インフィード広告とは?これを読めば全てが分かる!【完全ガイド】

business-persons-watch-tablet-1
Pocket
LINEで送る

あなたは今、「インフィード広告とは?」と疑問に思っているのだろう。

そう思うのも無理はない。

なぜならば、近年急速に普及した広告手法だからだ。最新情報に敏感な人ならまだしも、普通の人は知らなくて当然だ。

しかし安心してほしい。本記事を最後まで読めば、インフィード広告の全てが分かる。

じっくり読んで、今後のWebマーケティングに役立ててほしい。

目次

1.インフィード広告とは

trendchaser-twitter-infeed-content-2

インフィード広告とは、「『SNS』や『ニュースサイト』のタイムライン内に掲載される広告」のことだ。

分かりやすい例では、TwitterやFacebookで「プロモーション(または広告)」と表記されている投稿のことを指す。

下記のいずれかの形式が一般的である。

  • テキストのみ
  • テキスト+写真

通常コンテンツと同じ仕様になっているため、その他広告に比べ、広告色が薄い。

※ インフィード広告については、下記の4つの記事でも紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:ネイティブ広告とは
参考記事2:7種類のネイティブ広告を徹底解説!
参考記事3:スマホ広告の種類
参考記事4:アプリ広告とは

2.インフィード広告とネイティブ広告の違い

インフィード広告は、ネイティブ広告と一緒にされる。

しかし、厳密に言えば少し違う。

ネイティブ広告とは、「通常コンテンツに自然に溶け込んだ全て広告」のことだ。

つまり、インフィード広告は、ネイティブ広告の一種なのである。

3.インフィード広告はYahoo!トップページのタイムライン化がキッカケで広まった

インフィード広告が近年急速に普及理由は、2015年4月にスマホ版Yahoo!トップページがタイムライン化したからだ。

gnavi-yahoo-toppage-infeed-content-1

それに伴って、インフィード広告の掲載を開始した。

月間ユーザー数が6,600万人もいることから、認知度が一気に向上して、インフィード広告を出稿する企業が増加した。

4.インフィード広告の種類

インフィード広告は、大きく分けて3種類ある。

それぞれ詳しく説明していく。

インフィード広告の種類1:ネットワーク型インフィード広告

ネットワーク型インフィード広告とは、「ネットワークに加盟している複数の媒体にするインフィード広告」のことだ。

分りやすく言えば、GDNやYDNのインフィード広告版である。

ターゲティングが可能で、細かな運用管理が必要だ。

インフィード広告の種類2:運用型インフィード広告

運用型インフィード広告とは、「ある特定の媒体で運用するインフィード広告」のことだ。

SNS広告やGunosy広告が該当する。

ターゲティングが可能で、細かな運用管理が必要である。

インフィード広告の種類3:純広告型インフィード広告

純広告型インフィード広告とは、「ある特定の媒体の広告枠を買い取って、広告物を掲載するインフィード広告」のことだ。

分かりやすく言えば、純広告のインフィード広告版である。

ターゲティングができないため、細かな運用管理は必要ない。しかし、成果を得るためには、入念な媒体選びが必要である。

※ 純広告については、「純広告とは」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

5.インフィード広告の4のメリット

インフィード広告には、4つのメリットがある。

それぞれ詳しく説明していく。

インフィード広告のメリット1:クリック単価が安い

インフィード広告が普及したのは、ここ2〜3年だ。

リスティング広告等の定番の広告手法に比べ、実施している企業が圧倒的に少ない。

競合性が低いため、クリック単価が安いのだ。

インフィード広告のメリット2:クリック率が高い

インフィード広告に慣れているユーザーは、まだまだ少ない。また、通常コンテンツと同じ仕様になっているため、広告色が極めて薄い。

拒絶反応を示すユーザーが少ないため、クリック率が高いのだ。

インフィード広告のメリット3:コンバージョン率が高い

インフィード広告をクリックしたユーザーは、通常コンテンツだと思って、ランディングページを読む。

文章の信憑性が増すため、コンバージョン率が高いのだ。

インフィード広告のメリット4:間接効果が高い

インフィード広告はランディングページの文章の信憑性が高いため、広告を見たユーザーの多くがサービスに興味を抱く。

そして、そういったユーザーは、下記のような情報をネット検索する。

  • 他社比較
  • 活用事例
  • 口コミ

「リスティング広告」や「過去に掲載した記事広告」といった、その他Web広告の広告効果が高くなるのだ。

6.インフィード広告の3のデメリット

インフィード広告には、3つのデメリットがある。

それぞれ詳しく説明していく。

インフィード広告のデメリット1:評判が下がる

インフィード広告をクリックした後に、広告だと気付いたユーザーは、嫌悪感を抱く。

一定数のユーザーは嫌悪感を引きずってしまうため、その分評判が下がるのだ。

インフィード広告のデメリット2:複数のランディングページが必要

インフィード広告で成果を出すためには、媒体の仕様に適したランディングページを用意しなくてはいけない。

複数媒体に掲載する場合、同等数のランディングページが必要になる。

インフィード広告のデメリット3:運用管理コストが高い

インフィード広告で成果を出すためには、ターゲティングの精度を高めなくてはいけない。

膨大な検証改善が必要になるため、運用管理コストが非常に高い。

※ インフィード広告のメリット・デメリットは、「インフィード広告のメリット・デメリット」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

7.インフィード広告のおすすめ媒体13選

インフィード広告のおすすめ媒体は、下表の13個だ。

媒体
説明
ネットワーク型
logly lift
月間インプレッション数2,750億回の世界最大のネットワーク型ネイティブ広告の媒体だ。
popIn
月間インプレッション数6億回のネットワーク型ネイティブ広告の媒体だ。台湾や韓国といったアジア圏にも配信が可能である。
Taboola
月間リーチ数10億人の世界最大級のネットワーク型ネイティブ広告の媒体だ。
AkaNe
GMOグループが提供している国内最大級のネットワーク型広告の媒体だ。
運用型
Twitter
月間アクティブユーザー数3.35億人のSNSだ。20〜30代のユーザーが主に利用している。
Facebook
月間アクティブユーザー数2.4億人のSNSだ。30〜40代の男性が主に利用している。
LinkedIn 月間アクティブユーザー数1億人のビジネスSNSだ。30〜40代のビジネスマンが主に利用している。
Instagram 月間アクティブユーザー数10億人のSNSだ。10〜20代女性が主に利用している。
TikTok 月間アクティブユーザー数5億人のSNSだ。10〜20代の男女が主に利用している。
参考:TikTok広告とは
参考:TikTok Ads
LINE
国内アクティブユーザー数8,000万人のチャットアプリだ。年齢・性別問わず、幅広い層が離床している。
Yahoo!トップページ
月間ユーザー数6,600万人の国内最大のニュースサイト
Gunosy
累計4,000万ダウンロードのニュースアプリ
純広告型
livedoor NEWS
月間6,000万PVの総合ニュースサイト
 
※ インフィード広告のおすすめ媒体を、下記の3つの記事でも紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:インフィード広告の媒体20選
参考記事2:ネイティブ広告の媒体20選
参考記事3:Web広告のおすすめ媒体24選

8.インフィード広告の費用

インフィード広告の費用について、詳しく説明していく。

インフィード広告の費用形態

インフィード広告の費用形態は、下記の通りだ。

費用形態 説明
インプレッション課金型 インプレッションごとに料金が発生する形態。
クリック課金型 クリックごとに料金が発生する形態。
エンゲージメント課金型 SNS広告で、「フォロー」「シェア」といった行動をユーザーが起こすたびに、料金が発生する形態。
期間契約型 契約期間に応じて料金が発生する形態。純広告型で用いられる。
 
※ 上記3つの費用形態については、「Web広告の費用」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

インフィード広告の費用相場

インフィード広告の費用相場は、下表の通りだ。

媒体の種類
費用相場
SNS
50〜300円/エンゲージメント
ネットワーク型
インプレッション課金型
400〜800円/1,000imp
クリック課金型
20〜60円/クリック
純広告型
契約期間中の想定クリック数×10〜50円
 
※ インフィード広告の費用については、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:インフィード広告の費用
参考記事2:ネイティブ広告の料金
 
※ インフィード広告の最適な予算の決め方を、「Web広告の予算の決め方」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

9.インフィード広告の3の事例

効果が高かったインフィード広告の事例を3つ紹介していく。

インフィード広告の事例1:おうちホームステイ

ouchihomestay-yahoo-toppage-infeed-content-2掲載先:Yahoo!トップページ
LPおうちホームステイのランディングページ

スマホ版Yahoo!トップページに掲載された、オンライン英会話「おうちステイ」のインフィード広告だ。

「TOEIC271点だった私が7日で3倍に」というタイトルにして、ユーザーの興味を引いている。また、ランディングページを漫画にすることで、広告色を消しながら、サービスを紹介できている。

高い広告効果を得られただろう。

インフィード広告の事例2:楽天モバイル

rakutenmobile-gunosy-infeed-content-1掲載先:Gunosy
LP楽天モバイルのランディングページ

Gunosyに掲載された楽天モバイルのインフィード広告だ。

「携帯会社を乗り換えた結果」という文言をタイトルにして、ユーザーの好奇心を刺激している。

ランディングページでは、実験した人の顔写真を載せて、文章の説得力を強くしている。

高い広告効果を得られただろう。

インフィード広告の事例3:株式会社ラクス

rakus-livedoor-news-infeed-text-1掲載先:livedoor NEWS
LP株式会社ラクスのランディングページ

livedoor NEWSに掲載された株式会社ラクスのインフィード広告だ。

芸能人を起用することで、ユーザーの興味を引いている。また、通常コンテンツと同じようなタイトルを付けて、広告色を消している。

ランディングページが対話形式になっているため、非常に読みやすい。

高い広告効果を得られただろう。

※ 効果が高かったインフィード広告の事例を、下記の2つの記事で大量に紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:インフィード広告の事例20選
参考記事2:ネイティブ広告の事例20選

10.インフィード広告で成果を出すために押さえるべき5のポイント

インフィード広告で成果を出すために押さえなくてはいけないポイントが5つある。

それぞれ詳しく説明していく。

インフィード広告で成果を出すために押さえるべきポイント1:ユーザーニーズに合わせる

媒体に訪れるユーザーは、有益な情報を求めている。売り込み色が強いインフィード広告を掲載したところで、成果は得られない。

ユーザーニーズに合うように、ランディングページで役に立つ情報を発信する必要がある。

※ 成果が出る記事LPの書き方を、「記事広告の書き方」で説明している。ぜひ参考にしてほしい。

インフィード広告で成果を出すために押さえるべきポイント2:魅力的なタイトルを付ける

媒体の通常コンテンツには、魅力的なタイトルが付けられている。そのため、平凡なタイトルを付けてしまうと、クリックすら得られない。

良い成果を出すためには、通常コンテンツのキャッチコピーを上回るほどの、魅力的なキャッチコピーを付けなくてはいけない。

※ 魅力的なタイトルのつけ方は、バズ部の「タイトルのつけ方」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

インフィード広告で成果を出すために押さえるべきポイント3:ターゲティングの精度が重要

貴社のターゲットに適したユーザーに広告を届けなければ、満足のいく成果は得られない。広告費用と労力の両方が無駄になるため、むしろ赤字になってしまう。

そういった事態を回避して、良い成果を出すためにも、ターゲティングの精度を高める必要がある。

インフィード広告で成果を出すために押さえるべきポイント4:継続アプローチを実施

インフィード広告をクリックするユーザーは、情報収集をしているユーザーだ。

サービスのニーズが顕在化していないため、質の高いランディングページを作成したところで、大半はコンバージョンしない。

しかし、興味喚起はできているため、「メルマガ」や「LINE@」で継続フォローをすることで、効率的にコンバージョンを得られる。

結果、費用対効果が一気に高くなるのだ。

インフィード広告で成果を出すために押さえるべきポイント5:全体の広告効果で考える

「4.インフィード広告の4のメリット」で説明した通り、インフィード広告は間接効果が高い。直接コンバージョンが生まれなかったとしても、その他広告でコンバージョンが生まれる。

インフィード広告単体の成果だけで改善案を実施すると、全体の広告効果が落ちてしまう可能性がある。

そういった事態を回避するためにも、全体の広告効果を考えてほしい。

※ インフィード広告の効果を上げる方法を、下記の4つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:インフィード広告の効果の上げ方
参考記事2:ネイティブ広告の効果の上げ方
参考記事3:Web広告の効果の上げ方
参考記事4:Web広告の費用対効果の上げ方

11.インフィード広告の効果的な活用方法3選

インフィード広告の効果的な活用方法を3つ紹介する。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

インフィード広告の効果的な活用方法1:リスティング広告と組み合わせる

繰り返しになるが、インフィード広告は間接効果が高い。

特にリスティング広告との相性は抜群だ。

なぜならば、ランディングページを見て、サービスに興味を持った人は、下記のような情報を検索するからだ。

  • 活用事例
  • 他社比較

こういった情報を調べるキーワードにリスティング広告を出稿しておくことで、効率的にコンバージョンを獲得できる。(参考:リスティング広告のコンバージョン率

現に、CPAが2/5になった事例もある。

※ インフィード広告とリスティング広告を組み合わせると、リスティング広告の出稿費用が安くなる。「リスティング広告の費用」で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。

インフィード広告の効果的な活用方法2:SNS運用をおこなう

インフィード広告は、SNSとも相性が良い。

なぜならば、サービスに興味を持った人の中で、SNSで口コミを調べる人が一定数存在するからだ。

SNS運用をしておくことで、そういった人たちをファンにできる。

すぐにコンバージョンが生まれなかったとしても、いずれコンバージョンが生まれる。

長期的な費用対効果が非常に高くなるのだ。

インフィード広告の効果的な活用方法3:オウンドメディアと組み合わせる

インフィード広告をクリックした人の中には、「コンバージョンの一歩手前まで、興味を抱いた」という人が一定数存在する。

そういった人たちをオウンドメディアに誘導することで、最後の一押しができる。結果、コンバージョン数を効率的に増やせるのだ。

12.インフィード広告の展望

インフィード広告の今後の展望を説明していく。

インフィード広告の展望1:メジャーな広告手法になる

2018年10月にGoogleアドセンスで、インフィード広告を掲載できるようになった。Googleが本格的に乗り出したことで、今まで以上に認知度が向上する。

また、下記の2つが原因で、既存の広告手法では、広告主が望む広告効果を得られていない。

  • ユーザーが慣れている
  • 広告単価が高止まりしている

今後、インフィード広告に充てる予算を企業が増やすため、メジャーな広告手法になるだろう。

インフィード広告の展望2:動画広告に対応する

2019年現在、動画広告の市場が急成長していて、今後も伸び続けるだろう。

それに伴って、動画広告仕様の媒体が増えることから、いずれインフィード広告も動画広告に対応する。

最後に

インフィード広告は、広告効果が高い広告手法の一つだ。

しかし、普通に広告を出すだけでは、良い成果を得られない。

本記事で説明した下記の2つをおこないながら、インフィード広告を出稿してほしい。

  • 成果を出すために押さえるべき5のポイント
  • 効果的な活用方法3選

そうすることで、貴社の満足のいく成果を得られる。

弊社はインターネット広告代理店です。

ヒアリングをした上で、貴社に最適なインフィード広告のプランを提案致します。同時に、成果が出るクリエイティブを作成致します。

ご質問・ご相談は無料ですので、「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお気軽にお問い合わせください。

また、おすすめの代理店を下記の4つの記事で紹介しています。ぜひ参照してください。

参考記事1:インターネット広告代理店17社のおすすめランキング
参考記事2:インターネット広告代理店9選を徹底比較
参考記事3:東京都のインターネット広告代理店10選
参考記事4:アプリ広告の代理店10選

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。