純広告の5のメリットと3のデメリットを徹底解説!【永久保存版】

business-team-put-thumbs-up-hands-together-1
Pocket
LINEで送る

あなたは今、純広告の出稿を検討しているのだろう。しかし、「メリット・デメリットがよく分からない」と悩んでいるのではないか?

そう悩むのも無理はない。

構造があまりに単純過ぎることから、純広告の本来のメリット・デメリットを理解している会社は少ない。

「なんとなく」という理由で出稿している会社が大半なので、正確な情報が出回っていないのだ。

そこで本日は、純広告のメリット・デメリットを徹底解説していく。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

1.純広告のメリット・デメリット

純広告のメリット・デメリットを詳しく説明していく。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

※ 純広告の概要を知らないのであれば、下記の2つの記事で読んでほしい。そうしないと、以降の内容を理解できない。
参考記事1:純広告とは
参考記事2:Web広告の種類
参考記事3:Web広告のメリット・デメリット
 
※ 「バナー広告」と「記事広告」は純広告の一種だ。それぞれのメリット・デメリットを下記の2つの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告のメリット・デメリット
参考記事2:記事広告のメリット・デメリット

純広告の5のメリット

純広告のメリットは5つある。

それぞれ詳しく説明していく。

純広告のメリット1:独特なターゲティングが可能

媒体が掲載しているコンテンツの内容によって、主要ユーザーの下記2つが鮮明に分かる。

  • ユーザーの現在の状況(年収、役職等々)
  • ユーザーが興味・関心を抱いていること(ファッション、資産運用等々)

運用型広告ではターゲティングしきれないユーザーに、広告を届けられるのだ。

純広告のメリット2:契約期間中は必ず掲載される

純広告とは、広告枠を買い取ることで掲載できる広告のことだ。

下記のような事態が起きないため、契約期間中は必ず掲載される。

  • 他社が貴社よりも高額な料金で広告枠を買う
  • 契約後に媒体側が料金設定を上げる

純広告のメリット3:潜在ユーザーの興味喚起ができる

純広告は、媒体の訪問ユーザー全員に広告が表示される。

訪問ユーザーには潜在ユーザーが混じっていることから、リンク先に良質なランディングページを設置しておくことで、潜在ユーザーの興味喚起ができるのだ。

純広告のメリット4:運用管理コストがかからない

一度出稿したら、純広告は調整作業が必要ない。

下記のような運用型広告とは違って、運用管理に労力が一切かからないのだ。

  • リスティング広告
  • アドネットワーク

純広告のメリット5:値下げ交渉が可能

下記のいずれかをおこなうことで、純広告の掲載料金を安くできる。

  1. 一つの媒体に大量発注
  2. 一つの媒体に継続発注
  3. インターネット広告代理店に大量発注

購入する広告枠が多くなるほど、費用対効果が高くなるのだ。

※ 純広告の掲載料金を安くする方法は、「Web広告の費用」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

純広告の3のデメリット

純広告のデメリットは3つある。

それぞれ詳しく説明していく。

純広告のデメリット1:詳細なターゲティングができない

純広告を掲載する媒体のユーザー属性は偏っているが、全員が同じ属性ではない。

運用型広告のように、「ある特定のユーザーにのみ広告を配信する」ということができない。

純広告のデメリット2:最低料金が高い

純広告は基本的に、掲載料金が20万円以上に設定されている。

最低料金が高いため、「小さく初めて、後々まとまった資金を投入する」といった戦略を練られない。

また、失敗したときの金銭的ダメージも大きい。

※ 純広告の料金相場は、下記の4つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:純広告の料金相場
参考記事2:バナー広告の料金
参考記事3:記事広告の料金
参考記事4:メール広告の料金

純広告のデメリット3:掲載期間中は広告物を差し替えられない

純広告を一度出稿すると、掲載期間中は広告物の差し替えができない。

リアルタイムで発生している成果に応じて、下記のような改善案を実行できないため、最初の広告物作成に失敗すると、費用に見合った成果を確実に得られないのだ。

  • バナーを変更
  • タイトルを変更
  • 記事広告の内容を変更

2.純広告のメリットを活かせる3の商材

純広告のメリットを活かせる商材は3つだ。

それぞれ詳しく説明していく。

メリットを活かせる商材1:ターゲット像が明確な商材

ターゲット像が明確な商材では、純広告のメリットを活かせる。

なぜならば、媒体のユーザー属性は偏っているからだ。

媒体選びさえ間違えなければ、ターゲットに広告を効率的に届けられるため、高い費用対効果を得られるのだ。

メリットを活かせる商材2:ニーズ喚起が困難な商材

ニーズ喚起が困難な商材では、純広告のメリットを活かせる。

なぜならば、潜在ユーザーが多いからだ。

その他商材に比べて、純広告を打つことで興味喚起できる潜在ユーザーが多いため、より多くのコンバージョンを得られるのだ。

結果、高い費用対効果が生まれる。

メリットを活かせる商材3:新商品

新商品では、純広告のメリットを活かせる。

なぜならば、商品自体の魅力が強いからだ。

広告に興味を示すユーザーが多いため、契約期間中に広告を掲載し続ければ、より多くのコンバージョンを得られるのだ。

結果、高い費用対効果が生まれる。

3.純広告のメリットを活かせない2の商材

純広告のメリットを活かせない商材は2つある。

それぞれ詳しく説明していく。

メリットを活かせない商材1:ターゲット層が広い商材

ターゲット層が広い商材では、純広告のメリットを活かせない。

なぜならば、ターゲティングする必要がないからだ。

下記のようなマス広告の方が、安い単価でより多くの潜在ユーザーの興味喚起をできるため、わざわざ純広告を出稿する必要がない。

  • テレビCM
  • ラジオCM

メリットを活かせない商材2:商圏が限られている商材

商圏が限られている商材では、純広告のメリットを活かせない。

なぜならば、全国のユーザーが媒体に訪問しているからだ。

商圏外のユーザーにも広告を届けてしまうため、費用対効果が悪くなるのだ。

4.純広告のメリットを最大限活かすために守るべき5のポイント

純広告のメリットを最大限活かすために守るべきポイントが5つある。

より大きな成果を出すためにも、じっくり読んで、ぜひ実践してほしい。

ポイント1:商材の特性を理解する

下記の2つの章で説明した通り、商材によって純広告のメリットを活かせるかどうかが異なる。

  • 「3.純広告のメリットを活かせる3の商材」
  • 「4.純広告のメリットを活かせない2の商材」

貴社の商材の特性を深く理解した上で、純広告の出稿を決定してほしい。

そうすることで、メリットを最大限活かせられる。

ポイント2:媒体情報を徹底リサーチ

媒体情報を徹底リサーチすることで、純広告のメリットを最大限活かせられる。

なぜなら、媒体の主要ユーザーの属性が分かるからだ。

主要ユーザーが貴社のターゲット像に近い媒体に広告出稿できるようになるため、より多くの潜在ユーザーの興味喚起ができる。

※ 純広告のおすすめ媒体は、下記の2つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:Web広告のおすすめ媒体24選
参考記事2:メール広告の媒体20選

ポイント3:商材と相性の良い純広告の種類を選ぶ

主要6種類の純広告は、下記の通りだ。

  1. リッチ広告
  2. バナー広告
  3. 記事広告
  4. テキスト広告
  5. 動画広告
  6. メール広告

そして、商材の下記2つの条件によって、相性の良い種類が異なる。

  • 特性
  • 価格

純広告とは」を読んで、6種類の純広告の特徴を理解した上で、貴社の商材と相性の良い種類を選んでほしい。

そうすることで、純広告のメリットを最大限活かせる。

※ 純広告のそれぞれの種類については、下記の4つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告とは
参考記事2:記事広告とは
参考記事3:メール広告とは
参考記事4:アプリ広告とは
 
※ 純広告の正しい予算の決め方は、「Web広告の予算の決め方」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

ポイント4:検証改善をおこなう

検証改善をおこなうことで、下記の2つの質が向上する。

  • 広告掲載先
  • 広告物

主要ユーザー層が貴社のターゲット像に近い媒体に、質の高い広告物を設置できるため、純広告のメリットを最大限活かせられるのだ。

※ 正しい検証改善方法は下記の2つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:Web広告のKPI達成方法
参考記事2:Web広告の費用対効果の上げ方
 
※ 検証改善をおこなうためには、効果測定をしなくてはいけない。純広告の正しい効果測定方法は、「Web広告の効果測定」で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。
 
※ メール広告の効果を上げる方法を、下記の2つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:メール広告の効果
参考記事2:
メール広告の作り方

ポイント5:純広告が得意なインターネット広告代理店に依頼する

純広告が得意なインターネット代理店に依頼することで、純広告のメリットを最大限活かせるようになる。

なぜならば、下記2つの質が高いからだ。

  • 提案内容
  • 検証改善のサポート

下記の2つを効率的におこなえるため、純広告のメリットを短期間で最大限活かせられるようになるのだ。

  • 主要ユーザーが貴社のターゲット像に近い媒体を見つける
  • 質の高い広告物を作成する

最後に

本記事では、純広告のメリット・デメリットについて、下記の5点を徹底解説した。

  1. 5のメリット
  2. 3のデメリット
  3. メリットを活かせる3の商材
  4. メリットを活かせない2の商材
  5. メリットを最大限活かすために守るべき5のポイント

1〜4の内容を全て理解した上で、純広告の出稿を決めてほしい。そして、出稿するのであれば、「5.メリットを最大限活かすために守るべき5のポイント」を必ず守ってほしい。

そうすることで、失敗確率を最小限に抑えながら、大きな成果を得られる。

弊社はインターネット広告代理店です。

ヒアリングをした上で、貴社に最適な純広告のプランを提案致します。同時に、成果が出るクリエイティブを作成致します。

ご質問・ご相談は無料ですので、「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお気軽にお問い合わせください。

また、おすすめの代理店を下記の3つの記事で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

参考記事1:インターネット広告代理店17社のおすすめランキング
参考記事2:インターネット広告代理店9選を徹底比較
参考記事3:東京都のインターネット広告代理店10選

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。