広告ランク|概要と3の改善方法【初心者必見】

woman-teacher-2
Pocket
LINEで送る

あなたは最近、広告ランクの存在を知ったのだろう。しかし、「いまいち理解できない」と悩んでいるのではないか?

そう悩むのも無理はない。

広告ランクはリスティング広告特有の仕組みだ。知識・経験がなければ、分からないのは当然だ。

しかし安心してほしい。この記事を読めば全てが分かる。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

1.広告ランクとは

広告ランクとは、「リスティング広告の掲載順位を決める指標」のことだ。(参考:リスティング広告の入札

下式で算出できる。

「広告ランク=入札単価×品質スコア(+広告表示オプション)」

「入札単価×品質スコア」が同一だった場合のみ、広告表示オプションの有無で広告ランクの優劣が決まる。

具体例は下表の通りだ。

会社 入札価格 品質スコア 広告ランク 広告表示オプション 広告掲載順位
A 500円 8 3,000 2位
B 1,000円 3 3,200 4位
C 600円 5 3,000 3位
D 800円 6 4,800 1位
 
※ リスティング広告の概要を、下記の7つの記事で詳しく説明している。深く理解できていないのであれば、ぜひ一読してほしい。
参考記事1:リスティング広告とは
参考記事2:リスティング広告とSEO対策の違い
参考記事3:リスティング広告と相性の良い業種
参考記事4:Web広告の種類
参考記事5:スマホ広告の種類
参考記事6:ネイティブ広告の種類
参考記事7:ネイティブ広告とは

広告ランクとクリック単価の関係性

広告ランクはクリック単価算出時にも用いられる。

「クリック単価=広告掲載順位が1個下の会社の広告ランク÷自社の品質スコア+1(円)」

具体例は下表の通りだ。

会社 入札価格 品質スコア 広告ランク 広告掲載順位 クリック単価
A 600円 5 3,000 3位 181円
B 800円 4 3,200 2位 751円
C 400円 10 4,000 1位 321円
D 900円 3 2,700 掲載不可 ×

品質スコアを上げて広告ランクを向上させれば、広告掲載順位を上げながらもクリック単価を抑えられる。

クリック単価が決まる仕組みは、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

参考記事1:リスティング広告のクリック単価
参考記事2:リスティング広告の仕組み

広告ランクの重要性

広告ランクによって、下記の2つが決まる。

  1. 広告掲載順位
  2. クリック単価

広告掲載順位が上昇すればクリック率が向上するため、コンバージョン数が増加する。また、クリック単価が低下すると、広告費用(=クリック単価×クリック数)が安くなる。

つまり、広告ランクがリスティング広告の運用成果を左右するのだ。

※ 広告掲載順位がクリック率に与える影響を、「リスティング広告のクリック率」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

2.広告ランクの3の改善方法

「1.広告ランクとは」で説明した通り、広告ランクの算出式は下記の通りだ。

「広告ランク=入札単価×品質スコア(+広告表示オプション)」

つまり、下記の3つを実施すれば、広告ランクは改善する。

  1. 入札単価の引き上げ
  2. 品質スコアの改善
  3. 広告表示オプションをできるだけ多く設定

それぞれ詳しく説明していく。

広告ランクの改善方法1:入札単価の引き上げ

入札単価を引き上げる方法は、下記の手順の通りだ。

  1. 広告ランクを上げたいキーワードの入札単価を15%引き上げる
  2. 1の手順を繰り返す
  3. 希望の広告掲載順位になったら入札単価の引き上げを停止

ただし、入札単価を引き上げると、クリック単価が高騰する。費用対効果が合わなくなる可能性があるので、引き上げ幅には強く注意すべきだ。

広告ランクの改善方法2:品質スコアの改善

品質スコアの改善方法は、下記の3つだ。

  1. 広告文を改善(参考:リスティング広告の文字数
  2. ランディングページを改善
  3. キーワードごとの広告を最適化

それぞれのやり方は「品質スコアの改善」で詳しく説明しているので、ぜひそちらを参照してほしい。

「1.広告ランクとは|広告ランクとクリック単価の関係性」で説明した通り、品質スコアを上げて広告ランクを改善すれば、クリック単価を抑えつつ広告掲載順位を上げられる。リスティング広告の費用対効果が大きく向上するので、品質スコアの改善は重点的に実施すべきだ。

※ 品質スコアの重要性を「リスティング広告の運用ポイント」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

広告ランクの改善方法3:広告表示オプションをできるだけ多く設定

下記11種類の広告表示オプションを、できるだけ多く設定する。

  1. サイトリンク表示オプション
  2. 電話番号表示オプション
  3. コールアウト表示オプション
  4. アプリリンク表示オプション
  5. 価格表示オプション
  6. 住所表示オプション
  7. メッセージ表示オプション
  8. 販売者評価の広告表示オプション
  9. プロモーション表示オプション
  10. 構造化スニペット表示オプション
  11. アフィリエイト住所表示オプション

ただし、上限表示数が決まっているため、設定数を不必要に増やすと、効果的な広告表示オプションの表示回数が減る。クリック率を最大化できなくなるので、設定項目は慎重に選ぶべきだ。

最後に

広告ランクは、リスティング広告の費用対効果を左右する重要な要素だ。

まずは本記事で紹介した「1.広告ランクとは」を確実に理解してほしい。その後、「2.広告ランクの3の改善方法」を忠実に実践してほしい。

そうすることで、貴社の満足のいく結果を得られる。

弊社はインターネット広告代理店です。

貴社に最適なプランでリスティング広告運用を代行いたします。自社運用中の事業者様には、運用コンサルティングを提供いたします。

ご質問・ご相談は無料です。広告運用にお困りなのであれば、「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお問い合わせください。

また、おすすめの代理店を下記の4つの記事で紹介しています。ぜひ参照してください。

参考記事1:リスティング広告の代理店10選
参考記事2:インターネット広告代理店30社のおすすめランキング
参考記事3:インターネット広告代理店9選を徹底比較
参考記事4:東京都のインターネット広告代理店10選

リスティング広告の本を読むことで、広告ランクをより深く理解できます。おすすめ10冊を「リスティング広告の本10選」で紹介しているので、そちらも合わせて参照してください。

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。