Web広告の費用対効果|平均値と5の上げ方【完全保存版】

business-discussion-3
Pocket
LINEで送る

あなたは今、「Web広告の費用対効果ってどれくらいなの?」と疑問に思っているではないか?

そこで本日は、下記の3点を徹底解説する。

  1. Web広告の費用対効果とは
  2. 種類別の平均費用対効果一覧
  3. 費用対効果の5の上げ方

じっくり読んで、今後のWeb広告の出稿に役立ててほしい。

1.Web広告の費用対効果とは?

Web広告の費用対効果とは、「広告出稿費用に対して、どれくらいの成果が出たのか」を指す。

それでは、下記の2つを詳しく説明していく。

  1. Web広告における成果
  2. 費用対効果を表す指標

ぜひじっくり読んでほしい。

Web広告における3の成果

成果1:購入

Web広告における最も分かりやすい成果は、「購入」である。

下記のようなWeb上で実際に売買される商品の費用対効果を計測するときは、「購入」を成果にするのが良いだろう。

  • 洋服
  • ダイエットサプリ

成果2:問い合わせ(または予約)

Web広告(ネット)における2つ目の成果は、「問い合わせ」である。

下記のような商談に持ち込まなくてはいけない商材の費用対効果を計測するときは、「問い合わせ」を成果にするのが良いだろう。

  • 弁護士事務所
  • 脱毛サロン
  • 美容整形

成果3:資料請求

Web広告(ネット)における3つ目の成果は、「資料請求」である。

下記のような高額商材の費用対効果を計測するときは、「資料請求」を成果にするのが良いだろう。

  • ITシステム
  • 投資用不動産
  • 生命保険
※ Web広告の目標設定方法は、「Web広告のKPI設定方法」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

Web広告の費用対効果を表す3の指標

Web広告の費用対効果を表す指標を3つ説明する。

貴社の商品・サービスに合った指標で費用対効果を計測してほしい。

指標1:CPA

CPAとは、「成果を1回獲得するのに、かかった広告費用」を指す。

計算式は、下記の通りだ。

「CPA=広告費用÷成果数」

数値が低いほど、費用対効果が良い。なぜなら、少額で成果を出せているからだ。

なお、下記のような単発系低価格商材の費用対効果を計測するのに、CPAは適している。

  • ホールペン
  • 洋服
※ CPAはリスティング広告で特に重要な指標だ。その点を「リスティング広告のCPA」で詳しく説明しているので、ぜひ参照してほしい。

指標2:ROAS

ROASとは、「広告費用に対する売上の割合」を指す。

計算式は、下記の通りだ。

「ROAS=売上÷広告費用×100(%)」

数値が高いほど、費用対効果が良い。なぜなら、広告費用に対して多くの売上が出ているからだ。

なお、下記のような単発系高額商材の費用対効果を計測するのに、ROASは適している。

  • ITシステム
  • 投資用不動産
  • 弁護士

指標3:ROI

ROIとは、「広告費用に対する利益の割合」を指す。

計算式は、下記の通りだ。

「ROI=利益÷広告費用×100(%)」

数値が高いほど、費用対効果が良い。なぜなら、広告費用に対して多くの利益が出ているからだ。

なお、下記のような継続購入商材の費用対効果を計測するのに、ROASは適している。

  • 化粧品
  • ダイエットサプリ
  • 美容整形
※ 本章で紹介した3つの指標は、リスティング広告の運用改善をするときに頻繁に使う。「リスティング広告の運用」で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。
 
※ Web広告の最適な予算の決め方は、「Web広告の予算の決め方」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

2.【種類別】Web広告の平均費用対効果

Web広告の種類別の平均費用対効果は、下表の通りだ。

 
ROAS
ROI
リスティング広告
100〜250%
-30〜150%
アドネットワーク
90〜150%
-30〜100%
Twitter広告
0〜300%
-100〜250%
Facebook広告
50〜200%
-50〜150%
バナー広告
90〜200%
-10〜150%
記事広告
90〜250%
-10〜200%
メール広告
80〜200%
-20〜150%

「リスティング広告」や「SNS広告」といった運用型広告は、運用担当者次第で大きく成果が異なる。

また、「記事広告」や「バナー広告」を掲載すると、認知度が向上して、下記のような計測できない購入が増える。

  • 口コミによる購入
  • 時間経過後の購入

したがって、紹介したWeb広告の種類別の平均費用対効果は、あくまで目安として考えてほしい。

注1「YouTube広告」や「動画広告」といった認知度向上目的の広告は、費用対効果を計測できないため、ここには記載していない。
 
注2CPAは商材による変動が大きいため、平均を計測できない。
 
※ 全種類のWeb広告を理解していないのであれば、下記の6つの記事を読んでほしい。そうすることで、本章の内容を理解しやすくなる。
参考記事1:9種類のWeb広告を徹底解説!
参考記事2:スマホ広告の種類
参考記事3:Web広告のメリット・デメリット
参考記事4:Web広告の仕組み
参考記事5:Web広告の費用
参考記事6:不動産会社に適したWeb広告
 
※ 各種類のWeb広告については、下記の7つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:リスティング広告とは
参考記事2:純広告とは
参考記事3:ネイティブ広告とは
参考記事4:バナー広告とは
参考記事5:記事広告とは
参考記事6:メール広告とは
参考記事7:データフィード広告とは

3.Web広告の費用対効果を上げる5の方法

Web広告の費用対効果を上げる方法を5つ紹介していく。

※ Web広告の効果測定方法は、「Web広告の効果測定」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

方法1:Web広告の出稿先を見直す

Web広告の出稿先を見直して、費用対効果を上げる方法だ。

ユーザー層が貴社のターゲット層に近い媒体ほど、商品は売れやすくなる。結果、費用対効果が上がる。

下記の2点を考えて、より費用対効果の高い媒体に広告を出稿してほしい。

  • 広告出稿先のユーザー層と貴社のターゲット層が近いか
  • ユーザー層が貴社のターゲット層により近い媒体はないか
※ Web広告の種類別のおすすめ媒体を、下記の5つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:Web広告のおすすめ媒体24選
参考記事2:ネイティブ広告の媒体20選
参考記事3:インフィード広告の媒体20選
参考記事4:レコメンドウィジェット広告の媒体12選を徹底比較
参考記事5:メール広告の媒体20選
 
※ 媒体別の掲載料金を、下記の7つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:リスティング広告の費用
参考記事2:純広告の料金相場
参考記事3:アプリ広告の費用
参考記事4:バナー広告の料金
参考記事5:記事広告の料金
参考記事6:メール広告の料金
参考記事7:インフィード広告の費用

方法2:広告物の掲載箇所を見直す

広告物の掲載箇所を見直して、費用対効果を上げる方法だ。

下記のようなユーザーの目に付きやすい箇所に広告物を掲載すると、クリック率が高くなる。

  • 記事中
  • サイドバーの右上

その分商品が売れるため、費用対効果が上がるのだ。

下記の2点を考えて、より費用対効果の高い箇所に広告物を掲載してほしい。

  • 現在の広告掲載箇所はユーザーの目に付きやすいか
  • よりユーザーの目に付きやすい広告掲載箇所はないか

方法3:広告物を見直す

広告物を見直して、費用対効果を上げる方法だ。

下記のような改善を広告物に加えると、ユーザーの目に付きやすくなって、クリック率が高くなる。

  • 色を赤にする
  • キャッチコピーを疑問文にする

その分商品が売れるため、費用対効果が上がるのだ。

下記の2点を考えて、より費用対効果の高い広告物を作成してほしい。

  • 現在の広告物はユーザーの目に付きやすいか
  • より目立たせるにはどうすればいいか

なお、悪目立ちすると、成果獲得率が落ちてしまうので、その点は注意してほしい。

※ バナーを改善するのに役立つ情報を、下記の4つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告のクリック率を上げる13のコツ
参考記事2:バナー広告の平均クリック率
参考記事3:バナー広告の事例20選
参考記事4:広告バナーのデザインサイトまとめ
 
※ 記事広告の紹介記事を作成するときに役立つ情報を、下記の3つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:直接CVが増える記事広告の書き方
参考記事2:記事広告の事例23選
参考記事3:ネイティブ広告の事例20選
 
※ 効果的なメール広告の作り方を、「メール広告の作り方」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

方法4:LPを見直す

LP(ランディングページ)を見直して、費用対効果を上げる方法だ。

下記のような改善をLPに加えると、購入までの手間が少なくなるため、成果獲得率が上がる。結果、費用対効果も上がるのだ。

  • 入力項目を減らす
  • 購入ボタンの色を赤にする
  • 箇条書きでメリットを書く

下記の2点を考えて、より費用対効果の高いLPを作成してほしい。

  • 分かりづらい箇所はないか
  • より簡潔にできるポイントはないか

方法5:成果獲得後の導線を見直す

成果獲得後の導線を見直して、費用対効果を上げる方法だ。

成果獲得後に下記のようなフォローをすると、購買欲求が高まって、リピート率が高くなる(※ 高額商材の場合は、購入率が高くなる)。

  • 電話
  • メルマガ
  • 手紙

その分商品が売れるため、費用対効果が上がるのだ。

下記の2点を考えて、より費用対効果の高い導線を設計してほしい。

  • 購買欲求を衰退させているポイントはないか
  • より購買欲求を高める方法はないか
※ Web広告の費用対効果を上げるのに役立つ情報を、下記の13個の記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:リスティング広告の効果の上げ方
参考記事2:リスティング広告のキーワード選定方法
参考記事3:マッチタイプの設定方法
参考記事4:リスティング広告の入札単価調整方法
参考記事5:記事広告の効果の上げ方
参考記事6:ネイティブ広告の効果の上げ方
参考記事7:インフィード広告の効果
参考記事8:インフィード広告の事例20選
参考記事9:レコメンドウィジェット広告とは
参考記事10:バナー広告の効果の上げ方
参考記事11:メール広告の効果の上げ方
参考記事12:Web広告の事例10選
参考記事13:Web広告の勉強に役立つサイト15選

最後に

本日は、Web広告の費用対効果について解説した。

Web広告の種類によって、費用対効果は異なる。

十分な情報収集をした上で、貴社に合ったWeb広告を打ってほしい。

また、費用対効果を上げる5つの方法を実践して、広告出稿費用以上の利益を得てほしい。

弊社はインターネット広告代理店です。

ヒアリングをした上で、貴社に最適なWeb広告のプランを提案致します。

ご質問・ご相談は無料ですので、「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお気軽にお問い合わせください。

また、おすすめの代理店を下記の4つの記事で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

参考記事1:インターネット広告代理店17社のおすすめランキング
参考記事2:インターネット広告代理店9選を徹底比較
参考記事3:東京都のインターネット広告代理店10選
参考記事4:アプリ広告の代理店10選

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。