Web広告のKPI設定方法と目標達成するための施策を導き出す方法

business-woman-watch-walk-1
Pocket
LINEで送る

あなたは今、「Web広告のKPIの設定方法が分からない」と悩んでいるのではないか?そして、「KPIを達成するための施策は、どのように導き出せばいいの?」と疑問に思っているのだろう。

そこで本日は、下記の2点を徹底解説していく。

  1. Web広告のKPI設定方法
  2. 目標達成するための施策を導き出す方法

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

1.Web広告におけるKPIとは

Web広告におけるKPIとは、「Web広告でのゴールを達成するために、クリアしなくてはいけない数値化された目標」のことだ。

例えば、「Web広告からの売上を100万円にする」というゴールを設定した場合、下記のような目標がKPIとなる。

  • ROASを200%にする
  • 契約を50件取る
  • 100個販売する

KPIを設定することで、ゴールを達成するためにおこなうべき施策が明確になる。

無駄な施策を取らなくなるため、最短でゴールを達成できるのだ。

※ 全種類のWeb広告を理解していないのであれば、下記5つの記事を読んでほしい。そうすることで、以降の内容を理解しやすくなる。
参考記事1:Web広告の種類
参考記事2:スマホ広告の種類
参考記事3:Web広告のメリット・デメリット
参考記事4:Web広告の仕組み
参考記事5:Web広告の費用

2.Web広告におけるKPIの設定方法

Web広告におけるKPIの設定方法を説明していく。

非常に重要なので、じっくり読んでほしい。

Web広告のKPIを設定するときに役立つ3つの指標

Web広告のKPIを設定するときに役立つ指標を3つ紹介する。

ぜひ参考にしてほしい。

注.あくまで役立つ指標なので、無理に使う必要はない。もし使える機会があったら、使うようにしてほしい。

指標1:CPA

CPAとは、「1コンバージョンを獲得するのにかかった広告費用」のことだ。

下式で計算できる。

「CPA=広告費用の合計÷コンバージョン数」

数値が低いほど、費用対効果が高いということだ。

したがって、CPAを低くすることを目指すべきである。

注.コンバージョン数とは、Web広告における成果を指す。具体的には、「購入数」「問い合わせ数」「資料請求数」のいずれかを指す。

指標2:ROAS

ROASとは、「広告費用の何倍の売上が立ったのか」を示す指標だ。

下式で計算できる。

「ROAS=Web広告経由の売上÷広告費用」

数値が高いほど、費用対効果が高いということだ。

したがって、ROASを高くすることを目指すべきである。

指標3:ROI

ROIとは、「広告費用の何倍の利益が出たのか」を示す指標だ。

下式で計算できる。

「ROI=(Web広告経由の売上−原価−諸経費)÷広告費用」

数値が高いほど、費用対効果が高いということだ。

したがって、ROIを高くすることを目指すべきである。

Web広告のKPIを設定する4の手順

Web広告のKPIを設定する4の手順を説明していく。

ミスがないように、一つ一つ丁寧におこなってほしい。

手順1:Web広告のKGIを設定する

まずは、Web広告のKGIを設定してほしい。

KGIとは、数値化したゴールのことだ。

例えば、売上を増やすことがゴールの場合、「Web広告で1,000万円の売上を作る」といった設定をする。

※ KGIを設定すれば、Web広告の予算を決められる。詳しくは「Web広告の予算の決め方」で説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。

手順2:KGIを達成するために解決すべき課題を考える

KGIを達成するために解決すべき課題を考えてほしい。

Web広告における課題の具体例は、下記の通りだ。

    • バナー広告から問い合わせがこない
    • リスティング広告の運用が上手くいっていない
    • 記事広告で集客できない

このとき、思いつく限りの課題を挙げていってほしい。

※ リスティング広告については、「リスティング広告とは」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
 
※ バナー広告については、下記の4つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告とは
参考記事2:バナー広告のメリット・デメリット
参考記事3:純広告のメリット・デメリット
参考記事4:データフィード広告とは
 
※ 記事広告については、下記の3つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:記事広告とは
参考記事2:記事広告のメリット・デメリット
参考記事3:7種類のネイティブ広告を徹底解説!
 
※ メール広告については、「メール広告とは」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

手順3:課題の解決案を考える

手順2で考えた課題の解決案を考えてほしい。

例えば、「バナー広告から問い合わせがこない」という課題がある場合、下記の解決案が考えられる。

  • クリック率を上げる
  • コンバージョン率を上げる
  • インプレッション数を増やす

このとき、課題が生じている原因を探して、その原因を解消する策を出せば、効率よく解決案を挙げられる。

※ バナー広告のクリック率を上げるのに役立つ情報を、下記の2つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告のクリック率を上げる13のコツ
参考記事2:バナー広告の平均クリック率

手順4:解決案を数値化する

手順3で考えた解決案を数値化してほしい。

例えば、手順3の例を数値化した場合、下記の通りになる。

  • クリック率を上げる→クリック率を3%にする
  • コンバージョン率を上げる→コンバージョン率を10%にする
  • インプレッション数を増やす→月間インプレッション数を10万にする

このように数値化された解決案がWeb広告のKPIである。

Web広告でKPIを設定するときの3のポイント

Web広告でKPIを設定するときには、3つのポイントがある。

必ず守ってほしい。

ポイント1:達成可能なKPIを設定する

現実的に達成可能なKPIを設定してほしい。

なぜなら、モチベーションが上がらないからだ。

例えば、「クリック率が10%以上のバナーを作る」といった達成不可能なKPIを設定すると、「絶対に無理」と思ってしまうため、モチベーションが上がらない。行動を起こす気すら失せるため、低めのKPIを設定したときよりも、クリック率は向上しない。

したがって、現実的に達成可能なKPIを設定してほしい。

ポイント2:KPIに優先順位をつける

KPIに優先順位をつけてほしい。

なぜならば、KPIを全て達成することは、時間的に不可能だからだ。(充てる人数が多いなら別だが)

効果が大きい順に、優先順位をつけてほしい。

ポイント3:見落としがないか確認する

「課題」または「解決案」を考えるとき、見落としがないか確認してほしい。

見落としがあったら、KPIを達成できない。後々見つかったとしても、その分達成が遅れてしまう。

そのため、見落としがないか入念に確認してほしい。

3.Web広告でKPIを達成するための施策を導き出す3の手順

Web広告でKPIを達成するための施策を導き出す3つの手順を説明する。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

※ リスティング広告のKPIを達成するための施策を導き出す方法を知りたいのであれば、「リスティング広告の目的」を読んでほしい。そちらの方が詳しく説明している。

手順1:Web広告のKPIを達成するための方法を考える

Web広告のKPIを達成するための方法を考えてほしい。

例えば、「クリック率を3%にする」というKPIを達成するための方法は、下記の通りだ。

  • ユーザー層がターゲット層に近い媒体に広告を出す
  • クリック率が高い広告掲載箇所に変える
  • 人の目を引くバナーデザインにする

これらをおこなうことで、KPIを達成できる。

手順2:最小KPIを設定する

手順1で挙げた方法を数値化してほしい。

例えば、手順1の例を数値化すると、下記の通りだ。

  • ユーザー層がターゲット層に近い媒体に広告を出す→ユーザー層の80%が貴社のターゲット層と被っている媒体に広告を出す。
  • クリック率が高い広告掲載箇所に変える→平均クリック率が1%以上の箇所に広告を掲載する
  • 人の目を引くバナーデザインにする→100人アンケートを取って、90人以上が「興味をそそる」と答えるバナーを作る

このように数値化された方法を、最小KPIと呼ぶ

手順3:最小KPIを達成するための具体的行動を考える

手順2で挙げた最小KPIを達成するための具体的行動を考えてほしい。

例えば、「100人アンケートを取って、90人以上が『興味をそそる』と答えるバナーを作る」という最小KPIを達成するための具体的行動は、下記の通りだ。

  • 赤色を使う
  • キャッチコピーを変える
  • 女性の写真を入れる

こうすることで、KPIを達成するための施策が導き出せる。

※ バナーデザインを決めるときに役立つサイトは、「広告バナーのデザインサイトまとめ」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

4.Web広告でKPIを達成するための改善案を導き出す方法

最小KPIを達成するための具体的行動をおこなっていても、KPIが達成に近づいていかないときがある。

そのときの改善案を導き出す方法を、3つ紹介する。

方法1:その他の具体的行動がないか考える

最小KPIを達成するための具体的行動を見落としているケースがある。

見落としがないかを確認して、もし見落としがあれば、新たな具体的行動をおこなってほしい。

方法2:別の最小KPIを達成する

現在達成しようとしている最小KPIが、KPIと連動していないケースがある。

本当に連動しているのかを検証して、もし連動していないのであれば、別の最小KPIを達成してほしい。

方法3:その他の最小KPIがないか考える

最小KPIを見落としているケースがある。

他にKPIと連動している最小KPIはないかを考えて、もし見落としがあったら、新たな最小KPIを達成してほしい。

※ 改善案を導き出すときに役立つ情報を、下記の26個の記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:Web広告の費用対効果の上げ方
参考記事2:Web広告の効果測定方法
参考記事3:Web広告のおすすめ媒体24選
参考記事4:純広告の料金の抑え方
参考記事5:リスティング広告の効果の上げ方
参考記事6:リスティング広告の運用成果の上げ方
参考記事7:リスティング広告のキーワード選定方法
参考記事8:品質スコアの改善方法
参考記事9:リスティング広告のクリック単価の抑え方
参考記事10:バナー広告の効果の上げ方
参考記事11:バナー広告の料金の抑え方
参考記事12:バナー広告の事例20選
参考記事13:記事広告の効果の上げ方
参考記事14:記事広告の料金の抑え方
参考記事15:直接CVが増える記事広告の書き方
参考記事16:記事広告の事例23選
参考記事17:メール広告の料金の抑え方
参考記事18:メール広告の媒体20選
参考記事19:ネイティブ広告の効果の上げ方
参考記事20:インフィード広告の効果の上げ方
参考記事21:インフィード広告の費用の抑え方
参考記事22:インフィード広告の事例20選
参考記事23:インフィード広告の媒体20選
参考記事24:アプリ広告の費用の抑え方
参考記事25:レコメンドウィジェット広告の媒体12選を徹底比較
参考記事26:Web広告の勉強に役立つサイト15選

5.Web広告のKPIを全て達成したのにKGIが達成できていないときの対策

Web広告のKPIを全て達成したのに、KGIが達成できていないときの対策は、「Web広告以外の手法を組み合わせる」ということだ。

所詮、Web広告は集客ツールの一つだ。

下記のような手法でも、KGIは達成できる。

  • SEO
  • SNS運用
  • メルマガ
  • メディア露出
  • テレアポ
  • 飛び込み営業

思い切って、その他の手法を取り組んで、KGIを達成してほしい。

最後に

本日は、大きく分けて下記の2つを説明した。

  1. Web広告のKPI設定方法
  2. Web広告のKPIを達成するための方法

KPIを設定しただけでは、何も意味はない。必ず具体的行動まで落とし込んで、実際に行動を起こしてほしい。

そうすることで、KPIを達成していって、最終的には貴社が目指しているゴールを達成できる。

弊社はインターネット広告代理店です。

ヒアリングをした上で、貴社に最適なWeb広告のプランを提案致します。

ご質問・ご相談は無料ですので、「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお気軽にお問い合わせください。

また、おすすめの代理店を下記の4つの記事で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

参考記事1:インターネット広告代理店17社のおすすめランキング
参考記事2:
インターネット広告代理店9選を徹底比較
参考記事3:東京都のインターネット広告代理店10選
参考記事4:アプリ広告の代理店10選

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。