スマホ広告の種類|主要7種を徹底解説!【令和元年版】

woman-plays-smartphone-1
Pocket
LINEで送る

あなたは今、スマホ広告の出稿を検討しているのだろう。しかし、「種類が多すぎて、何が何だか分からない」と悩んでいるのではないか?

そう悩むのも無理はない。

スマホ広告の種類は無数にある。それぞれで特徴が異なるため、何も知識がなければ、最適な広告を選ぶのは不可能だ。

しかし安心してほしい。この記事を読めば、主要7種類のスマホ広告を理解できて、なおかつ貴社に最適な広告が分かる。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

1.スマホ広告の主要7種類を徹底解説!

主要7種類のスマホ広告を、それぞれ詳しく解説していく。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

※ 主要11種類のWeb広告に関する情報を、下記の3つの記事で紹介している。本章の内容を理解しやすくするために、ぜひ一読してほしい。
参考記事1:Web広告の種類
参考記事2:Web広告のメリット・デメリット
参考記事3:Web広告の費用

スマホ広告の種類1:リスティング広告

google-seotokyo-listing-content-1

リスティング広告とは、検索エンジンでキーワード検索したときに、上位表示されるテキスト広告のことだ。

別名、検索連動型広告と呼ばれている。

2002年にGoogleがサービス開始して以降、右肩上がりで成長していて、現在では最もメジャーなWeb広告である。

※ リスティング広告の概要は、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。
参考記事1:リスティング広告とは
参考記事2:リスティング広告とSEO対策の違い
 
※ リスティング広告の基本的な仕組みは、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。
参考記事1:リスティング広告の仕組み
参考記事2:リスティング広告の入札

リスティング広告の3のメリット

リスティング広告のメリット1:購買意欲が強いユーザーに広告を配信できる

リスティング広告は、キーワードに対して広告配信をおこなう。

下記のようなキーワードを選定することで、購買意欲が高いユーザーに広告を配信できる。

  • 「不動産 資料請求」
  • 「ダイエットサプリ 通販」
  • 「注文住宅 見積もり」

結果、効率的にコンバージョンを得られるのだ。

※ リスティング広告のキーワード選定方法は、「リスティング広告のキーワード選定」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
リスティング広告のメリット2:成果がリアルタイムで分かる

リスティング広告には、専用の管理画面がある。

成果発生状況がリアルタイムで反映されているため、日次で検証改善をおこなえるのだ。

リスティング広告のメリット3:少額から出稿可能

リスティング広告は、1円から出稿が可能である。

「少額スタートして、成果が出始めたら、まとまった資金を投入する」という戦略を練れる。

※ リスティング広告のクリック単価相場は、「リスティング広告のクリック単価」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

リスティング広告の3のデメリット

リスティング広告のデメリット1:クリック単価が高騰している

リスティング広告を出稿している企業は非常に多い。

オークションでクリック単価を決定していることから、クリック単価が高騰しているのだ。

どんなに良くても、広告費用に対する売上が300%を超えない。

※ リスティング広告の平均費用対効果を、「Web広告の平均費用対効果」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
リスティング広告のデメリット2:認知度が向上しない

リスティング広告は、キーワードに対して広告配信をおこなう。

キーワード検索数には上限があるため、大きな認知度向上を見込めないのだ。

リスティング広告のデメリット3:運用管理が面倒

リスティング広告で成果を出すためには、下記の2つを調整しなくてはいけない。

  • 出稿キーワード
  • キーワード毎のクリック単価

作業量が膨大になるため、運用管理が面倒なのだ。

※ 運用管理を適切におこなうためには、正しい効果測定をしなくてはいけない。リスティング広告の正しい効果測定方法を、「Web広告の効果測定」で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。

リスティング広告の料金

リスティング広告の料金形態

リスティング広告の料金形態は、「クリック課金型」のみだ。

どれだけインプレッションしたとしても、下記のような理由で、クリックが発生しなければ、料金は一切かからない。

  • タイトルの質が低かった
  • 出稿キーワードを間違えた

なお、クリック単価はオークションによって決定する。

リスティング広告の料金相場

リスティング広告の料金相場は、下表の通りだ。

料金相場 料金相場 1〜9,999円/クリック
費用例 1.「不動産 資料請求」:2,298円/クリック
2.「老人ホーム 入居」:326円/クリック
3.「在庫管理システム」:520円/クリック
単価変動要因 競合性:購買意欲が強いユーザーが調べるキーワードほど、競合が多くなるため、単価が高くなる。
 
※ リスティング広告の費用相場は、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。
参考記事1:リスティング広告の費用
参考記事2:リスティング広告代理店の手数料
 
※ リスティング広告の最適な予算の算出方法は、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。
参考記事1:リスティング広告の予算
参考記事2:リスティング広告のCPA

リスティング広告のおすすめ媒体2選

リスティング広告のおすすめ媒体は、下表の2個だ。

媒体 説明
Google 国内シェアNo.1の検索エンジン。月間利用者数は6,700万人。
Yahoo! 国内シェアNo.2の検索エンジン。月間利用者数は6,600万人。
 
※ 上表2媒体の広告文の上限文字数は、「リスティング広告の文字数」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

リスティング広告の事例

google-his-search-listing-content-1掲載先:Google
LPHISのランディングページ

Googleで「ハワイ 旅行」と検索したときに表示された、HISのリスティング広告だ。

具体的な数字をタイトルに入れることで、明確なベネフィットを伝えている。また、「早い者勝ち」と記載して、希少性を演出することで、ユーザーの購入意欲を高めている。

※ 効果が高かったリスティング広告の事例を、下記の2つの記事で紹介している。ぜひ参照してほしい。
参考記事1:リスティング広告の事例20選
参考記事2:Web広告の事例10選
 
※ リスティング広告を出稿するときに役立つ情報を、下記の32個の記事で紹介している。ぜひ参照してほしい。
参考記事1:リスティング広告の目的
参考記事2:リスティング広告と相性の良い業種
参考記事3:リスティング広告の始め方
参考記事4:リスティング広告のアカウント構成手順
参考記事5:リスティング広告のキャンペーン作成方法
参考記事6:リスティング広告の広告グループ作成方法
参考記事7:リスティング広告を運用成果を上げるポイント
参考記事8:リスティング広告の効果の上げ方
参考記事9:リスティング広告のクリック率の改善方法
参考記事10:リスティング広告のコンバージョン率の改善方法
参考記事11:広告表示オプションの設定方法
参考記事12:サイトリンク表示オプションの設定方法
参考記事13:電話番号表示オプションの設定方法
参考記事14:コールアウト表示オプションの設定方法
参考記事15:価格表示オプションの設定方法
参考記事16:住所表示オプションの設定方法
参考記事17:構造化スニペット表示オプションの設定方法
参考記事18:メッセージ表示オプションの設定方法
参考記事19:リスティング広告のターゲティング機能の使い方
参考記事20:リスティング広告の地域指定のやり方
参考記事21:
リスティング広告のABテストのやり方
参考記事22:広告ランクとは
参考記事23:品質スコアの改善方法
参考記事24:除外キーワードとは
参考記事25:マッチタイプとは
参考記事26:完全一致とは
参考記事27:フレーズ一致とは
参考記事28:絞り込み部分一致とは
参考記事29:部分一致とは
参考記事30:リスティング広告代理店ランキングTOP10
参考記事31:リスティング広告の代理店10選
参考記事32:リスティング広告の本10選

スマホ広告の種類2:バナー広告

compathymagazine-sas-banner-content-2

 

バナー広告とは、下記のような箇所にバナーを掲載する広告のことだ。

  • サイドバー右上
  • 記事下

下記の2種類に分かれている。

  1. 運用型バナー広告:ネットワークに加盟している媒体にバナーを配信する。
  2. 純広告型バナー広告:広告枠を買い取ってバナーを掲載

インターネット広告黎明期に誕生していて、定番のWeb広告である。

※ バナー広告の概要は、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告とは
参考記事2:純広告とは

バナー広告の2のメリット

バナー広告のメリット1:インプレッション数が多い

ユーザーがバナー広告の掲載箇所に辿り着くたびに、バナーは表示される。

インプレッション数が非常に多いため、その分認知度が大きく向上するのだ。

バナー広告のメリット2:ビジュアル訴求が可能

バナーデザインは自由だ。

下記の3つを工夫することで、ユーザーの目に訴えかけられる。

  • 色合い
  • 使用写真
  • 文字の大きさ

結果、高いクリック率を得られるのだ。

※ バナー広告のクリック率を上げるデザインのコツを、「バナー広告のクリック率を上げる13のコツ」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
 
※ バナー広告の平均クリック率を、「バナー広告の平均クリック率」で紹介している。そちらに記載しているクリック率を上回るように、バナーデザインの検証改善をおこなってほしい。

バナー広告の2のデメリット

バナー広告のデメリット1:障壁の高いコンバージョンが生まれにくい

バナー広告をクリックするユーザーは、商材に少し興味があるユーザーだ。

ニーズが顕在化していないため、どれだけ質の高いランディングページを作成しても、下記のような障壁の高いコンバージョンが生まれない。

  • 問い合わせ
  • 購入

上記のコンバージョンを生むためには、「メルマガ登録」や「資料請求」をコンバージョンに設定して、継続フォローをしていく必要がある。

バナー広告のデメリット2:効果測定が面倒

バナー広告を打つと、認知度が向上するため、下記のようなWeb広告の効果が高くなる。

  • リスティング広告
  • SNS広告
  • 記事広告

適切な検証改善をおこなうためには、全体の効果測定をおこなった上で、バナー広告が与えた影響も測定しなくてはいけないのだ。

※ バナー広告の正しい効果測定方法を、「バナー広告の効果」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
 
※ バナー広告のメリット・デメリットは、「バナー広告のメリット・デメリット」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

バナー広告の料金

バナー広告の料金形態

バナー広告の料金形態は、下表の通りだ。

種類 料金形態
説明
純広告型
期間契約型
期間に応じて料金が発生する料金形態。契約期間中は必ずバナーが掲載される。料金設定は最も安い。
インプレッション保証型
インプレッション数が保証されている期間契約型。期間契約型より料金設定が高い。
クリック保証型
クリック数が保証されている期間契約型。インプレッション保証型より料金設定が高い。
運用型
インプレッション課金型
インプレッションするたびに料金が発生する形態。課金型の中では料金設定が最も安い。
クリック課金型
クリックが生じるたびに料金が発生する形態。インプレッション課金型より料金設定が高い。
バナー広告の料金相場

バナー広告の料金相場は、下表の通りだ。

料金相場 純広告型 想定インプレッション数×0.2〜2円
運用型 400〜800円/1,000imp
100〜500円/クリック
単価変動要因
純広告型 1.ユーザー層:購買力が強いユーザーを抱えている媒体ほど単価が高くなる。
2.ブランド力:人気のある媒体ほど単価が高くなる。
運用型
ターゲティング:競合性の高いターゲティングをするほど単価が高くなる。
 
※ バナー広告の料金相場は、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告の料金
参考記事2:純広告の料金相場

バナー広告のおすすめ媒体5選

バナー広告のおすすめ媒体は、下表の5個だ。

種類 媒体 説明
純広告型
Yahoo!トップページ 週間175億PVの日本最大のWebサイト。年齢・性別問わず、幅広い層のユーザーが利用している。
プレジデント・オンライン 月間5,000万PVの日本最大級のビジネスメディア。主なユーザー層は、40代サラリーマンである。
Compathy Magazine
月間700万PVの日本最大級の旅行メディア。主なユーザー層は、30〜40代の女性。
運用型
GDN Googleが運営する運用型バナー広告のプラットフォーム
YDN
Yahoo!が運営する運用型バナー広告のプラットフォーム。
 
※ バナー広告のおすすめ媒体は、「Web広告のおすすめ媒体24選」でも紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

バナー広告の事例

presidentonline-bizreach-banner-content-1掲載先:プレジデント・オンライン
LPBIZREACHのランディングページ

プレジデント・オンラインのトップページに掲載されていた、ハイキャリア転職サイト「BIZREACH」のバナー広告だ。

商材のニーズが高いユーザーが多い媒体に広告掲載している。また、女性の写真を使って、広告に対する心理的ハードルを下げている。

※ 効果が高かったバナー広告の事例を、「バナー広告の事例20選」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
 
※ バナーデザインが大量に掲載されている16のサイトを、「広告バナーのデザインサイトまとめ」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

スマホ広告の種類3:記事広告

mery-kanebo-tieup-content-2

記事広告とは、ある特定の媒体に紹介記事を掲載する広告のことだ。

通常コンテンツと似ていることから、ステマと誤解される。

2012年から急速に普及してきて、現在ではメジャーなWeb広告の一つである。

※ 記事広告の概要を、下記の2つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:記事広告とは
参考記事2:ネイティブ広告とは

記事広告の3のメリット

記事広告のメリット1:深い認知を広げられる

紹介記事は2,000〜4,000字で作成される。

伝えられる情報量が多いため、その分深い認知を広げられるのだ。

※ 直接CVが増える記事広告の書き方を、「記事広告の書き方」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
記事広告のメリット2:運用管理コストがかからない

記事広告は、一度掲載すれば、それ以降の細かな調整が必要ない。

「SNS広告」や「リスティング広告」と違って、運用管理コストがかからないのだ。

記事広告のメリット3:間接効果が高い

記事広告を伝えられる情報量が多いため、その分多くのユーザーが商材に興味を抱く。

そして、そういったユーザーたちは、下記の情報をネット検索する。

  • 活用事例
  • 口コミ
  • 他社比較

結果、「リスティング広告」や「過去に掲載した別の記事広告」といった検索表示されるWeb広告の費用対効果が高くなるのだ。

※ 間接効果が高い分、効果測定しなくてはいけない指標が多い。記事広告の正しい効果測定方法を、「記事広告の効果」で紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。
記事広告のメリット4:会社の信用力向上

詳しくは後述するが、記事広告は最も高額なWeb広告だ。

出稿することで、世間の人から「金銭的に余裕のある会社」を認識されるため、会社の信用力が向上するのだ。

記事広告の2のデメリット

記事広告のデメリット1:掲載料金が高額

記事広告は、最も高額なWeb広告だ。

どんなに安い媒体でも、20万円/記事はかかってしまう。

そのため、失敗したときの金銭的ダメージが大きい。

記事広告のデメリット2:掲載開始までに時間がかかる

紹介記事を作成するのには、最低でも2週間はかかる。

そして、媒体側の都合次第で、さらに1〜2ヶ月待たなくてはいけない。

このように掲載開始までに多大な時間がかかるのだ。

※ 記事広告のメリット・デメリットを、「記事広告のメリット・デメリット」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

記事広告の料金

記事広告の料金形態

記事広告の料金形態は、下表の通りだ。

料金形態
説明
期間契約型
記事広告の掲載期間に応じて料金が発生する形態
PV保証型
PV数が保証された期間契約型のこと
掲載保証型
掲載箇所が保証された期間契約型のこと
配信保証型
メルマガでの配信数が保証された期間契約型のこと
記事広告の料金相場

記事広告の料金相場は、下表の通りだ。

料金相場 想定PV数×20〜300円/記事
単価変動要因 1.ユーザー層:購買力が強いユーザーを抱えている媒体ほど単価が高くなる。
2.ブランド力:人気のある媒体ほど単価が高くなる。
3.オプション:想定PV数を上回る確率が高いオプションを付けると単価が高くなる。(ex.SEO対策オプション)
 
※ 記事広告の料金相場は、「記事広告の料金」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

記事広告のおすすめ媒体3選

記事広告のおすすめ媒体は、下表の3個だ。

媒体
説明
マイナビニュース
月間6,000万PVのビジネスパーソン向けの総合ニュースサイト
Antenna
月間ユーザー数220万人の東京ライフに役立つ情報を発信しているメディアだ。主なユーザー層は、20〜30代男女である。
Compathy Magazine
月間700万PVの旅行メディアだ。主なユーザー層は、30〜40代女性である。
 
※ 記事広告のおすすめ媒体は、「ネイティブ広告の媒体20選」でも紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

記事広告の事例

zuuonline-trustcity-tieup-content-1多くの富裕層が実践している「良い借金」で購入しているものとは?

金融メディア「ZUU Online」に掲載された、トラストシティの記事広告である。

借金することの正当性を訴えた後に、不動産投資の紹介をしている。また、あえて画像の使用枚数を減らして、広告色を消している。

※ 効果が高かった記事広告の事例を、「記事広告の事例23選」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

スマホ広告の種類4:インフィード広告

diamondonline-datamarketingtext-infeed-content-1

インフィード広告とは、「SNS」や「ニュースサイト」のタイムライン上に掲載される広告のことだ。

下記の3種類がある。

  • ネットワーク型:インフィード広告のプラットフォームが形成しているネットワークにインフィード広告を配信する
  • 運用型:ある特定の媒体でインフィード広告を運用する(SNS広告全般)
  • 純広告型:ある特定の媒体の広告枠を買い取ってインフィード広告を掲載する。

ここ2〜3年で急成長していて、今、最も注目されているWeb広告だ。

※ インフィード広告の概要は、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:インフィード広告とは
参考記事2:ネイティブ広告の種類

インフィード広告の4のメリット

インフィード広告のメリット1:広告色が薄い

インフィード広告は、下記の3つの仕様が通常コンテンツと同じだ。

  • 文体
  • 文調
  • デザイン

広告色が非常に薄いため、下記の2つの数値が高い。

  • クリック率
  • コンバージョン率
インフィード広告のメリット2:間接効果が高い

広告色が薄いことから、インフィード広告に拒絶反応を示すユーザーは少ない。

ランディングページの読了率が非常に高いため、多くのユーザーが商材に興味を抱いて、下記のような情報を検索する。

  • 活用事例
  • 口コミ

結果、「リスティング広告」や「SNS広告」から効率的にコンバージョンが生まれるのだ。

※ 間接効果が高い分、効果測定しなくてはいけない指標が多い。インフィード広告の正しい効果測定方法を、「インフィード広告の効果」で紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。
インフィード広告のメリット3:単価が安い

インフィード広告が普及したのは、ここ2〜3年である。

出稿企業が少ないため、単価が安いのだ。

インフィード広告のメリット4:短期間で成果が出る

インフィード広告を出稿している企業は少ない。

検証改善を2〜3回おこなうだけで、「クリック率」と「コンバージョン率」ともに高い数値が出る。

  • ターゲティング
  • タイトル
  • ランディングページ

したがって、短期間で成果が出始めるのだ。

インフィード広告の3のデメリット

インフィード広告のデメリット1:運用コストが高い

インフィード広告で成果を上げるためには、媒体に適したランディングページを設置しなくてはいけない。

複数のランディングページを設置しなくてはいけないため、改善をおこなったときに発生する修正費用が高くなるのだ。

インフィード広告のデメリット2:最低料金が高額

下記の2種類のインフィード広告では基本的に、最低料金が30万円以上に設定されている。

  • ネットワーク型
  • 純広告型

「まずは3万円から始める」といった少額スタートができない。

インフィード広告のデメリット3:ノウハウが確立していない

インフィード広告が普及し始めたのは、ここ2〜3年である。

取り扱っているインターネット広告代理店が少ないため、ノウハウが確立していないのだ。

※ インフィード広告のメリット・デメリットは、「インフィード広告のメリット・デメリット」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

インフィード広告の料金

インフィード広告の料金形態

インフィード広告の料金形態は、下表の通りだ。

料金形態
説明
期間契約型
掲載期間に応じて料金が発生する形態。純広告型にのみ使われている。
インプレッション課金型 インプレッションするたびに料金が発生する形態
クリック課金型 クリックが生じるたびに料金が発生する形態
エンゲージメント課金型 SNS広告でユーザーがアクションを起こすたびに料金が発生する形態
インフィード広告の料金相場

インフィード広告の料金相場は、下表の通りだ。

 
料金相場
ネットワーク型
400〜800円/1,000imp
20〜60円/クリック
運用型
SNS広告
50〜300円/エンゲージメント
SNS広告以外
0.5〜1.5円/imp
20〜70円/クリック
純広告型
想定クリック数×10〜50円
0.2〜1.2円/imp
単価変動要因
ネットワーク型・運用型
1.ターゲティング:競合性が高いターゲティングほど単価が高くなる。
2.クリック率:クリック率が上げれば単価が安くなる。
3.配信時期:「新商品発売時期」や「消費税増税前」といった時期には、広告配信する業者が増えるため、単価が高くなる。
純広告型
人気度:人気の高い媒体ほど単価が高くなる。
 
※ インフィード広告の料金相場は、「インフィード広告の費用」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

インフィード広告のおすすめ媒体7選

インフィード広告のおすすめ媒体は、下表の7個だ。

種類 媒体 説明
ネットワーク型
logly lift 月間インプレッション数2,750億回の世界最大のネットワーク型インフィード広告の媒体
popIn 月間インプレッション数6億回の日本最大級のネットワーク型インフィード広告の媒体。台湾・韓国への配信に強い。
ADMATRIX DSP BtoB事業者向けのネットワーク型インフィード広告の媒体。「業種」や「売上規模」でのターゲティングが可能。
運用型
Twitter 国内月間アクティブユーザー数4,500万人のSNS。主なユーザー層は、20〜30代男女。
Facebook
国内月間アクティブユーザー数2,800万人のSNS。主なユーザー層は、30〜40代男性。
TikTok
国内アクティブユーザー数950万人のSNS。主なユーザー層は、10〜20代男女。
参考:TikTok広告とは
参考:TikTok Ads
純広告型
Wantedly People ユーザー数300万人の名刺管理アプリ。主なユーザー層は、年収700万円以上の男性。
 
※ インフィード広告のおすすめ媒体を、「インフィード広告の媒体20選」でも紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

インフィード広告の事例

smartnews-enagent-infeed-content-1掲載先:SmartNEWS
LPエン・エージェントのランディングページ

日本最大級のニュースアプリ「SmartNEWS」に掲載された、エン・エージェントのインフィード広告だ。

ユーザーニーズに合わせて、タイトルを最新情報風にしている。また、あえて目立たないアイキャッチ画像を使って、広告色を消している。

※ 効果が高かったインフィード広告の事例を、下記の2つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:インフィード広告の事例20選
参考記事2:ネイティブ広告の事例20選

スマホ広告の種類5:レコメンドウィジェット広告

jcastnews-recommend-widget-content-1

レコメンドウィジェット広告とは、媒体のおすすめ記事欄に掲載する広告のことだ。

ネットワーク型インフィード広告と同様で、プラットフォームが形成しているネットワークに広告配信をおこなう。

現在最も勢いのある広告で、2015年に誕生して以来、市場規模が年々2倍になっている。

レコメンドウィジェット広告の2のメリット

レコメンドウィジェット広告のメリット1:拒絶反応を示すユーザーが少ない

レコメンドウィジェット広告は、通常コンテンツに紛れている。また、関連性の高いコンテンツに、広告が配信される。

広告色が薄い上に、広告に興味を示すユーザーが多いことから、その他Web広告に比べ、下記の2つの数値が高くなるのだ。

  • クリック率
  • コンバージョン率
レコメンドウィジェット広告のメリット2:単価が安い

レコメンドウィジェット広告の単価は、オークションによって決定する。

誕生したのが2015年ということから、出稿企業が少ないため、単価が安いのだ。

結果、高い費用対効果を得やすい。

レコメンドウィジェット広告の2のデメリット

レコメンドウィジェット広告のデメリット1:出回っている情報が少ない

レコメンドウィジェット広告が誕生したのは2015年だ。

歴史が浅いことから、取り扱いをしているインターネット広告代理店が少ない。そのため、出回っている情報も少ないのだ。

※ レコメンドウィジェット広告の正しい効果測定方法は、「ネイティブ広告の効果」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
レコメンドウィジェット広告のデメリット2:最低料金が高額

レコメンドウィジェット広告の媒体は基本的に、最低料金を15万円以上に設定している。

「リスティング広告」や「SNS広告」のように、「3万円から始める」といった少額スタートができない。

レコメンドウィジェット広告の料金

レコメンドウィジェット広告の料金形態

レコメンドウィジェット広告の料金形態は、下表の通りだ。

料金形態
説明
インプレッション課金型
1,000インプレッションするたびに料金が発生する形態
クリック課金型 クリックが生じるたびに料金が発生する形態
レコメンドウィジェット広告の料金相場

レコメンドウィジェット広告の料金相場は、下表の通りだ。

料金相場 150〜600円/1,000imp
30〜70円/クリック
単価変動要因 ネットワーク型インフィード広告と同様
 
※ レコメンドウィジェット広告の料金相場は、「ネイティブ広告の料金」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

レコメンドウィジェット広告のおすすめ媒体3選

レコメンドウィジェット広告のおすすめ媒体は、下表の3個だ。

媒体
説明
Outbrain
月間ユーザー数275億人の世界最大の媒体
UZOU
日本最後発の媒体。ターゲティング方法が簡単なので、気軽に始められる。
X-lift
後発組の媒体。ユーザーの行動履歴に基づくターゲティングが得意。
 
※ レコメンドウィジェット広告のおすすめ媒体を、「レコメンドウィジェット広告の媒体12選を徹底比較」で詳しく紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

レコメンドウィジェット広告の事例

mag2news-hukugyoacademy-recommend-widget-content-1掲載先:MAG2NEWS
LP副業アカデミーのランディングページ

MAG2NEWSのビジネスコンテンツに掲載されていた、副業アカデミーのレコメンドウィジェット広告だ。

ニーズがあるユーザーが読むコンテンツに広告配信している。また、クイズ形式にすることで、ユーザーの好奇心を刺激している。

※ 本章で説明したレコメンドウィジェット広告に関する情報は、「レコメンドウィジェット広告とは」でより詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

スマホ広告の種類6:アプリ広告

gunosy-mandm-inapp-content-1

アプリ広告とは、スマホのアプリ内で掲載される全ての広告のことだ。

主に下記の2種類がある。

  • バナー広告
  • インフィード広告

スマホの普及と同時に、成長している広告である。

※ アプリ広告の概要は、「アプリ広告とは」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

アプリ広告の2のメリット

アプリ広告のメリット1:クリック率が高い

アプリ業界全体の認知度は高いが、アプリごとの認知度は低い。

一つのアプリに対して出稿している企業が少ないため、クリック率が高くなるのだ。

アプリ広告のメリット2:成果が出やすい

アプリは基本的に、ユーザー層が偏っている。

ターゲティングの精度が低かったとしても、媒体選びさえ間違えなければ、基本的に成果が出るのだ。

アプリ広告の2のデメリット

アプリ広告のデメリット1:システム不備が多い

アプリ業界は移り変わりが激しいことから、現存するアプリの大半は歴史が浅い。

万全なシステム構築ができていないアプリが多いため、「広告が表示されない」といった不備が発生してしまう。

アプリ広告のデメリット2:ノウハウが確立していない

広告募集しているアプリは、1,000を超えている。

一つのアプリに対して出稿している企業が少ないため、アプリごとの広告運用ノウハウが確立していないのだ。

アプリ広告の料金

アプリ広告の料金形態

アプリ内広告の料金形態は、下表の通りだ。

料金形態
説明
期間契約型
掲載期間に応じて料金が発生する形態
インプレッション課金型
インプレッションするたびに料金が発生する形態
クリック課金型 クリックが生じるたびに料金が発生する形態
アプリ広告の料金相場

アプリ広告の料金相場は、下表の通りだ。

料金相場 期間契約型:想定インプレッション数×0.2〜1.2円
インプレッション課金型:0.5〜1.5円/imp
クリック課金型:20〜70円/クリック
単価変動要因 人気度:人気の高い媒体ほど単価が高くなる。
 
※ アプリ広告の料金については、「アプリ広告の費用」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

アプリ広告のおすすめ媒体3選

アプリ広告のおすすめ媒体は、下表の3個だ。

媒体
説明
Gunosy
累計4,000万ダウンロードのニュースアプリ。運用型インフィード広告の掲載が可能。
LUCRA
累計500ダウンロードの女性向けニュースアプリ。純広告型インフィード広告の掲載が可能。
RoomClip
住まいと暮らしに特化したSNSアプリ。「バナー広告」と「純広告型インフィード広告」の掲載が可能。

アプリ広告の事例

qrcodeapp-googleapp-inapp-content-1掲載先:QRコードアプリ
LP:Googleアプリのダウンロードページ

QRコードアプリに掲載されていた、Googleアプリのバナー広告だ。

関連性が高い広告を配信している。また、「入手」という文言の色を変えることで、広告自体を目立たせている。

※ アプリ広告のおすすめ代理店は、「アプリ広告の代理店10選」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

スマホ広告の種類7:動画広告

youtube-agc-movie-content-2

動画広告とは、媒体に商品紹介動画を掲載する広告のことだ。

下記の3種類がある。

  1. インストリーム動画:「Youtube」や「Tver」といった動画サイトで、動画再生前または動画再生途中に流れる動画広告のこと
  2. インバナー動画:バナー広告の枠に掲載する動画広告のこと
  3. インリード動画:Webサイトに掲載されていて、スクロールしたら自動で再生する動画広告のこと

2012年から普及し始めて、現在急成長している広告だ。

動画広告の3のメリット

動画広告のメリット1:目と耳の両方に訴求できる

動画広告では、下記の2つを両方とも自由に作成できる。

  • 映像
  • 音声

工夫次第で、ユーザーの目と耳の両方に訴えかけられる。

動画広告のメリット2:深い認知を広げられる

動画広告の情報量は、その他スマホ広告の情報量の5,000倍だ。

伝えられる情報量が非常に多いため、その分深い認知を広げられるのだ。

動画広告のメリット3:ブランディング効果が高い

その他スマホ広告に比べ、動画広告に興味を示すユーザーは多い。

視聴時間が長いため、下記の2つを工夫することで、ユーザーに会社の印象を強く植え付けられるのだ。

  • 映像で使う色合い
  • 登場人物
  • 音声

動画広告の2のデメリット

動画広告のデメリット1:動画作成が面倒

紹介動画を作成するには、下記の作業をしなくてはいけない。

  • 台本作り
  • 登場人物の手配
  • 撮影
  • 編集

作業量が非常に多いため、完成するまでに多大な時間がかかる。

動画広告のデメリット2:通信環境次第で動画が再生されない

動画広告はデータ通信量が大きい。

下記のような事態が起きてしまうと、動画が再生されない。

  • 媒体側のサーバートラブル
  • スマホのパケット不足

料金形態によっては、意味ない広告費用が発生してしまう。

動画広告の料金

動画広告の料金形態

動画広告の料金形態は、下表の通りだ。

料金形態
説明
期間契約型
掲載期間に応じて料金が発生する形態
再生課金型 一定の再生時間に達したら料金が発生する形態
動画広告の料金相場

動画広告の料金相場は、下表の通りだ。

料金相場 想定再生回数×20〜200円
30〜80円/再生
単価変動要因 人気度:人気の高い媒体ほど単価が高い。ただし、人気のない媒体でも単価を高く設定しているケースもある。

動画広告のおすすめ媒体3選

動画広告のおすすめ媒体は、下表の3個だ。

媒体
説明
YouTube 世界最大の動画プラットフォーム。インストリーム動画の掲載が可能。
Antenna 東京ライフに役立つ情報を発信しているWebメディア。インリード動画の掲載が可能。
MERY 10〜20代女子向けのWebメディア。インリード広告の掲載が可能。

動画広告の事例

LPb→dashのランディングページ

YouTubeに掲載された、マーケティングオートメーションツール「b→dash」の動画広告だ。

芸能人を起用している。また、コメディ風の構成にすることで、ユーザーの興味を引いている。

2.スマホ広告の種類【掲載方式別】

掲載方式別のスマホ広告の種類を説明していく。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

スマホ広告の種類1:ページ上部固定方式

ページ上部固定方式とは、コンテンツの上部に掲載されるスマホ広告のことだ。

ユーザーの目に必ず入るため、認知度が大きく向上する。

しかし、ユーザーの目的は広告下の記事を読むことなので、クリック率が低い。したがって、コンバージョン数も少ない。

スマホ広告の種類2:ページ中部固定方式

ページ中部固定方式とは、コンテンツの中部に掲載されるスマホ広告のことだ。

ユーザーの目に入るため、認知度は大きく向上する。

しかし、ユーザーはコンテンツを読んでいる途中なので、クリック率は極めて低い。したがって、コンバージョン数も少ない。

スマホ広告の種類3:ページ下部固定方式

ページ下部方式とは、コンテンツの下部に掲載されるスマホ広告のことだ。

ユーザーの目に入りにくいため、認知度の向上は見込めない。

しかし、下記の2つの理由から、クリック率が非常に高い。

  1. ユーザーが読みたい文章がそれ以降にない
  2. 読みたいコンテンツをユーザー探す

したがって、コンバージョンが生まれやすい。

スマホ広告の種類4:下部追従方式

下部追従方式とは、画面の下部に表示し続けるスマホ広告のことだ。

ユーザーの目に常に入るため、認知度が大きく向上する。また、ユーザーがコンテンツを読むのに疲れたときに、広告を表示できていることから、クリック率は高い。

しかし、掲載費用が高額なため、高い費用対効果は見込めない。

スマホ広告の種類5:全画面表示方式

全画面表示方式とは、画面一杯に掲載されるスマホ広告のことだ。

ユーザーの目に必ず入るため、認知度は大きく向上する。

しかし、ユーザーは条件反射的に広告を消してしまうため、クリック率は低い。したがって、コンバージョン数も少ない。

スマホ広告の種類6:視聴途中差し込み方式

視聴途中差し込み方式とは、動画再生前に商品紹介動画が流れるスマホ広告のことだ。

下記の2つの理由から、認知度が大きく向上する。

  1. ユーザーの目に必ず入る
  2. 5秒以上は必ず再生される

面白い動画構成にすることで、広告に興味を示すユーザーが増えるため、クリック率が高くなる。

3.ユーザーが嫌悪感を抱くスマホ広告の種類

ユーザーが嫌悪感を抱くスマホ広告が、2種類ある。

それぞれ詳しく説明していく。

ユーザーが嫌悪感を抱くスマホ広告の種類1:下部追従方式全般

下部追従方式のスマホ広告全般に、ユーザーは嫌悪感を抱く。

なぜならば、消したくても消せないからだ。

興味がない広告が常に表示され続けるため、「うっとうしい」とユーザーは思う。

おそらく最も嫌われているスマホ広告の種類だろう。

ユーザーが嫌悪感を抱くスマホ広告の種類2:全画面表示方式全般

全画面表示方式のスマホ広告全般に、ユーザーは嫌悪感を抱く。

なぜならば、下記のいずれかのタイミングで広告が表示されるからだ。

  • コンテンツを読む直前
  • コンテンツを読んでいる途中

ユーザーの行動をいきなり遮ってしまうため、ユーザーは嫌悪感を抱くのだ。

4.スマホ広告の種類を選ぶときの5のチェックポイント

スマホ広告の種類を選ぶときにチェックすべきポイントが5つある。

短期間で大きな成果を得るためにも、じっくり読んでほしい。

チェックポイント1:目的との親和性

スマホ広告の種類によって、目的の達成可能度が異なる。

例えば、バナー広告では、認知度向上を達成しやすいが、コンバージョン数増加は達成しにくい。一方で、リスティング広告では、認知度向上は達成しにくいが、コンバージョン数増加の達成はしやすい。

下記の3つのうち、どの目的を達成したいのかを決めて、目的の達成可能度が高いスマホ広告の種類を選んでほしい。

  1. 認知度向上
  2. コンバージョン数増加
  3. ブランド力向上

そうすることで、貴社の満足のいく結果を得られる。

※ スマホ広告の目標設定方法は、「Web広告のKPI設定方法」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

チェックポイント2:商材との親和性

スマホ広告の種類によって、相性の良い商材が異なる。

例えば、記事広告であれば、伝えられる情報量が多いため、下記のような説明が難しい商材との相性が良い。

  • 不動産投資
  • 最先端技術を使ったサービス

一方で、バナー広告の場合は、伝えられる情報量が少ないため、説明の難しい商材との相性が悪い。「日用品」や「転職」といった分かりやすい商材との相性が良いだろう。

貴社の商材の特性を考えて、相性の良いスマホ広告の種類を選んでほしい。そうすることで、満足のいく結果を得られる。

※ 不動産に適したスマホ広告の種類を、「不動産会社に適したWeb広告」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

チェックポイント3:ターゲティング方法

スマホ広告の種類によって、ターゲティング方法が異なる。

例えば、レコメンドウィジェット広告では、下記のようなデータを基にした詳細なターゲティングが可能だ。

  • 年齢
  • 性別
  • 地域

一方で、記事広告では、詳細なターゲティングはできないが、媒体情報を調べることで、下記のようなパーソナルデータが似通ったユーザーに対して、広告を届けられる。

  • 年収
  • 職種

貴社のターゲット像を明確にして、そのターゲット像をより正確にターゲティングできるスマホ広告の種類を選んでほしい。そうすることで、満足のいく結果を得られる。

チェックポイント4:商材単価との適合性

スマホ広告の種類によって、掲載料金が大きく異なる。

例えば、バナー広告のクリック課金型であれば、100〜500円/クリックかかる。一方で、インフィード広告のクリック課金型であれば、20〜70円/クリックで済む。

商材の単価次第では、コンバージョン数を最大化させたとしても、赤字になってしまう。

そういった事態を避けるためにも、商材の単価に適したスマホ広告の種類を選んでほしい。

※ 商材単価によって、最適な予算が異なる。正しい予算の決め方を、「Web広告の予算の決め方」で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。

チェックポイント5:その他Webマーケティング施策との親和性

スマホ広告の種類によって、その他Webマーケティング施策との相性が異なる。

例えば、SNS広告であれば、SNS運用との相性が良い。一方で、リスティング広告の場合は、ニーズが顕在化しているユーザーを確保できることから、メルマガとの相性が良い。

貴社が既におこなっているWebマーケティング施策の特性を考えて、相性の良いスマホ広告の種類を選んでほしい。そうすることで、満足のいく結果を得られる。

最後に

本記事では、スマホ広告の種類について、下記の4点を徹底解説した。

  1. 主要7種類のスマホ広告
  2. スマホ広告の6種類の掲載方式
  3. ユーザーが嫌悪感を抱く2種類のスマホ広告
  4. スマホ広告の種類を選ぶときの5のチェックポイント

1と4の内容を基に、貴社に適したスマホ広告を選んでほしい。そして、実際に広告を打つときは、2と3の内容を参考にしてほしい。

そうすることで、満足のいく結果を得られるだろう。

弊社はインターネット広告代理店です。

ヒアリングをした上で、貴社に最適なスマホ広告のプランを提案致します。

ご質問・ご相談は無料ですので、「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお気軽にお問い合わせください。

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。