TikTok広告代理店|結果を出せるおすすめ10社【最新2020年版】

recommended-tiktokad-10agencies-1
Pocket
LINEで送る

あなたは今、TikTok広告の出稿を検討しているのだろう。しかし、「良い代理店を知らない」と悩んでいるのではないか?

そう悩むのも無理はない。

リリースされて間もないことから、TikTok広告を取り扱っている代理店は少ない。また、実績豊富な会社が存在しないため、良し悪しを判断できない。

良い代理店を見つけられないのは当然だ。

しかし安心してほしい。この記事を読めば、貴社に最適な代理店が見つかる。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

1.TikTok広告代理店を探す前にやっておくべき5のこと

TikTok広告代理店を探す前にやっておくべきことが5つある。

それぞれ詳しく説明していく。

TikTok広告代理店を探す前にやっておくべきこと1:商材との相性を見分ける

貴社商材とTikTok広告の相性が悪ければ、高い広告効果を見込めない。

代理店に連絡をするだけ時間の無駄だ。誤って出稿してしまった場合は、多大な損失を被ってしまう。

そういった事態を回避するためにも、TikTok広告代理店を探す前に、商材との相性を見分けておかなくてはいけない。

商材との相性の見分け方は、下表の通りだ。

ぜひ参考にしてほしい。

TikTok広告との相性 商材
良い 5万円未満のBtoC商材
具体例
1.美容品
2.音楽・コンサート
3.アプリ
悪い 高単価のBtoC商材
具体例
1.投資用不動産
2.生命保険
BtoB商材全般
具体例
1.事業保険
2.SaaS

TikTok広告代理店を探す前にやっておくべきこと2:全種類の広告メニューを把握

TikTokの広告メニューは4種類あり、それぞれ機能が異なる。

広告メニュー 概要
純広告 ハッシュタグチャレンジ 特定のハッシュタグを広める広告のこと。4種類の中で最も人気のメニュー。
参考:ハッシュタグチャレンジとは
起動画面広告 起動時に表示させる広告のこと。認知度向上効果が高い。
インフィード広告 おすすめ投稿内に表示させる広告のこと。コンバージョン率が最も高い。
参考:インフィード広告とは
運用型広告 TikTok Ads TikTokの運用型広告のプラットフォーム。おすすめ投稿内に広告配信が可能。「BuzzVideo」と「TopBuzz」の2つにも対応。
参考:TikTokの運用型広告「TikTok Ads」とは

一から説明を受けると、膨大な時間がかかってしまう。

スムーズに広告出稿するためにも、TikTok広告代理店を探す前に、全種類の広告メニューを把握しておく必要がある。

全種類の広告メニューの概要は、「TikTok広告」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

注.純広告とは、買い切り型の広告のことだ。詳しくは「純広告とは」で説明しているので、ぜひそちらを参照してほしい。

TikTok広告代理店を探す前にやっておくべきこと3:出稿する広告メニューを大まかに決定

TikTok広告代理店によって、取り扱っている広告メニューが異なる。

出稿する広告メニューを事前に決めておくことで、検討先を絞れるため、代理店選びを効率化できるのだ。

ただし、別の広告メニューの方が効果的な可能性があることから、詳細に決める必要はない。

TikTok広告代理店を探す前にやっておくべきこと4:目標設定

TikTok広告で達成したい目標によって、下記の2つが異なる。

  • 最適な広告メニュー
  • プロモーション方法

あらかじめ目標設定しておけば、代理店担当者が最適な提案書を作成できるため、目標達成確率が上がるのだ。

目標設定方法は「Web広告のKPI設定方法」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

TikTok広告代理店を探す前にやっておくべきこと5:予算を決定

TikTok広告はメニューによって、料金が異なる。

事前に予算を決めておくことで、代理店担当者からの無駄な説明を減らせるため、広告出稿までの期間を短縮できるのだ。

広告メニューごとの料金は、「TikTok広告の費用」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

予算の決め方は、「Web広告の予算」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

2.TikTok広告代理店おすすめ10社

TikTok広告代理店のおすすめ10社を紹介していく。

じっくり読んで、貴社に合う会社を見つけてほしい。

TikTok広告代理店おすすめ4社【純広告・運用型広告をどちらも取り扱い】

「純広告」と「運用型広告」両方のTikTok広告を取り扱っている代理店を4社紹介していく。

ぜひ参考にしてほしい。

TikTok広告代理店1:合同会社ビーエイチ

合同会社ビーエイチの会社HPトップページ

合同会社ビーエイチは、2017年に設立されたインターネット広告代理店だ。

TikTok広告だけでなく、リスティング広告や記事広告等の全てのWeb広告を取り扱っている。

経験豊富な担当者が多数在籍しており、提案力・企画力・運用力全てにおいて業界トップレベルだ。

また、SEO対策やSNS運用等のWebマーケティング施策に一通り対応できる。

月間予算30万円以上の案件から依頼が可能で、零細企業〜大企業まで幅広い企業が利用している。

「複数のWebマーケティング施策を絡めて、TikTok広告の効果を増大させたい」という会社におすすめだ。

合同会社ビーエイチは、当メディアが最もおすすめする代理店だ。運営ブログ「Adell」の公式LINEでは、最新のWebマーケティングノウハウを無料で収集できる。「Adell公式LINEの登録ページ」から登録できる。大変役に立つので、ご興味があるのであれば、ぜひ一度登録してみてほしい。

会社名 合同会社ビーエイチ
所在地 東京都品川区中延5-4-15
代表者 宮井 祥
設立 2017年2月15日
事業内容 1.Webコンサルティング
2.インターネット広告代理事業
3.各種Webマーケティング施策実行事業
ホームページ https://bhllc.co.jp/
公式LINE 合同会社ビーエイチの公式LINE登録ページ

TikTok広告代理店2:株式会社セプテーニ

株式会社セプテーニの会社HPトップページ

株式会社セプテーニは、4大インターネット広告代理店の一つだ。

SNS広告全般に強く、2019年には国内売上高がNo.1になった。

リリース直後からTikTok広告の取り扱いを始めているため、実績は国内トップクラスだ。

一通りのWebマーケティング施策に対応している。ただし、注力していないため、質の高いサービスは見込めない。

500万円以上の案件を中心に受け付けていて、中堅企業〜大企業が主に利用している。

「TikTok広告を含むSNS広告全般を一社に任せたい」という会社におすすめだ。

会社名 株式会社セプテーニ
所在地 東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー28F
代表者 清水 雄介
設立 2006年10月
事業内容 インターネット広告事業
ホームページ https://www.septeni.co.jp/

TikTok広告代理店3:株式会社サイバー・コミュニケーションズ

株式会社サイバー・コミュニケーションズの会社HPトップページ

株式会社サイバー・コミュニケーションズは、電通子会社のインターネット広告代理店だ。

コンサルティング能力が高く、クライアントから高い評価を得ている。

TikTok広告の取り扱いを国内で最も早く始めたため、累計受注件数は国内トップだ。

多数の関連企業と連携を取ることで、一通りのWebマーケティング施策に対応している。

1,000万円以上の案件を中心に受け付けている。

関連企業からの紹介が多いことから、大企業のクライアントが大半を占める。

「『TikTok広告』と『マス広告』を同時に出稿したい」という会社におすすめだ。

会社名 株式会社サイバー・コミュニケーションズ
所在地 東京都中央区築地1-13-1 築地松竹ビル
代表者 新澤 明男
設立 1996年6月5日
事業内容 1.インターネットや商用オンライン・サービスなどのネットワーク上の広告
2.広告の提案、企画、制作、運営
3.広告スペースの購入、販売
ホームページ https://www.cci.co.jp/

TikTok広告代理店4:株式会社マージェリック

株式会社マージェリックの会社HPトップページ

株式会社マージェリックは、日本最大級のECコンサルティング会社だ。

楽天市場出店のコンサルティングに強く、国内トップクラスの実績を誇る。

ECサイト向けにTikTok広告代理店の活動をしていて、特に運用型広告「TikTok Ads」の販売に注力している。

多数のWebマーケティング関連企業と提携することで、幅広いWebマーケティン施策に対応している。ただし、強く力を入れていないため、高い効果は期待できない。

月間予算50万円以上の案件から依頼可能で、零細企業〜大企業まで幅広い会社が利用している。

「ECサイトのプロモーションにTikTok広告を使いたい」という会社におすすめだ。

会社名 株式会社マージェリック
所在地 東京都港区新橋1-12-9 A-PLACE新橋駅前6F
代表者 嶋 泰宣
設立 2013年9月17日
事業内容 1.WEBデザイン
2.EC運営サポート
3.システム開発
4.アプリ開発、
5.自社サービス開発
ホームページ https://mergerick.com/

TikTok広告代理店おすすめ2社【純広告のみを取り扱い】

TikTokの純広告のみを取り扱っている代理店を2社紹介していく。

ぜひ参考にしてほしい。

TikTok広告代理店5:株式会社ベクトル

株式会社ベクトルの会社HPトップページ

株式会社ベクトルは、日本最大のPR会社だ。

「戦略PR」と「WebPR」の2つに強く、10年以上連続で売上高が業界トップだ。

クライアントへの提案の幅を広げるために、TikTok広告代理店をしている。

その他Webマーケティング施策には対応していない。

予算1,000万円以上の案件を中心に受け付けていて、中小企業〜大企業が主に利用している。

「TikTok広告を用いてPR活動したい」という会社におすすめだ。

会社名 株式会社ベクトル
所在地 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ18F
代表者 西江 肇司
設立 1993年3月30日
事業内容 1.PR企画立案及び実施
2.PR業務代行・コンサルティング
3.ブランディング業務
4.IRコミュニケーション
5.キャスティング
6.リスクマネジメント業務
7.マーケティングリサーチ業務
8.イベントの企画/実施
9.SNSコミュニケーション
10.マーケティング
ホームページ https://vectorinc.co.jp/

TikTok広告代理店6:株式会社N.D.Promotion

株式会社N.D.Promotionの会社HPトップページ

株式会社N.D.Promotionは、インフルエンサー起用に強いプロモーション会社だ。

フォロワー数100万人以上のインフルエンサーのネットワークを保有しており、起用実績は国内トップクラスだ。

ハッシュタグチャレンジの受注件数が多く、大手のTikTok広告代理店以上にノウハウを持っている。

その他Webマーケティング施策には対応していない。

予算1,000万円以上の案件を中心に受け付けていて、大企業が主に利用している

「TikTok広告にインフルエンサーを起用したい」という会社におすすめだ。

会社名 株式会社N.D.Promotion
所在地 東京都渋谷区渋谷1-7-1 渋谷S-6ビル3F
代表者 金丸 雄一
設立 2012年10月
事業内容 1.プロモーション事業
2.芸能事務所(モデルマネジメント)
3.メディア事業
4.キャスティング
5.広告代理業
6.クリエイティブ制作事業(映像・スチール)
7.主にF1層をターゲットとしたプランニング事業
ホームページ https://www.ndpromotion.co.jp/

TikTok広告代理店おすすめ4社【運用型広告のみを取り扱い】

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」のみを取り扱っている代理店を2社紹介していく。

ぜひ参考にしてほしい。

TikTok広告代理店7:バリュークリエーション株式会社

バリュークリエーション株式会社の会社HPトップページ

バリュークリエーション株式会社は、運用型広告を中心に取り扱っているインターネット広告代理店だ。

メジャーなWeb広告はもちろんのこと、「Cirqua」といったニッチなWeb広告にも対応している。

リリース直後から運用型広告「TikTok Ads」の取り扱いを始めており、大量のノウハウを蓄積している。

SEO対策にのみ対応している。

月間予算30万円以上の案件から依頼可能で、零細企業〜中小企業が主に利用している。

「TikTok Adsを少額から始めたい」という会社におすすめだ。

会社名 バリュークリエーション株式会社
所在地 東京都渋谷区恵比寿1-21-10 えびすアシスト4階
代表者 新谷 晃人
設立 2008年4月1日
事業内容 1.デジタルマーケティング事業
2.メディア事業
ホームページ https://value-creation.jp/

TikTok広告代理店8:株式会社グラッドキューブ

株式会社グラッドキューブの会社HPトップページ

株式会社グラッドキューブは、大阪が本社のインターネット広告代理店だ。

TikTok広告を含む運用型広告全般を取り扱っている。

運用型広告「TikTok Ads」の実績は少ないが、広告運用スキルは日本トップクラスだ。高い運用成果を期待できる。

Webサイト制作のみ対応している。

月間予算30万円以上の案件から依頼可能で、中小企業〜中堅企業が主に利用している。

「TikTok Adsを運用したい」という大阪の会社におすすめだ。

会社名 株式会社グラッドキューブ
所在地 大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル8F
代表者 金島 弘樹
設立 2007年1月
事業内容 1.デジタルマーケティング支援事業
2.ウェブサイト解析・改善ASP事業
3.メディア事業
ホームページ https://corp.glad-cube.com/

TikTok広告代理店9:ビックマック株式会社

ビックマック株式会社の会社HPトップページ

ビックマック株式会社は、メジャーな運用型広告を取り扱っているインターネット広告代理店だ。

特にリスティング広告に強く、国内トップクラスの運用スキルを持つ。

運用型広告「TikTok Ads」の受注件数は少ないが、着実に実績を積み上げている。運用チームのレベルが高いため、高い運用成果を期待できる。

Webサイト制作・SEO対策に対応している。

月間予算1万円以上の案件から依頼可能で、零細企業〜中小企業が主に利用している。

「『TikTok Ads』と『リスティング広告』両方の運用を一社に依頼したい」をいう会社におすすめだ

会社名 ビックマック株式会社
所在地 東京都中央区日本橋人形町3-12-10 BEAKER日本橋人形町204
代表者 徳山 佳瑛
設立 2013年12月
事業内容 インターネット広告代理事業
ホームページ https://big-mac.jp/

TikTok広告代理店10:株式会社J・Gripマーケティング

株式会社J・Gripマーケティングの会社HPトップページ

株式会社J・GRIPマーケティングは、運用型広告全般を取り扱っているインターネット広告代理店だ。

リスティング広告・SNS広告はもちろんこと、DSP広告にも対応している。

動画制作事業もおこなっており、高品質なTikTok広告のクリエイティブを納品できる。

SEO対策・SNS運用・オウンドメディア構築に対応している。

月間予算30万円以上の案件から依頼可能で、零細企業〜中小企業が主に利用している。

「TikTok広告を含む複数の運用型広告を同時に始めたい」という会社におすすめだ。

会社名 株式会社J・Gripマーケティング
所在地 東京都渋谷区神南1-13-4 IDOビルB1F
代表者 奥窪 二郎
設立 2007年10月
事業内容 1.WEB集客事業
2.制作事業
3.PR事業
ホームページ https://www.jgrip-marketing.co.jp/
 
※ おすすめのTikTok広告代理店を、下記の4つの記事でも紹介している。ぜひ参照してほしい。
参考記事1:インターネット広告代理店おすすめランキング30社
参考記事2:インターネット広告代理店9選を徹底比較
参考記事3:東京都のインターネット広告代理店10選
参考記事4:アプリ広告の代理店10社

3.TikTok広告代理店を選ぶときの6の確認ポイント

TikTok広告代理店を選ぶときの確認ポイントが6つある。

それぞれ詳しく説明していく。

TikTok広告代理店を選ぶときの確認ポイント1:最低利用料金

TikTok広告代理店によって、最低利用料金が違う。

貴社の予算が最低利用料金を超えていないと、依頼を断られてしまう。予算を無理に引き上げても、財務状況が悪化するだけだ。

そういった事態を回避するためにも、最低利用料金は必ず確認すべきだ。

TikTok広告代理店を選ぶときの確認ポイント2:対応地域

TikTok広告代理店によって、対応地域が異なる。

貴社の所在地が対応地域に含まれていないと、依頼を断られてしまう。依頼が通ったとしても、十分な面談回数を確保できない。

そういった事態を回避するためにも、対応地域は必ず確認すべきだ。

TikTok広告代理店を選ぶときの確認ポイント3:規模感

TIkTok広告代理店によって、会社の規模が異なる。そして、規模が大きい代理店ほど、主要クライアントの規模も大きい。

貴社の広告予算が少ないと、小口顧客と見なされるため、担当者の対応が悪くなる。

そういった事態を回避するためにも、代理店の規模感は必ず確認しなくてはいけない。

TikTok広告代理店を選ぶときの確認ポイント4:クリエイティブ制作スキル

TikTok広告では、クリエイティブの品質が広告効果に大きな影響を及ぼす。

以前、運用型広告「TikTok Ads」のクリエイティブを変えただけで、下表の変化が生じた事例もある。

指標 変更前 変更後
クリック率 0.44% 1.56%
コンバージョン率 0.91% 1.90%

なるべく高い広告効果を得るためにも、TikTok広告代理店を選ぶときは、クリエイティブ制作スキルを確認すべきだ。

TikTok広告代理店を選ぶときの確認ポイント5:対応可能なWebマーケティング施策

TikTok広告代理店の対応可能なWebマーケティング施策によって、提案の幅が変わる。

例えば、SNS運用が対応可能な代理店であれば、Twitter・Instagram等を交えたTikTok広告の活用を提案できる。

費用対効果を上げるためにも、対応可能なWebマーケティング施策を確認すべきだ。

TikTok広告代理店を選ぶときの確認ポイント6:担当者との相性

TikTok広告代理店の担当者は人間だ。生理的に合わない人も存在する。

優秀だったとしても、取引時のストレスが原因でコミュニケーションを取れなければ、良い成果は得られない。

より効果的なプロモーションをするためにも、営業担当者との相性を必ず確認すべきだ。

最後に

本記事では、TikTok広告代理店を徹底解説した。

内容は下記の通りだ。

  1. 代理店を探す前にやるべき5のこと
  2. おすすめ10社
  3. 6の確認ポイント

まずは1の内容を忠実に実践してほしい。そして、2と3の内容を基に、貴社に最適な代理店を選んでほしい。

そうすることで、満足のいく結果を得られるだろう。

現在、公式LINEで「たった6ヶ月で利益を平均80.4%増やすWebマーケティング手法」を無料で発信している。弊社のクライアントがWebマーケティングに取り組み、実際に成果を出したやり方・考え方が分かる。

Adell公式LINEの登録ページ」にて3秒で登録できる。今すぐクリックして、QRコードを読み込んでほしい。

Pocket
LINEで送る


【無料お役立ち資料】

Webマーケティングの手引書
〜たった3ヶ月で見込客を安定的に獲得するには〜

adell-cta-photo-2

Webマーケティングで成果を出したいけど、どうすればいいのか分からない」と悩んでいませんか?

本資料は弊社のクライアント様がWebマーケティングに取り組み、

・資料請求数2,400件達成
・商談化率・成約率が大幅改善
・CPAが61.4%低下

など、実際に成果を出したやり方を一から詳細に解説しているものです。

公式LINEの登録特典としてお渡ししています。

ぜひ、貴社のWebマーケティングにお役立てください。