Web広告の費用相場まとめ【完全保存版】

business-team-put-hands-together-1
Pocket
LINEで送る

あなたは今、Web広告の出稿を検討しているのだろう。そして、「どれくらい費用がかかるのか知りたい」と思っているのではないか?

大きく分けて、Web広告は9種類ある。それぞれ料金が異なるため、正確な費用を知るのは難しい。

しかし、安心してほしい。この記事を読めば、Web広告の種類別の費用相場が確実に分かる。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

※ 全種類のWeb広告を知らないのであれば、下記の4つの記事を読んでほしい。そうすることで、以降の内容を理解しやすくなる。
参考記事1:9種類のWeb広告を徹底解説!
参考記事2:スマホ広告の種類
参考記事3:Web広告のメリット・デメリット
参考記事4:Web広告の仕組み
 
 

1.Web広告の費用形態一覧

Web広告の費用形態は13個ある。

それぞれ詳しく説明していく。

費用形態1:期間契約型

期間契約型とは、「Web広告の掲載期間に応じて費用が発生する形態」のことだ。

インプレッション数やクリック数が少なかったとしても、費用がかかってしまう。しかし、料金設定が低いため、下記の2つの条件が揃えば、費用を大きく上回るクリック数を得られる。

  • 広告物の質が高い
  • 広告掲載先のユーザー層が貴社のターゲット層に近い

結果、費用対効果が非常に高くなるのだ。

メリット 1.想定外の広告費用がかからない
2.料金設定が低い
3.契約期間中は必ず広告物が表示される
デメリット インプレッションやクリックがなくても広告費用が発生する
利用されている広告 純広告型バナー広告、純広告型動画広告、記事広告

費用形態2:インプレッション課金型

インプレッション課金型とは、「Web広告がインプレッションするたびに費用が発生する形態」のことだ。

クリック数が少なかったとしても、インプレッションすれば費用がかかってしまう。しかし、広告物の質が高ければ、費用以上のクリック数を得られる。

メリット 1.インプレッションしなければ費用はかからない
2.料金設定が低い
デメリット 1.クリックがなくても広告費用が発生する
2.想定以上の広告費用がかかる可能性がある
利用されている広告 アドネットワーク、DSP、リターゲティング広告、Facebook広告

費用形態3:インプレッション保証型

インプレッション保証型とは、「インプレッション数の保証が付いた期間契約型」のことだ。

「インプレッションされない」という心配がない。しかし、期間契約型に比べ、料金設定が高いため、非常に高い費用対効果は見込めない。(※ 13の費用形態の中では、料金設定は低い部類である)

メリット 1.最低限のインプレッション数を確実に得られる
2.料金設定が低い
デメリット クリックがなくても費用がかかる
利用されている広告 純広告型バナー広告、純広告型動画広告

費用形態4:クリック課金型

クリック課金型とは、「Web広告がクリックされるたびに費用が発生する形態」のことだ。

どれだけインプレッション数が多かったとしても、クリックされなければ費用がかからない。しかし、料金設定が高いため、費用対効果が低くなりやすい。

メリット クリックされなければ費用がかからない
デメリット 1.想定以上の広告費用がかかる可能性がある
2.料金設定が高い
利用されている広告 アドネットワーク、DSP、リターゲティング広告

費用形態5:クリック保証型

クリック保証型とは、「クリック数の保証が付いた期間契約型」のことだ。

「クリックされない」という心配がない。しかし、料金設定が高いため、費用対効果が低くなりやすい。

メリット 最低限のクリック数を確実に得られる
デメリット 料金設定が高い
利用されている広告 純広告型バナー広告

費用形態6:掲載保証型

掲載保証型とは、「広告ページの掲載箇所の保証が付いた期間契約型」のことだ。

クリックがなかったとしても、広告費用がかかってしまう。しかし、魅力的なタイトルを付けられれば、クリック数が大きく増えて、費用を大きく上回るPVを得られる。

メリット 目立つ箇所に広告ページが必ず掲載される
デメリット 1.クリックがなくても広告費用が発生する
2.料金設定が高い
利用されている広告 記事広告

費用形態7:PV保証型

PV保証型とは、「広告ページのPV数の保証が付いた期間契約型」のことだ。

「広告ページが読まれない」という心配がない。また、広告ページの質が高ければ、コンバージョン率が高くなるため、費用以上のコンバージョンを得られる。

しかし、料金設定が非常に高額なため、費用対効果が低くなりやすい。

メリット 最低限のPV数を確実に得られる
デメリット 料金設定が非常に高額
利用されている広告 記事広告

費用形態8:エンゲージメント課金型

エンゲージメント課金型とは、「SNS広告で、『フォロー』『シェア』『クリック』といった行動をユーザーが起こすたびに、費用が発生する形態」のことだ。

どれだけインプレッションしても、ユーザーが行動を起こさなければ、費用はかからない。また、料金設定が低いため、質の高い広告物を作れれば、費用を大きく上回るコンバージョンを得られる。

メリット 1.ユーザーが行動を起こさなければ費用がかからない
2.料金設定が低い
デメリット 特になし
利用されている広告 Twitter広告、Facebook広告

費用形態9:配信課金型

配信課金型とは、「メール広告の配信件数に応じて費用が発生する形態」のことだ。

料金設定が低いため、費用対効果が高くなりやすい。

メリット 1.配信件数に応じて費用がかかる
2.料金設定が低い
デメリット 特になし
利用されている広告 メール広告

費用形態10:配信保証型

配信保証型とは、「広告ページのメール配信保証が付いた期間契約型」のことだ。

「広告ページが認知されない」という心配がない。しかし、料金設定が高いため、費用対効果が低くなりやすい。

メリット 最低限のPV数を確実に得られる
デメリット 料金設定が高い
利用されている広告 記事広告

費用形態11:再生課金型

再生課金型とは、「動画が再生されるたびに費用が発生する形態」のことだ。

どれだけインプレッションしても、動画が再生されなければ費用がかからない。しかし、期間契約型に比べ、料金設定が高いため、非常に高い費用対効果は得られない。

メリット 動画が再生されなければ費用がかからない
デメリット 期間契約型よりは料金設定が高い
利用されている広告 運用型動画広告

費用形態12:再生保証型

再生保証型とは、「動画の再生回数保証が付いた期間契約型」のことだ。

「動画が再生されない」という心配がない。しかし、料金設定が高いため、費用対効果が低くなりやすい。

メリット 最低限の再生回数を確実に得られる
デメリット 料金設定が高い
利用されている広告 純広告型動画広告

費用形態13:成果報酬型

成果報酬型とは、「『購入』や『問い合わせ』といった成果の発生数に応じて費用が発生する形態」のことだ。

成果が発生しなければ、費用がかからないため、広告が失敗したときの金銭的ダメージが一切ない。しかし、料金設定が非常に高いので、下記のような商材でなければ、費用に見合った成果は得られない。

  • 継続購入商材
  • 高額商材
メリット 広告が失敗したときの金銭的ダメージが一切ない
デメリット 料金設定が非常に高い
利用されている広告 アフィリエイト広告

2.Web広告の費用相場【種類別】

Web広告の種類別に、費用相場を説明していく。

ぜひじっくり読んでほしい。

※ 近年、レコメンドウィジェット広告が急成長している。そちらの費用相場は、「レコメンドウィジェット広告とは」で詳しく説明しているので、ぜひ参照してほしい。
 
アプリ広告の費用相場は、下記の2つの記事で説明している。本章での説明は一切ないので、ご興味があれば、ぜひ一読してほしい。
参考記事1:アプリ広告の費用
参考記事2:アプリ広告とは

2-1.リスティング広告の費用相場

google-search-listing-text-1

リスティング広告とは、「検索エンジンの上部に表示されるテキスト広告」のことだ。

入念なキーワード選定をすることで、高い広告効果を得られる。

最もポピュラーなWeb広告である。

広告費用形態 クリック課金型
費用相場 1円/クリック〜
費用の変動要因 1.競合性:競合が多いキーワードほど高額になる
2.商材の価格:高額商材の関連キーワードほど高額になる
費用例 1.「不動産 購入」:2298円/クリック
2.「ダイエットサプリ 通販」:287円/クリック
効果 販売促進
 
※ リスティング広告の費用相場は、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:リスティング広告の費用
参考記事2:リスティング広告とは
 
※ リスティング広告のクリック単価が決まる仕組みは、下記の3つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:リスティング広告の仕組み
参考記事2:リスティング広告のクリック単価
参考記事3:広告ランクとは
 
※ リスティング広告の運用代行を依頼したら、別途運用手数料がかかる。下記の2つの記事で、運用手数料の形態を詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:リスティング広告の代理店
参考記事2:リスティング広告代理店の手数料
 
※ リスティング広告の予算調整方法は、「リスティング広告の運用」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
 
※ リスティング広告の月間予算の算出方法は、「リスティング広告の予算」で詳しく説明している。本章で紹介した費用相場を基に、貴社に最適な予算を算出してみてほしい。

2-2.バナー広告(ディスプレイ広告)の費用相場

バナー広告(ディスプレイ広告)には、下記の4種類がある。

  1. 純広告型バナー広告
  2. アドネットワーク
  3. DSP
  4. リターゲティング広告

それぞれの費用相場を説明していく。

※ バナー広告を深く理解していないのであれば、下記の2つの記事を読んでほしい。そうすることで、以降の内容を理解しやすくなる。
参考記事1:バナー広告とは
参考記事2:バナー広告のメリット・デメリット

純広告型バナー広告の費用相場

yahoo-toppage-2

純広告型バナー広告とは、「ある特定の媒体の広告枠を購入して、バナーを掲載する広告」のことだ。

ユーザー層が貴社のターゲットに近い媒体に広告掲載することで、高い広告効果を得られる。

人気の広告手法である。

※ 純広告を知らないのであれば、下記の2つの記事を参照してほしい。分かりやすく解説しているので、確実に理解できる。
参考記事1:純広告とは
参考記事2:純広告のメリット・デメリット
 
広告費用形態 期間契約型、インプレッション保証型
費用相場 想定インプレッション数×1〜2.5円
費用の変動要因 1.ブランド力:人気が高い媒体ほど高額になる
2.ユーザー層:ユーザー層の購買力が強いほど高額になる
費用例 Yahoo!トップページ広告
6,600万円/週間
効果 認知度向上、販売促進
 
※ 純広告型バナー広告の費用については、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告の媒体別料金
参考記事2:純広告の料金相場

アドネットワークの費用相場

mynavinews-toppage-gdn-1

アドネットワークとは、「アドネットワークに加盟している媒体で表示されるバナー広告」のことだ。

代表例として、GDNとYDNが挙げられる。

ターゲティングの精度を高めることで、高い広告効果を得られる。

広告費用形態 インプレッション課金型、クリック課金型
費用相場 10円/1000インプレッション〜
10円/クリック〜
費用の変動要因 1.ターゲット:人気の高いターゲットほど高額になる
2.配信媒体:購買力が強いユーザーが多い媒体ほど高額になる
費用例 YDNの場合
パソコン:40円/クリック〜
スマホ:25円/クリック〜
効果 認知度向上

DSPの費用相場

DSPとは、「DSPに加盟している媒体で表示されるバナー広告」のことだ。

アドネットワークと基本的な機能は同様で、さらに「行動履歴」でのターゲティングが可能である。

ターゲティングの精度を高めることで、高い広告効果を得られる。

広告費用形態 インプレッション課金型、クリック課金型
費用相場 10円/1000インプレッション〜
10円/クリック〜
費用の変動要因 アドネットワークと同様
費用例 FreakOut(広告主が金融商品)
100万円×3ヶ月〜
効果 認知度向上、販売促進

リターゲティング広告の費用相場

リターゲティング広告とは、「LPに訪れたユーザーに表示されるバナー広告」のことだ。

リスティング広告と一緒に利用することで、高い広告効果を得られる。

広告費用形態 インプレッション課金型、クリック課金型
費用相場 10円/1000インプレッション〜
10円/クリック〜
費用の変動要因 ターゲット:人気の高いターゲットほど高額になる
費用例 GDN(投資用不動産のLPの訪問ユーザーに配信)
1,000円/クリック
効果 リピート促進、販売促進
 
※ バナー広告を出稿するときに役立つ情報を、下記の5つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告の効果の上げ方
参考記事2:バナー広告のクリック率を上げる13のコツ
参考記事3:バナー広告の平均クリック率
参考記事4:バナー広告の事例20選
参考記事5:広告バナーのデザインサイトまとめ
 
※ 商品データを基に広告配信をおこなうバナー広告を、ディスプレイ型データフィード広告と呼ぶ。費用相場を「データフィード広告とは」で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。

2-3.記事広告(タイアップ広告)の費用相場

diamondonline-deou-tieup-content-1

記事広告(タイアップ広告)とは、「ある特定の媒体にサービスの紹介記事を掲載する広告」のことだ。

紹介記事は2,000〜4,000字で作成される。伝えられる情報量が多いため、深い認知を広げられる。

2019年現在、最もブームになっている広告手法だ。

※ 記事広告については、下記の4つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:記事広告とは
参考記事2:記事広告のメリット・デメリット
参考記事3:ネイティブ広告とは
参考記事4:7種類のネイティブ広告を徹底解説!
 
広告費用形態 期間契約型、掲載保証型、PV保証型、配信保証型
費用相場 想定PV数×20〜200円/記事
費用の変動要因 1.ブランド力:人気が高い媒体ほど高額になる
2.ユーザー層:ユーザーの購買力が強い媒体ほど高額になる
3.オプション:SEO対策といったオプションを付けると高額になる
4.掲載箇所:目立つ箇所に掲載されるほど高額になる
費用例 マイナビニュース(想定PV数7,500〜15,000)
300万円/記事
効果 認知度向上、販売促進
 
※ 記事広告の費用については、下記の3つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:記事広告の媒体別料金
参考記事2:ネイティブ広告の料金
参考記事3:純広告の料金相場
 
※ 記事広告を出稿するときに役立つ情報を、下記の4つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:記事広告の効果の上げ方
参考記事2:記事広告の書き方
参考記事3:記事広告の事例23選
参考記事4:ネイティブ広告の事例20選

2-4.SNS広告の費用相場

主なSNS広告は、下記の2種類だ。

  • Twitter広告
  • Facebook広告

それぞれの費用相場を説明していく。

※ SNS広告はインフィード広告の一種だ。下記の2つの記事で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:インフィード広告とは
参考記事2:インフィード広告のメリット・デメリット

Twitter広告の費用相場

twitter-feed-1

Twitter広告とは、「Twitterのフィード内に表示される140文字以内の広告」のことだ。

下記の2つを高めることで、広告自体が拡散する。

  • ターゲティングの精度
  • ツイートの質

結果、高い費用対効果を得られる。

広告費用形態 エンゲージメント課金型
費用相場 40〜120円/エンゲージメント
費用の変動要因 ターゲット:人気の高いターゲットほど高額になる
費用例 東京都在住の20〜30代女性に広告配信
85円/エンゲージメント
効果 認知度向上

Facebook広告の費用相場

Facebookとは、「Facebookのフィード内に表示される広告」のことだ。

30〜40代のユーザーが多いため、下記2つの商材の広告を打つことで、高い広告効果を得られる。

  • ターゲットが会社員の商材
  • BtoB商材

SNS広告の中では、最もポピュラーな広告だ。

広告費用形態 インプレッション課金型、エンゲージメント課金型
費用相場 100円/1,000インプレッション〜
100円/クリック〜
費用の変動要因 Twitter広告と同様
費用例 東京在住の30〜39歳男性経営者に配信
300円/クリック
効果 認知度向上、販売促進
 
※ SNS広告の費用相場を、「インフィード広告の費用」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

2-5.アフィリエイト広告の費用相場

アフィリエイト広告とは、「購入または問い合わせが生じたら費用が発生する広告」のことだ。

魅力的なサービスを開発することで、下記の2つが起こる。

  • 成約数が増える
  • 成果報酬額が低くなる

結果、高い広告効果を得られる。

広告費用形態 成果報酬型
費用相場 初期費用:30,000〜50,000円
成果報酬額:月々の購入代金3〜4ヶ月または購入代金の30〜50%
費用の変動要因 販売の難易度:販売しにくい商材ほど、高額になる
費用例 RIZAP(定価30万円)
成果報酬額7万円
効果 販売促進

2-6.動画広告の費用相場

動画広告には、下記の2種類ある。

  • 純広告型動画広告
  • 運用型動画広告

それぞれの費用相場を説明していく。

純広告型動画広告の費用相場

youtube-musthead-1

純広告型動画広告とは、「ある特定の媒体の広告枠を買い取って、動画を配信する広告」のことだ。

代表例として、YouTubeトップページ広告(正式名称:マストヘッド)が挙げられる。

質の高い動画を配信することで、高い広告効果を得られる。

※ 純広告を知らないのであれば、「純広告とは」を参照してほしい。分かりやすく解説しているので、確実に理解できる。
 
広告費用形態 期間契約型、インプレッション保証型
費用相場 想定再生回数×0.5〜1円
費用の変動要因 純広告型バナー広告と同様
費用例 YouTubeトップページ広告
900万円/日
効果 認知度向上

運用型動画広告の費用相場

youtube-movie-screen-1

運用型動画広告とは、「動画プラットフォームで、動画再生前に流れる動画広告」のことだ。

代表例として、YouTube広告(正式名称:TruView)が挙げられる。

ターゲティングの精度を高めることで、高い費用対効果を得られる。

広告費用形態 再生課金型
費用相場 5〜20円/再生
費用の変動要因 ターゲット:人気の高いターゲットほど高額になる
費用例 YouTube広告
5円/再生〜
効果 認知度向上、販売促進

2-7.メール広告の費用相場

メール広告とは、「ある特定の媒体が所有しているリストに、貴社サービスの紹介メールを送る広告」のことだ。

下記の2つをおこなうことで、開封率が高くなる。

  • 貴社のターゲットに近いリストを利用する
  • 魅力的なタイトルを付ける

結果、高い費用対効果を得られる。

広告費用形態 配信課金型
費用相場 5〜20円/配信数
費用の変動要因 ユーザー:購買力強いユーザーが多いリストほど高額になる
費用例 日本最大の保険比較サイト「インズウェブ」
10円/配信数
効果 販売促進
 
※ メール広告の費用相場は、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:メール広告の料金
参考記事2:メール広告とは
 
※ メール広告の効果を上げる方法を、下記の2つの記事で紹介している。広告出稿を決めた後、実際に広告物を作成するときに、ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:メール広告の効果
参考記事2:メール広告の作り方

3.Web広告の費用対効果

Web広告の費用対効果について、詳しく解説していく。

Web広告の費用対効果を計測するときに使う4の指標

Web広告の費用対効果を計測するときに使う指標は、下表の4つだ。ぜひ参考にしてほしい。

指標 説明
CPA 1コンバージョンを獲得するのにかかった広告費用のことだ。「CPA=広告費用÷コンバージョン数(円)」で計算できる。数値が低いほど費用対効果が高い。
ROAS 広告費用に対する売上の割合のことだ。「ROAS=売上÷広告費用×100(%)」で計算できる。数値が高いほど、費用対効果が高い。
ROI 広告費用に対する利益の割合のことだ。「ROI=利益÷広告費用×100(%)」で計算できる。数値が高いほど、費用対効果が高い。
LTV 一人の顧客が生涯で生み出す売上のことだ。「LTV=平均購入価格×平均購入回数(円)」で計算できる。数値が高いほど、費用対効果が高い。

Web広告の平均費用対効果

Web広告の種類別の平均費用対効果は下表の通りだ。

種類
ROAS
ROI
リスティング広告
100〜250%
-30〜150%
純広告型バナー広告
90〜200%
-10〜150%
アドネットワーク
90〜150%
-30〜100%
記事広告
90〜250%
-10〜200%
Twitter広告
0〜300%
-100〜250%
Facebook広告
50〜200%
-50〜150%
動画広告
純広告型
60〜180%
-40〜130%
運用型
50〜200%
-50〜150%
メール広告
80〜200%
-20〜150%
 
注1CPAとLTVの2つは、商材によって数値が大きく変動するため、ここでは割愛する。
 
注2.DSPとメール広告の2つは、十分なデータを揃えられないため、ここでは割愛する。

Web広告の費用対効果を上げる5の方法

Web広告の費用対効果を上げる方法は、下記の5つだ。

  1. 広告出稿先を見直す:
    ユーザーが貴社のターゲットに近い媒体に変えることで、クリック率とコンバージョン率の両方が上がって、費用対効果が高くなる。なお、おすすめの広告掲載先を、下記の5つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
    参考記事1:Web広告のおすすめ媒体24選
    参考記事2:ネイティブ広告の媒体20選
    参考記事3:インフィード広告の媒体20選
    参考記事4:レコメンドウィジェット広告の媒体12選を徹底比較
    参考記事5:メール広告の媒体20選
  2. 広告物の掲載箇所を見直す:
    より目立つ掲載箇所に変えることで、クリック率が上がって、費用対効果が高くなる。
  3. 広告物を見直す:
    人の目を引く広告物に変えることで、クリック率が上がって、費用対効果が高くなる。
  4. LPを見直す:
    より説得力のあるLPに変えることで、コンバージョン率が上がって、費用対効果が高くなる。
  5. 成果獲得後の動線を見直す:
    購買意欲を促進するようなアフターフォローをおこなうことで、LTVが向上して、費用対効果が高くなる。

なお、上記5つの方法は、「Web広告の費用対効果の上げ方」で詳しく説明しているので、ぜひ参照してほしい。

※ Web広告の効果を上げるのに役立つ情報を、下記の4つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:Web広告の効果測定方法
参考記事2:Web広告のKPI設定方法
参考記事3:Web広告の事例10選
参考記事4:Web広告の勉強に役立つ15のサイト

4.Web広告の費用を安くする5の方法

Web広告の費用を安くする方法を、5つ紹介していく。ぜひ実践にしてほしい。

運用型Web広告の費用を安くする2の方法

運用型Web広告では、費用を安くする方法は2つだ。

詳しく説明していく。

方法1:ターゲティングの精度を高める

ターゲティングの精度を高めることで、クリック率が向上する。そうすると、運用型Web広告では、費用が安くなるのだ。

方法2:広告物の質を上げる

広告物の質を上げることで、クリック率が向上する。そうすると、運用型Web広告では、費用が安くなるのだ

純広告型Web広告の費用を安くする3の方法

純広告型Web広告の費用を安くする方法は3つだ。

詳しく説明していく。

方法3:大量発注する

一つの媒体に3枠以上発注することで、Web広告の費用が安くなる。

具体的な割引率は、下記の通りだ。

  • 3枠:3%
  • 4枠:4%
  • 5枠以上:5%

ただし、最低10万円以上の広告枠を大量発注しなければ、割引は適用されないので、注意してほしい。

方法4:継続発注する

一つの媒体に継続発注する契約を結ぶことで、Web広告の費用が安くなる。

具体的な割引率は、下記の通りだ。

  • 3ヶ月:3%
  • 6ヶ月:4%
  • 9ヶ月以上:5%

ただし、最低10万円以上の広告枠を継続発注しなければ、割引は適用されないので、注意してほしい。

方法5:インターネット広告代理店を経由する

一つのインターネット広告代理店に大量発注をすることで、Web広告の費用が安くなる。

具体的な割引率は、下記の通りだ。

  • 3枠:3%
  • 4枠:4%
  • 5枠以上:5%

なお、一つの媒体に絞らなくていい。

※ おすすめのインターネット広告代理店を、下記の5つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:東京都のインターネット広告代理店10選
参考記事2:インターネット広告代理店17社のおすすめランキング
参考記事3:インターネット広告代理店9選を徹底比較
参考記事4:リスティング広告代理店ランキングTOP10
参考記事5:アプリ広告の代理店10選
 
※ Web広告の最適な予算の決め方を、「Web広告の予算の決め方」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

最後に

本記事では、Web広告の費用について、下記の4点を詳しく解説した。

  1. 13の費用形態
  2. 種類別の費用相場
  3. 費用対効果
  4. 費用を安くする方法

1〜3のじっくり読んだ上で、出稿するWeb広告の費用を決めてほしい。そして、4を実践して、値下げ交渉をしてほしい。

そうすることで、高い費用対効果を得られる。

Pocket
LINEで送る


本記事を読んだあなたへ

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチはインターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。