6つ説明する。

貴社の要望に本当に応えられる広告なのかを判断するためにも、じっくり読んでほしい。

メリット1:商品・サービスのメリットを最大限伝えられる

記事広告の紹介記事は、2,000〜4,000字で作成される。その分、伝えられる情報量も多い。

また、下記の2つの理由から、文章の信用度が高くなる。

  • Webメディアの信用度を使える
  • 第三者的視点で紹介記事を作成している

したがって、商品・サービスのメリットを最大限伝えられる。

記事を読んだ人の多くが、強い興味・関心を抱くため、販売数(または問い合わせ数)は大きく増える。

※ 直接CVが増える記事広告の書き方は、「記事広告の書き方」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。 
 
※ 伝えられる情報量が多いことから、記事広告を見たユーザーは貴社名でGoogle検索をする。結果、リスティング広告のクリック率が上がって、合計の出稿費用が安くなるのだ。「リスティング広告の費用」で詳しく説明しているので、ぜひ参照してほしい。

メリット2:ターゲット層へ認知を広げられる

媒体によって、ユーザー層が異なる。

ユーザー層が貴社の商品・サービスのターゲット層と近い媒体に、記事広告を掲載することで、ターゲット層へ認知を広げられる。

記事広告からの直接購入がなかったとしても、下記の2つの購入を見込める。

  • 口コミによる購入
  • 時間が経過した後の購入

結果、売上向上に貢献するのだ。

メリット3:会社の信用力向上

詳しくは後述するが、記事広告は高額だ。

記事広告を出稿することで、世間の人は「金銭的に余裕がある会社」と認識する。

会社の信用力が向上するため、「大企業との取引がスムーズにいく」といった企業活動をする上での恩恵を受けられる。

メリット4:長期的な安定流入が見込める

記事広告を募集しているWebメディアは、ドメインパワーが非常に強い。

「SEO対策」と「無期限掲載」の両方のオプションを付けて出稿すれば、検索流入を見込める。検索順位は変動しにくいため、長期的な安定流入を得られるのだ。

メリット5:広告運用コストを省ける

記事広告は、一度掲載してしまえば、それ以降の運用管理が必要無い。(※ 問い合わせや資料請求してきた人の管理は必要)

リスティング広告やアドネットワークといった運用型広告とは違って、常駐担当者を割かなくていいのだ。

メリット6:ランニングコストが不要

記事広告は、一記事につき料金が発生する。

バナー広告やリスティング広告と違って、月々の料金をかけずに、広告を掲載し続けられるのだ。

注.掲載期間を定めている媒体もあるので、その点は注意してほしい。
 
※ 記事広告の最適な予算の決め方は、「Web広告の予算の決め方」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

3.記事広告の3のデメリット

記事広告のデメリットを3つ紹介する。

広告を出稿した後に、「こんなことが起こるなんて思いもしなかった」とならないためにも、じっくり読んでほしい。

デメリット1:広告出稿代金が高額

記事広告の料金相場は、下記の通りだ。

「記事広告の料金=紹介記事の想定PV数×20〜150円」

どの媒体も基本的に、想定PV数を10,000以上に設定しているため、1記事につき最低20万円はかかる。(※ 格式の高い媒体は全て、1PVあたりの単価は100円以上)

費用が高額なため、広告が失敗したときの金銭的ダメージが大きい。

※ 記事広告の媒体別の掲載料金は、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:記事広告の料金
参考記事2:純広告の料金相場

デメリット2:掲載開始までに時間がかかる

紹介記事の下書きを作成するのに、最低10日間はかかる。そして、校正を入れると、さらに10日間かかる。

また、ユーザー満足度を落とさないために、媒体は記事広告の出稿ペースを調整している。混雑状況によっては、45日以上待たされてしまう。

このように記事広告の掲載開始までに多大な時間がかかるのだ。

希望の広告掲載開始日があるのであれば、前もって準備しなくてはいけない。

デメリット3:紹介記事を作成するのに手間がかかる

紹介記事を作成するにあたって、最低でも下記の4つをおこなわなくてはいけない。

  • 記事内容の打ち合わせ
  • 商品担当者へのインタビュー
  • 商品資料の提出
  • 商品の写真撮影

質の高い紹介記事を作成するのであればさらに、「動画撮影」や「使用場面の写真撮影」が必要になる。

このように大変な手間がかかるのだ。

※ 記事広告は純広告の一種だ。純広告のメリットとデメリットは、「純広告のメリット・デメリット」で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。

4.記事広告のメリットを享受できる3の商材

記事広告のメリットを享受できる3つの商材を紹介する。

ぜひ参考にしてほしい。

商材1:競合他社が複数存在する商材

下記の2つの理由から、記事広告を掲載することで、貴社の商品・サービスに対する信用度は高くなる。

  • Webメディアの信用を使える
  • 第三者的立場で紹介記事を作成している

ニーズがある人から選ばれる存在になれるため、競合他社が複数存在する商材に記事広告は適している。

具体的な商材は、下記の通りだ。

  • 不動産
  • ネット証券
  • OA機器
  • 家電
  • 化粧品
  • ファッション

貴社が上記のような商材を扱っているのであれば、記事広告の出稿を前向きに検討した方が良いだろう。

※ 不動産のWeb広告に、記事広告は非常に適している。「不動産会社に適したWeb広告」で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。

商材2:理解するのが難しい商材

記事広告では、商品・サービスのメリットを最大限伝えられる。

したがって、理解するのが難しい商材に、記事広告は適している。

具体的な商材は、下記の通りだ。

  • 真新しいサービス
  • 最先端技術のサービス

貴社が上記のような商材を扱っているのであれば、記事広告の出稿を前向きに検討した方が良いだろう。

商材3:マイナスイメージが強い商材

記事広告を出稿することで、会社の信用力が上がる。

それに伴って、扱っている商材のイメージが向上するため、マイナスイメージが強い商材に記事広告は適している。

具体的な商材は、下記の通りだ。

  • ダイエットサプリ
  • 資産運用関連商材
  • 情報商材

貴社が上記のような商材を扱っているのであれば、記事広告の出稿を前向きに検討した方が良いだろう。

注.情報商材は広告掲載を拒否されるケースがあるので、その点は注意してほしい。
 
※ 記事広告のおすすめ出稿先は、下記の2つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:ネイティブ広告の媒体20選
参考記事2:Web広告のおすすめ媒体24選
 
※ 優れた記事広告の事例を、下記の3つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:記事広告の事例23選
参考記事2:ネイティブ広告の事例20選
参考記事3:Web広告の事例10選

4.記事広告のメリットを享受できない2の商材

記事広告のメリットを享受できない2つの商材を紹介する。

ぜひ参考にしてほしい。

商材1:低価格帯商材

記事広告は高額である。

ターゲット層への認知度が広がって、購入が多数生まれたとしても、価格が低ければ広告費用を回収できない。

費用に見合った成果を得られないため、下記のような低価格帯商材に記事広告は適していない。

  • 日用品
  • 雑貨
  • 文房具

貴社が上記のような商材を扱っているのであれば、記事広告以外のWeb広告を出稿するのがいいだろう。

※ 記事広告の費用対効果の上げ方は、「Web広告の平均費用対効果」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

商材2:成長分野の商材

成長分野の商材は、商品・サービス自体の魅力が強い。

「バナー広告」や「リスティング広告」といった安価なWeb広告でもメリットが最大限伝わる。

わざわざ高額な記事広告を出す必要がないのだ。

※ 「弊社には記事広告が適している」という確信を持てないのであれば、下記の2つの記事を読んでほしい。その他種類のWeb広告について詳しく解説している。じっくり読んで、「これだ」と思える種類のWeb広告を出稿してほしい。
参考記事1Web広告の種類
参考記事2Web広告のメリット・デメリット
参考記事3:Web広告の費用

最後に

本記事では、記事広告のメリット・デメリットについて徹底解説した。

解説した内容を全て理解した上で、記事広告の出稿を検討してほしい。

そうすることで、失敗のリスクを最小限に抑えつつ、大きな成果を期待できる。

弊社はインターネット広告代理店です。

ヒアリングをした上で、貴社に最適な媒体を提案致します。同時に、成果が出る記事広告を作成致します。

ご質問・ご相談は無料ですので、「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお気軽にお問い合わせください。

また、おすすめの代理店を下記の3つの記事で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

参考記事1:インターネット広告代理店17社のおすすめランキング
参考記事2:インターネット広告代理店9選を徹底比較
参考記事3:東京都のインターネット広告代理店10選

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。