広告表示オプション|種類別の機能と各媒体の設定方法【完全保存版】

woman-operating-personal-computer-6
Pocket
LINEで送る

あなたは今、リスティング広告の運用設定をしているのだろう。しかし、「広告表示オプションの使い方が分からない」と悩んでいるのではないか?

そう悩むのも無理はない。

下記の3つの理由から、広告表示オプションを完全に理解するのは難しい。

  1. 仕組みが難しい
  2. 媒体によって種類が異なる
  3. 種類が多い

知識・経験がなければ、使い方が分からないのも当然なのだ。

しかし安心してほしい。この記事を読めば、広告表示オプションの全てが分かる。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

※ リスティング広告の概要を知らないのであれば、下記の8つの記事を読んでほしい。そうしないと、本記事を理解できない。
参考記事1:リスティング広告とは
参考記事2:リスティング広告とSEO対策の違い
参考記事3:リスティング広告と相性の良い業種
参考記事4:リスティング広告の目的
参考記事5:Web広告の種類
参考記事6:スマホ広告の種類
参考記事7:ネイティブ広告の種類
参考記事8:ネイティブ広告とは
 
 

目次

1.広告表示オプションとは

広告表示オプションとは、「広告文で伝えられない情報を、広告文の下に補足情報として表示させる機能」のことだ。

例えば、ファッションECサイトの場合、広告表示オプションの一種「サイトリンク表示オプション」を設定することで、下記のような商品の商品ページを複数表示できる。

  • アウター
  • デニム
  • シューズ

多様なユーザーニーズに対応できるようになることから、下記の2つの指標が向上するのだ。

  1. クリック率
  2. コンバージョン率

なお、下記の2つの媒体で設定可能な種類が異なっており、Google広告の方が設定可能な種類が多い。

  • Google広告
  • Yahoo!プロモーション広告

2.広告表示オプションの仕組み

下表の3つの表示条件を満たしたときのみ、広告表示オプションは表示される。

表示条件 説明
広告ランク 広告ランクが一定値を超えたら、広告表示オプションを表示。
広告掲載順位 広告掲載順位が検索結果上部だったら、広告表示オプションを表示。
クリック率 複数の広告表示オプションを設定していた場合は、推定クリック率が最も高くなる組み合わせの広告表示オプションを表示。

ご覧になって分かる通り、表示が確約されていない上に、表示させる広告表示オプションの種類を指定できない。

3.広告表示オプションの種類

広告表示オプションは合計11種類ある。

それぞれ詳しく説明していく。

広告表示オプションの種類1:サイトリンク表示オプション

rincrew-listing-site-link-extensions-1

サイトリンク表示オプションとは、「広告文のリンク先とは別のリンク先を、広告文の下に表示させる機能」のことだ。

Google広告上での名称で、Yahoo!プロモーション広告上では「クイックリンクオプション」と呼ぶ。

ユーザーニーズに沿ったリンク先を複数設置することで、多数のユーザーをWebサイトに誘導できる。

サイトリンク表示オプションの表示要件

サイトリンク表示オプションの表示要件は、下表の通りだ。

上限文字数 半角25文字
掲載に必要な最低設定数 2個
表示数
Google広告 パソコン  :6個
パソコン以外:8個
Yahoo!プロモーション広告 6個
上限設定数 20個

サイトリンク表示オプションの広告ポリシー要件

サイトリンク表示オプションの広告ポリシー要件は、下記の4点だ。

  1. 同じリンクテキストの使用禁止
  2. 複数のサイトリンクから同一URLへのリンクは禁止
  3. 広告文のリンク先と別ドメインのリンク先は使用禁止
  4. 不必要な句読点・記号の使用は禁止

なお、下記の2つの記事で、上記4点を詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

参考記事1:サイトリンク表示オプションの要件|Google広告ポリシーヘルプ
参考記事2:クイックリンクオプション|Yahoo!プロモーション広告ヘルプ

サイトリンク表示オプションと相性が良い業種

サイトリンク表示オプションは、下記のような複数商材を取り扱っている業種と相性が良い。

  • ECサイト
  • 化粧品会社
※ サイトリンク表示オプションの効果的な使い方を、「サイトリンク表示オプション」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

広告表示オプションの種類2:電話番号表示オプション

akase-law-office-listing-telephone-number-extensions-1

電話番号表示オプションとは、「広告文の下に電話番号を表示させる機能」のことだ。

Google広告上での名称で、Yahoo!プロモーション広告上では「電話番号オプション」と呼ぶ。

モバイル端末でタップすると直接電話に繋がることから、モバイルユーザーのコンバージョン数を大幅に増やせる。

電話番号表示オプションの広告ポリシー要件

電話番号表示オプションの広告ポリシーは、下記の3点だ。

  1. 確認可能な電話番号以外は使用禁止
  2. 第三者の電話番号は使用禁止
  3. 海外の電話番号は使用禁止

なお、下記の2つの記事で、上記3点を詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

参考記事1:電話番号表示オプションの要件|Google広告ヘルプ
参考記事2:電話番号オプション|Yahoo!プロモーション広告ヘルプ

電話番号表示オプションと相性が良い業種

電話番号表示オプションは、下表の業種と相性が良い。

業種 具体例
緊急性の高い業種 病院
水道トラブル
電話コンバージョンがメインの業種 飲食店
美容室
 
※ 電話番号表示オプションの効果的な使い方を、「電話番号表示オプション」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

広告表示オプションの種類3:コールアウト表示オプション

vantage-management-listing-call-out-extensions-1

コールアウト表示オプションとは、「広告文の下に補足の説明文を表示させる機能」のことだ。

Google広告上での名称で、Yahoo!プロモーション広告上では「テキスト補足オプション」と呼ぶ。

メリットや特徴を追加で伝えられることから、クリック率の向上を期待できる。

なお、サイトリンク表示オプションとは違って、リンク先を設定できない。

コールアウト表示オプションの表示要件

コールアウト表示オプションの表示要件は、下表の通りだ。

上限文字数 半角25文字
掲載に必要な最低設定数 2個
最大表示数 10個
上限設定数 20個

コールアウト表示オプションの広告ポリシー要件

コールアウト表示オプションの広告ポリシー要件は、下記の3点だ。

  1. 不必要な句読点・記号は仕様禁止
  2. 同一単語の繰り返しは禁止
  3. 商標語句は使用禁止

なお、下記の2つの記事で、上記3点を詳しく説明しているので、ぜひ参照してほしい。

参考記事1:コールアウト表示オプションの要件|Google広告ポリシーヘルプ
参考記事2:テキスト補足オプション|Yahoo!プロモーション広告ヘルプ

コールアウト表示オプションと相性が良い業種

コールアウト表示オプションは、全ての業種と相性が良い。

リスティング広告を出稿するのであれば、必ず設定するべきだろう。

※ コールアウト表示オプションの効果的な使い方を、「コールアウト表示オプション」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

広告表示オプションの種類4:アプリリンク表示オプション

smartnews-listing-app-link-extensions-1

アプリリンク表示オプションとは、「アプリインストールページへのリンク先を表示させる機能」のことだ。

Google広告でのみ使用できる。

下記の2つのデバイスごとのリンク先を設定できて、ユーザーのデバイスに応じたリンク先を自動で表示する。

  • iOS
  • Android

アプリインストールページに直接誘導できることから、アプリインストール数を大幅に増やせる。

アプリリンク表示オプションの表示要件

アプリリンク表示オプションの表示要件は、下表の通りだ。

上限文字数 半角25文字
掲載に必要な最低設定数 1個
表示数 1個

アプリリンク表示オプションの広告ポリシー要件

アプリリンク表示オプションの広告ポリシー要件は、下記の5点だ。

  1. アダルトアプリは使用禁止
  2. データ収集目的のアプリは使用禁止
  3. 犯罪を助長するアプリは使用禁止
  4. 嘘表記のインストールページは使用禁止
  5. 画像品質が低いインストールページは使用禁止

なお、上記5点を「アプリ広告の要件|Google広告ポリシーヘルプ」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

アプリリンク表示オプションと相性が良い業種

アプリリンク表示オプションは、下記のような「アプリ」と「Webサイト」の両方が存在する業種と相性が良い。

  • ECサイト
  • Webメディア

広告表示オプションの種類5:価格表示オプション

vantage-management-listing-price-extensions-1

価格表示オプションとは、「広告文の下に商材ごとの価格を表示させる機能」のことだ。

Google広告でのみ使用できる。

商材の料金ページに直接誘導できることから、購入意欲が高いユーザーの取りこぼしを防げる。

価格表示オプションの表示要件

価格表示オプションの表示要件は、下表の通りだ。

上限文字数
ヘッダー 半角25文字
説明文 半角35文字
掲載に必要な最低設定数 3個
上限設定数 8個

価格表示オプションの広告ポリシー要件

価格表示オプションの主要な広告ポリシー要件は、下記の3点だ。

  1. ヘッダーまたは広告文に価格情報が含まれていたら利用不可
  2. ヘッダーにブランド名以外の語句が含まれていたら利用不可
  3. ヘッダーまたは広告文にプロモーションテキストが含まれていたら利用不可

その他の広告ポリシー要件は、「価格表示オプションの要件|Google広告ポリシーヘルプ」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

価格表示オプションと相性が良い業種

価格表示オプションは、下記の3つの業種と相性が良い。

  1. 店舗ビジネス
  2. 出張型ビジネス
  3. サービス内容が豊富な業種
※ 価格表示オプションの効果的な使い方を、「価格表示オプション」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

広告表示オプションの種類6:住所表示オプション

rincrew-listing-regional-extensions-1

住所表示オプションとは、「広告文の下に店舗の住所を表示させる機能」のことだ。

Google広告でのみ使用できる。

店舗の住所を伝えられることから、目的地が明確なユーザーの取りこぼしを防げる。

なお、住所表示オプションを利用するには、Googleマイビジネスの登録が必要だ。

住所表示オプションの広告ポリシー要件

住所表示オプションの広告ポリシー要件は、「ビジネス所有者の承認を得ていない場合は使用禁止」のみだ。

詳しくは「住所表示オプションの要件|Google広告ポリシーヘルプ」で説明しているので、ぜひ参照してほしい。

住所表示オプションと相性が良い業種

住所表示オプションは、下記のような店舗型ビジネスと相性が良い。

  • 飲食店
  • 治療院
  • 歯科医院
※ 住所表示オプションの効果的な使い方、「住所表示オプション」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。
 
※ リスティング広告の配信地域指定をおこなうことで、住所表示オプションの効果が大幅に上がる。具体的な指定方法を、「リスティング広告の地域指定」で詳しく説明しているので、ぜひ参照してほしい。

広告表示オプションの種類7:メッセージ表示オプション

detective-agency-mr-listing-message-extensions-1

メッセージ表示オプションとは、「広告文の下にSMSの自動送信ボタンを表示させる機能」のことだ。

Google広告でのみ使用できる。

ユーザーと対話ができることから、検討段階のユーザーをコンバージョンに繋げやすくなる。

メッセージ表示オプションの表示要件

メッセージ表示オプションの表示要件は、下表の通りだ。

上限文字数
サービス名 半角25文字
表示テキスト 半角35文字
メッセージテキスト 半角100文字
掲載に必要な最低設定数 1個
表示数 1個

メッセージ表示オプションの広告ポリシー要件

メッセージ表示オプションの広告ポリシー要件は、下記の4点だ。

  1. 国内で無効な電話番号は使用禁止
  2. 返信するまでの時間が長くなると返信不可
  3. 不要なメッセージは返信不可
  4. 財務情報の収集は禁止

なお、上記4点を「メッセージ表示オプションの要件|Google広告ポリシーヘルプ」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

メッセージ表示オプションと相性が良い業種

メッセージ表示オプションは、下記のような高額商材を取り扱う業種と相性が良い。

  • 注文住宅
  • リフォーム
  • 自動車
※ メッセージ表示オプションの効果的な使い方を、「メッセージ表示オプション」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

広告表示オプションの種類8:販売者評価の広告表示オプション

askul-listing-review-extensions-1

販売者評価の広告表示オプションとは、「広告文中にGoogleカスタマーレビューでの利用者からの評価を表示させる機能」のことだ。

Google広告でのみ使用できる。

ユーザーは第三者の評価を信じやすいことから、下記2つの指標の向上を期待できる。

  • クリック率
  • コンバージョン率

販売者評価の広告表示オプションの広告ポリシー要件

販売者評価の広告表示オプションの要件は、下記の2点だ。

  1. レビュー件数100件未満の場合は使用不可
  2. 総合評価が星5個未満の場合は使用不可

なお、上記2点を「販売者評価の広告表示オプションについて|Google広告ヘルプ」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

販売者評価の広告表示オプションと相性が良い業種

販売者評価の表示オプションは、下記のような口コミが大きな影響を及ぼす業種と相性が良い。

  • 店舗型ビジネス
  • ダイエット関連商品販売会社
  • コンサルティングサービス

広告表示オプションの種類9:プロモーション表示オプション

shinagawa-cosmetic-surgery-listing-promotion-extensions-1

プロモーション表示オプションとは、「広告文の下にお買い得情報を表示させる機能」のことだ。

Google広告でのみ使用できる。

「セール」や「キャンペーン」等の告知ができることから、特定期間中のコンバージョン数の大幅に増やせる。

プロモーション表示オプションの表示要件

プロモーション表示オプションの表示要件は、下表の通りだ。

上限文字数 半角20文字
掲載に必要な最低設定数 1個
表示数 1個

プロモーション表示オプションの広告ポリシー要件

プロモーション表示オプションの広告ポリシー要件は、「プロモーション関連以外のテキストは入力不可(ex.商品説明、電話番号)」のみだ。

詳しくは「プロモーション表示オプションの要件|Google広告ポリシーヘルプ」で説明しているので、ぜひ参照してほしい。

プロモーション表示オプションと相性が良い業種

プロモーション表示オプションは、下記のような年中行事に応じたキャンペーンを実施している業種と相性が良い。

  • 飲食店
  • ファッションECサイト

広告表示オプションの種類10:構造化スニペット表示オプション

maverick-listing-structured-snippet-extensions-1

構造化スニペット表示オプションとは、「広告文の下に強調したいテキストを表示させる機能」のことだ。

Google広告上での名称で、Yahoo!プロモーション広告上では「カテゴリ補足オプション」と呼ぶ。

コールアウト表示オプションとは異なり、Google広告が提示した語句から表示させるテキストを選ぶ。

商材の特徴を追加で伝えられるため、クリック率の向上を期待できる。

構造化スニペット表示オプションの表示要件

構造化スニペット表示オプションの表示要件は、下表の通りだ。

上限文字数 半角25文字
掲載に必要な最低設定数 4個
表示数
パソコン 2個
パソコン以外 1個
上限設定数 10個

構造化スニペット表示オプションの広告ポリシー要件

構造化スニペット表示オプションの主要な広告ポリシー要件は、下記の4点だ。

  1. 不必要な記号・句読点は使用禁止
  2. 同一テキストの使用禁止
  3. 1つのテキストに2つ以上の語句を含めるのは禁止
  4. 宣伝文句の使用禁止

その他の広告ポリシー要件は、「構造化スニペット|Google広告ポリシーヘルプ」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

構造化スニペット表示オプションと相性が良い業種

構造化スニペット表示オプションは、下記のような商品・サービスの種類が多い業種と相性が良い。

  • 高級レストラン
  • 資格取得支援予備校
  • 生命保険
※ 構造化スニペット表示オプションの効果的な使い方を、「構造化スニペット表示オプション」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

広告表示オプションの種類11:アフィリエイト住所表示オプション

247workout-listing-aff-extensions-1

アフィリエイト住所表示オプションとは、「広告文の下に自社商材の販売店の住所を表示させる機能」のことだ。

Google広告でのみ使用できる。

スマホユーザーには目的地までの経路を表示できることから、来店数を大幅に増やせる。

アフィリエイト住所表示オプションと相性が良い業種

アフィリエイト住所表示オプションは、下記のような小売店に商品を卸しているメーカーと相性が良い。

  • シューズメーカー
  • スポーツウェアメーカー
  • 家電メーカー

4.広告表示オプションの各媒体の設定方法

下記の2つの媒体によって、広告表示オプションの設定方法が異なる。

  • Google広告
  • Yahoo!プロモーション広告

本記事では、それぞれのやり方を詳しく説明していく。

※ リスティング広告の運用設定方法を、下記の4つの記事で詳しく説明している。そちらの内容を押さえておくことで、本章を理解しやすくなる。ぜひ参照してほしい。
参考記事1:リスティング広告の始め方
参考記事2:リスティング広告のアカウント構成
参考記事3:リスティング広告のキャンペーン
参考記事4:リスティング広告の広告グループ

Google広告の広告表示オプションの設定手順

Google広告の広告表示オプションの設定手順1:管理画面内の「広告と広告表示オプション」を選択後、「広告表示オプション」タブ内の「+」をクリック

google-listing-extensions-setting-procedure-1

Google広告の広告表示オプションの設定手順2:広告表示オプションの種類を選択

google-listing-extensions-setting-procedure-2

Google広告の広告表示オプションの設定手順3:「追加先」と「作成形態」を選択後、必要事項を入力

google-listing-extensions-setting-procedure-3

Google広告の広告表示オプションの設定手順4:「保存」をクリック

google-listing-extensions-setting-procedure-4

Yahoo!プロモーション広告の広告表示オプションの設定方法

Yahoo!プロモーション広告の広告表示オプションの設定手順1:管理画面内の「広告表示オプション」をクリックして、広告表示オプションの種類を選択

yahoo-listing-extensions-setting-procedure-1

Yahoo!プロモーション広告の広告表示オプションの設定手順2:「オプション一覧」タブ内の「+オプション作成・編集」を選択後、「1件ずつ作成」か「一括作成」のいずれかをクリック

yahoo-listing-extensions-setting-procedure-2

Yahoo!プロモーション広告の広告表示オプションの設定手順3:必要事項を入力後、「作成」をクリック

yahoo-listing-extensions-setting-procedure-3

Yahoo!プロモーション広告の広告表示オプションの設定手順4:「関連付け一覧」タブ内の「関連付けの設定・解除」を選択後、「1件ずつ設定」か「一括設定」のいずれかをクリック

yahoo-listing-extensions-setting-procedure-4

Yahoo!プロモーション広告の広告表示オプションの設定手順5:対象のキャンペーン・広告グループを選択後、関連付けるオプションを選択

yahoo-listing-extensions-setting-procedure-5

Yahoo!プロモーション広告の広告表示オプションの設定手順6:配信先デバイスを選択して、「設定」をクリック

yahoo-listing-extensions-setting-procedure-6

5.広告表示オプションの各媒体の成果確認方法

下記の2つの媒体によって、広告表示オプションの成果確認方法が異なる。

  • Google広告
  • Yahoo!プロモーション広告

それぞれのやり方を詳しく説明していく。

Google広告の広告表示オプションの成果確認方法

Google広告の広告表示オプションの成果確認手順1:管理画面内の「広告と広告表示オプション」を選択後、「広告表示オプション」をクリック

google-listing-extensions-results-confirmation-procedure-1

Google広告の広告表示オプションの成果確認手順2:成果を確認

google-listing-extensions-results-confirmation-procedure-2

Yahoo!プロモーション広告の広告表示オプションの成果確認方法

Yahoo!プロモーション広告の広告表示オプションの成果確認手順1:管理画面内の「広告表示オプション」を選択後、「統計情報」をクリック

yahoo-listing-extensions-results-confirmation-procedure-1

Yahoo!プロモーション広告の広告表示オプションの成果確認手順2:成果を確認

yahoo-listing-extensions-results-confirmation-procedure-2
注.写真のアカウントは実験用のアカウントのため、統計情報が載っていない。実際に運用を開始すれば、成果が掲載され始めるので、その点は安心してほしい。

6.広告表示オプション使用時の2のポイント

広告表示オプションを使用するときのポイントが2つある。

それぞれ詳しく説明していく。

※ リスティング広告の成果を上げる基本的な方法を、下記の2つの記事で詳しく説明している。本章で紹介する2のポイントと同時に、そちらの内容を押さえることで、リスティング広告の成果が飛躍的に向上する。ぜひ参照してほしい。
参考記事1:リスティング広告の効果
参考記事2:リスティング広告の運用

広告表示オプション使用時のポイント1:できる限り多くの項目を設定

広告表示オプションを使用するときは、できる限り多くの項目を設定してほしい。

理由は下記の2つだ。

  1. 伝えられる情報が増える
  2. コンバージョン経路が増える

商材に魅力を感じるユーザーが増える上に、コンバージョン意欲が高いユーザーの取りこぼしを防げる。

下記の2つの指標が大幅に向上するため、リスティング広告の成果が上がるのだ。

したがって、広告表示オプションを使用するときは、できる限り多くの項目を設定してほしい。

広告表示オプション使用時のポイント2:媒体によって種類が異なることに注意

広告表示オプションを使用するときは、下記の2つの媒体で設定可能な種類が異なることに注意してほしい。

  • Google広告
  • Yahoo!プロモーション広告

なぜならば、リスティング広告の成果が悪化する恐れがあるからだ。

例えば、広告出稿媒体を変更した場合、一方の媒体の広告表示オプション設定をもう一方の媒体に移行できないため、リスティング広告の表示内容が変わる。結果、成果が悪化してしまう。

こういった事態を防ぐためにも、広告表示オプションを使用するときは、媒体によって種類が異なることに注意してほしいのだ。

※ 広告運用スキルが高いリスティング広告代理店に依頼すれば、広告表示オプションを効果的に使える。下記の5つの記事でおすすめ代理店を紹介しているので、ぜひ参照してほしい。
参考記事1:リスティング広告代理店ランキングTOP10
参考記事2:
リスティング広告の代理店10選
参考記事3:東京都のインターネット広告代理店10選
参考記事4:インターネット広告代理店17社のおすすめランキング
参考記事5:インターネット広告代理店9選を徹底比較

7.広告表示オプションの4の料金発生基準

広告表示オプションの料金発生基準は、下記の4つだ。

  1. クリック1回ごとに料金が発生
  2. 広告文と広告表示オプションでそれぞれ1クリックずつを上限に料金が発生
  3. 「販売者評価の広告表示オプション」がクリックされても料金は発生しない
  4. モバイルで「価格表示オプション」のプルダウンがクリックされても料金は発生しない

ご覧になって分かる通り、広告表示オプションを設定しなかったときのリスティング広告とは料金発生基準が異なる。広告費用が一気に増加する可能性があるため、十分注意してほしい。

※ リスティング広告の料金発生の基本的な仕組みは、下記の5つの記事で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。
参考記事1:リスティング広告の仕組み
参考記事2:リスティング広告の費用
参考記事3:リスティング広告の入札
参考記事4:リスティング広告のクリック単価
参考記事5:広告ランクとは

最後に

本記事では、広告表示オプションを徹底解説した。

解説した内容は、下記の通りだ。

  1. 概要
  2. 仕組み
  3. 種類別の機能
  4. 各媒体の設定方法
  5. 各媒体の成果確認方法
  6. 使用時の2のポイント
  7. 4の料金発生基準

まずは1〜3の内容を確実に理解してほしい。そして、4〜7の内容を参考にして、広告表示オプションを使用してほしい。

そうすることで、リスティング広告の成果は大幅に向上する。

Pocket
LINEで送る


本記事を読んだあなたへ

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチはインターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。