レコメンドウィジェット広告とは?これを読めば全てが分かる!

business-meeting-10
Pocket
LINEで送る

あなたは最近、レコメンドウィジェット広告に興味を持ったのだろう。しかし、「どれだけ探しても、まともな情報が見つからない」と悩んでいるのではないか?

そう悩むのも無理はない。

レコメンドウィジェット広告が認知され始めたのは、ここ2〜3年である。その他Web広告に比べて、実施している企業が圧倒的に少ないため、正確な情報が出回っていないのだ。

そこで本日は、レコメンドウィジェット広告とは何なのか徹底解説していく。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

目次

1.レコメンドウィジェット広告とは

レコメンドウィジェット広告とは、「媒体のおすすめ記事欄に掲載する広告」のことだ。

具体例は、下図の通りである。

diamondonline-ieul-recommend-widget-content-1

急成長している広告で、2015年には市場規模が16億円しかなかったのに、2019年現在は約20倍の304億円の市場規模がある。そして、2023年には1,000億円を超えると言われている。

将来的には、「リスティング広告」や「バナー広告」といった定番のWeb広告と肩を並べる存在になると予想できるため、今から参入しておく価値は大いにある。

※ レコメンドウィジェット広告の概要は、下記の3つの記事でも詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:ネイティブ広告の種類
参考記事2:スマホ広告の種類
参考記事3:データフィード広告とは

2.レコメンドウィジェット広告とネイティブ広告・インフィード広告の違い

レコメンドウィジェット広告は、下記の2種類の広告を一緒にされる。

  • ネイティブ広告
  • インフィード広告

しかし、厳密に言えば違う。

具体的にどのような違いがあるのか、それぞれ詳しく説明していく。

レコメンドウィジェット広告とネイティブ広告の違い

ネイティブ広告とは、「媒体の中に自然に溶け込んだ全ての広告」のことだ。

そして、レコメンドウィジェット広告は、媒体のおすすめ記事欄に通常コンテンツに紛れて掲載されている。

つまり、レコメンドウィジェット広告は、ネイティブ広告の一種なのだ。

※ ネイティブ広告については、「ネイティブ広告とは」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

レコメンドウィジェット広告とインフィード広告の違い

インフィード広告とは、「媒体のタイムライン上に掲載する広告」のことだ。

通常コンテンツに紛れていて、媒体の中に自然に溶け込んでいるため、ネイティブ広告の一種である。

しかし、おすすめ記事欄には掲載されないため、レコメンドウィジェット広告とは全くの別物だ。

※ インフィード広告については、「インフィード広告とは」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

3.レコメンドウィジェット広告の配信の仕組み

レコメンドウィジェット広告の配信の仕組みは、下図の通りだ。

recommend-widget-distribution-system-figure-1

プラットフォームは、レコメンドウィジェット広告が掲載可能な媒体のネットワークを形成していて、ネットワークに加盟している媒体に広告を配信できる。

なお、AIを用いた独自アルゴリズムを使っていて、ターゲティングを自動で最適化することが可能だ。(注.手動でのターゲティングも可能)

※ Web広告の基本的な仕組みを、「Web広告の仕組み」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

4.レコメンドウィジェット広告の4のメリット

レコメンドウィジェット広告のメリットは4つある。

それぞれ詳しく説明していく。

レコメンドウィジェット広告メリット1:単価が安い

レコメンドウィジェット広告では、下記の2種類の費用形態が使われていて、両方ともオークションで単価が決定する。

  • インプレッション課金型
  • クリック課金型

2019年現在、出稿している企業が少ないことから、競合性が低いため、単価が安いのだ。

レコメンドウィジェット広告メリット2:拒絶反応を示すユーザーが少ない

レコメンドウィジェット広告は、通常コンテンツに紛れて掲載されている。また、下記の3つが通常コンテンツの仕様と同じになっている。

  • 文調
  • 文体
  • デザイン

広告色が非常に薄いため、拒絶反応を示すユーザーが少ないのだ。

結果、その他Web広告に比べて、下記の2つの数値が高い。

  • クリック率
  • コンバージョン率

レコメンドウィジェット広告メリット3:間接効果が高い

レコメンドウィジェット広告は、広告色が非常に薄い。

ランディングページの文章の信憑性が向上するため、多くのユーザーが商材に興味を抱く。

そして、そういったユーザーは、下記のような情報を、検索エンジンまたはSNSで検索する。

  • 活用事例
  • 口コミ

結果、「リスティング広告」や「SNS広告」の広告効果が高くなるのだ。

※ 「リスティング広告」と「SNS広告」については、「9種類のWeb広告を徹底解説!」で簡単に概要を説明している。もし、知らないのであれば、一度目を通してほしい。

レコメンドウィジェット広告メリット4:短期間で成果が出る

レコメンドウィジェット広告を出稿している企業は少ない。

その他Web広告のように、広告の質を高めなかったとしても、下記の2つの指標で高い数値が出る。

  • クリック率
  • コンバージョン率

したがって、短期間で成果が出始めるのだ。

5.レコメンドウィジェット広告の3のデメリット

レコメンドウィジェット広告のデメリットは3つある。

それぞれ詳しく説明していく。

レコメンドウィジェット広告デメリット1:最低料金が高い

レコメンドウィジェット広告のプラットフォームの最低料金は基本的に、30万円以上だ。

「リスティング広告」や「SNS広告」のように、少額スタートができない。

レコメンドウィジェット広告デメリット2:運用コストが高い

レコメンドウィジェット広告で成果を出すためには、下記の2つをおこなわなくてはいけない。

  1. 媒体に合ったランディングページを準備:複数のランディングページを作成する必要がある
  2. 商材に合った広告配信をおこなう:媒体選び・ターゲティング・タイトル・アイキャッチ画像・ランディングページ、これら全ての検証改善を定期的におこなう必要がある。

作業量が膨大になるため、その分運用コストが高くなるのだ。

レコメンドウィジェット広告デメリット3:ノウハウが確立していない

レコメンドウィジェット広告の市場規模は、まだまだ小さい。

本格的に取り扱っているインターネット広告代理店が少ないため、広告運用のノウハウが確立していない。

成果を出すためには、自社で検証改善をおこなって、ノウハウを一から確立しなくてはいけないのだ。

6.レコメンドウィジェット広告の費用

レコメンドウィジェット広告の費用について、詳しく説明していく。

最適な予算を組むためにも、じっくり読んでほしい。

レコメンドウィジェット広告の主要費用形態

レコメンドウィジェット広告の費用形態1:インプレッション課金型

インプレッション課金型とは、「インプレッションするたびに料金が発生する費用形態」のことだ。

下記のような理由でクリックが発生しなかったとしても、料金がかかってしまう。

  • ターゲティングの精度が低かった
  • 魅力的なタイトルを付けられなかった

しかし、クリック課金型に比べ、料金設定が安いので、高い費用対効果を得やすい。

レコメンドウィジェット広告の費用形態2:クリック課金型

クリック課金型とは、「クリックするたびに料金が発生する費用形態」のことだ。

どれだけインプレッションしたとしても、クリックされなければ、料金はかからない。

しかし、インプレッション課金型に比べ、料金設定が高いので、高い費用対効果は得られない。

※ 「インプレッション課金型」と「クリック課金型」については、「Web広告の費用」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

レコメンドウィジェット広告の費用相場

レコメンドウィジェット広告の費用形態別の費用相場は、下表の通りだ。

費用形態 費用相場
インプレッション課金型 150〜600円/1,000imp
クリック課金型 30〜70円/クリック
 
※ レコメンドウィジェット広告の費用相場については、「ネイティブ広告の料金」でも紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
 
※ 正しい予算の決め方を、「Web広告の予算の決め方」で説明している。上表記載の費用相場を元に、貴社に最適な予算を組んでほしい。

レコメンドウィジェット広告の単価変動要因

レコメンドウィジェット広告の単価が変動する要因は3つある。

それぞれ詳しく説明していく。

レコメンドウィジェット広告の単価変動要因1:ターゲティング

ターゲティングによって、レコメンドウィジェット広告の単価は変動する。

なぜならば、競合性が変わるからだ。

例えば、下記のような購買力が強いユーザーには、広告を配信したい企業が多いため、単価は高くなる。

  • 高年収サラリーマン
  • 経営者

一方で、下記のような購買力が低いユーザーには、広告を配信したい企業は少ないため、単価は低くなる。

  • 女子高生
  • 子供

このように競合性が変わるため、ターゲティングによって、レコメンドウィジェット広告の単価は変動する。

レコメンドウィジェット広告の単価変動要因2:クリック率

クリック率によって、レコメンドウィジェット広告の単価は変動する。

例えば、平均クリック単価が40円の広告配信設定をした場合、クリック率別の単価は下記の通りだ。

  • 1.0%:30〜35円/クリック
  • 0.1%:45〜50円/クリック

このように、クリック率によって、単価が変動するのだ。

レコメンドウィジェット広告の単価変動要因3:配信時期

配信時期によって、レコメンドウィジェット広告の単価は変動する。

なぜならば、競合性が変わるからだ。

例えば、「4月」や「12月」といった新商品発売時期は、広告配信したい企業が多くなるため、単価が高くなる。一方で、「2月」や「10月」といった発売される新商品の数が少ない時期は、広告配信したい企業が少なくなるため、単価が安くなる。

このように競合性が変わるため、配信時期によって、レコメンドウィジェット広告の単価は変動する。

7.レコメンドウィジェット広告のおすすめ媒体5選

レコメンドウィジェット広告を配信するのにおすすめの媒体(プラットフォーム)は5つある。

それぞれ詳しく説明していく。

レコメンドウィジェット広告の媒体1:Outbrain

outbrain-site-toppage-1

Outbrainとは、世界最大のレコメンドウィジェット広告の媒体だ。

詳細データは、下記の通りである。

  • 月間ユーザー数275億人
  • 月間インプレッション数2,750億回
  • 月間リーチ数10億人

多数の超大手メディアと提携をしていることから、「信頼できる媒体に広告を配信したい」という会社におすすめの媒体だ。

ターゲティング項目 1.ベーシック配信:一からターゲットを決める
2.KPIオプティマイゼーション配信:KPIを元にターゲットを決定する
3.リターゲティング配信:LPに一度訪れた人をターゲットにする
4.インタレスト拡張配信:既存顧客データを元にターゲットを決定する
費用形態 クリック課金型
最低予算 50万円〜
配信先例 現代ビジネス、tenki.jp
その他配信可能広告 特になし
ホームページ Outbrain

レコメンドウィジェット広告の媒体2:logly lift

logly-lift-site-toppage-1

logly liftとは、月間在庫インプレッション数120億回のレコメンドウィジェット広告の媒体だ。

コンテンツ理解力が非常に高いアルゴリズムを使用していて、商材に適した媒体にのみ広告を配信する。

また、動画広告の配信も可能である。

「本格的に運用して、高い費用対効果を得たい」という会社におすすめの媒体だ。

ターゲティング項目 デバイス、配信時間、OS、カテゴリー、配信地域etc
費用形態 クリック課金型
最低予算 50万円〜
配信先例 ダイヤモンドオンライン、ロイター
その他配信可能広告 インフィード広告
ホームページ logly lift

レコメンドウィジェット広告の媒体3:popIn

popin-site-toppage-1

popInとは、日本発のレコメンドウィジェット広告の媒体だ。

2015年に中国最大の検索エンジン「百度」の傘下に入ったことから、アジア圏への広告配信に非常に強い。

また、解析能力が非常に高く、下記の項目の調査結果を毎月受け取れる。

  • 読了率
  • クリック数が多かった広告掲載先ジャンル
  • クリック後のユーザー遷移

「高速で検証改善をおこなって、なるべく早く成果を出したい」という会社におすすめの媒体だ。

ターゲティング項目 AIが自動でターゲティングをおこなう
費用形態 クリック課金型
最低予算 15万円〜
配信先例 読売新聞社、食べログ
その他配信可能広告 インフィード広告
ホームページ popIn

レコメンドウィジェット広告の媒体4:UZOU

uzou-site-toppage-1

UZOUとは、日本最後発のレコメンドウィジェット広告の媒体だ。

現在急成長していて、売上が年々2倍になっている。

下記の3つの割合を指定して、要望に沿う媒体・ユーザーに広告を配信する。

  1. 文脈解析
  2. 過去データ
  3. 類似性

また、広告配信先ごとのデザイン調整が可能なため、広告色を極端に薄くできる。

「手間をかけずに、ある程度の費用対効果を得たい」という会社におすすめの媒体だ。

ターゲティング項目 文脈解析・過去データ・類似性の3つの割合を指定する。
ex. 文脈解析30%、過去データ50%、類似性10%
費用形態 クリック課金型
最低予算 40万円〜
配信先例 キャリコネニュース、女性自身
その他配信可能広告 特になし
ホームページ UZOU

レコメンドウィジェット広告の媒体5:X-lift

xlift-site-toppage-1

株式会社X-liftとは、2015年に誕生した後発組のレコメンドウィジェット広告の媒体だ。

現在、急成長していて、国内大手メディアとの提携数が年々2倍になっている。

下記の2つを解析する能力が非常に高く、商材に適したユーザー・媒体にのみ、広告を配信する。

  • 行動データ
  • コンテンツ内容

「本格的に運用して、集客の柱にしたい」という会社におすすめの媒体だ。

ターゲティング項目 媒体ジャンル、リターゲティング、地域etc
費用形態 クリック課金型
最低予算 30万円〜
配信先例 MAG2NEWS
その他配信可能広告 特になし
ホームページ X-lift
 
※ レコメンドウィジェット広告のおすすめ媒体は、下記の2つの記事でも紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:レコメンドウィジェット広告の媒体12選を徹底比較
参考記事2:ネイティブ広告の媒体20選

8.レコメンドウィジェット広告で成果を出すために押さえるべき5のポイント

レコメンドウィジェット広告で成果を出すために押さえるべきポイントは5つある。

それぞれ詳しく説明していく。

※ レコメンドウィジェット広告の効果を上げる方法を、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:ネイティブ広告の効果の上げ方
参考記事2:Web広告の費用対効果の上げ方

押さえるべきポイント1:ターゲティング方法を徹底リサーチ

レコメンドウィジェット広告の媒体によって、ターゲティング方法が異なる。

例えば、logly liftでは、下記の項目でのターゲティングが可能だ。

  • デバイス
  • 配信時間
  • OS
  • カテゴリー
  • 配信地域

一方で、popInでは基本的に、AIがターゲティングをおこなう。

ターゲティング方法を徹底リサーチすることで、貴社の商材に適したターゲティングが可能になる。

結果、成果が出るようになるのだ。

押さえるべきポイント2:ターゲティングの精度を上げる

ターゲティングの精度を上げることで、レコメンドウィジェット広告で成果が出る。

なぜならば、ニーズがあるユーザーに広告を届けられるからだ。

クリック率・コンバージョン率が向上するため、成果が出るようになる。

したがって、レコメンドウィジェット広告を配信するときは、ターゲティングの精度を上げてほしい。

押さえるべきポイント3:魅力的なタイトルを付ける

魅力的なタイトルを付けることで、レコメンドウィジェット広告で成果が出る。

なぜならば、興味を示すユーザーが増えるからだ。

クリック率が向上するため、成果が出るようになる。

したがって、レコメンドウィジェット広告を配信するときは、魅力的なタイトルを付けてほしい。

※ 魅力的なタイトルのつけ方は、バズ部の「タイトルのつけ方」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

押さえるべきポイント4:ユーザーニーズに合ったランディングページを作成

レコメンドウィジェット広告の配信先によって、ユーザーが求めている情報は異なる。

例えば、ビジネスメディアのユーザーは、ビジネスに関する有益な情報を求めている。一方で、ニュースサイトのユーザーは、最新情報を求めている。

配信先ごとにユーザーニーズに合ったランディングページを作成することで、広告に興味を示すユーザーが増える。

結果、成果が出るようになるのだ。

※ 記事風ランディングページを作成することで、レコメンドウィジェット広告で得られる効果は高くなる。「記事広告の書き方」で作成方法を詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。

押さえるべきポイント5:全体の広告効果を測定する

「4.レコメンドウィジェット広告の4のメリット」で説明した通り、レコメンドウィジェット広告は、間接効果が高い。

直接コンバージョンが少なかったとしても、下記のようなその他Web広告の効果が高くなる。

  • リスティング広告
  • SNS広告
  • 記事広告

全体の広告効果を測定することで、適切な検証改善をおこなえるようになる。

結果、より短期間で確実に成果が出るようになるのだ。

※ Web広告の正しい効果測定方法を、「Web広告の効果測定」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

9.レコメンドウィジェット広告の効果的な活用方法3選

レコメンドウィジェット広告の効果的な活用方法を3つ紹介する。

じっくり読んで、ぜひ実践してほしい。

効果的な活用方法1:検索表示されるWebマーケティング施策と組み合わせる

レコメンドウィジェット広告は、下記のような検索表示されるWebマーケティング施策との相性が良い。

なぜならば、ランディングページを見て、商材に興味を持ったユーザーは、下記の情報を検索するからだ。

  • 活用事例
  • ケーススタディ
  • 口コミ

こういった情報を調べるキーワードで上位表示されるWebマーケティング施策をおこなっておくことで、効率的にコンバージョンを得られるのだ。

※ 記事広告については、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:記事広告とは
参考記事2:純広告とは

効果的な活用方法2:ランディングページを2枚設置する

レコメンドウィジェット広告の配信先に訪れるユーザーは、有益な情報を求めている。

どれだけ質の高いランディングページを作成したところで、コンバージョンに繋がらないユーザーが大半だ。

下記の流れで誘導することで、そういったユーザーをコンバージョンに繋げられるようになる。

  1. ニーズがあるユーザーに広告配信
  2. お役立ち情報ランディングページ
  3. セールス用ランディングページ

結果、高い広告効果を得られるのだ。

効果的な活用方法3:メルマガと組み合わせる

前章の「効果的な活用方法2:ランディングページを2枚設置する」で説明した通り、レコメンドウィジェット広告の配信先に訪れるユーザーは、有益な情報を求めている。

コンバージョンをメルマガにして、その後有益な情報を送り続けることで、ユーザーから大きな信頼を得られる。

ニーズが顕在化したときに選ばれるようになるため、トータルで見たら広告効果が非常に高くなるのだ。

10.レコメンドウィジェット広告の事例5選

効果が高かったレコメンドウィジェット広告の事例を5つ紹介する。

真似できるところは真似て、ぜひ実践に生かしてほしい。

レコメンドウィジェット広告の事例1:SONY

presidentonline-sony-recommend-widget-content-1掲載先:プレジデント・オンライン
LPSONYのランディングページ

プレジデント・オンラインのトップページに掲載されたSONYのレコメンドウィジェット広告だ。

下記の2つを通常コンテンツと同じ仕様にしている。

  • タイトルの文調
  • アイキャッチ画像のテイスト

また、ランディングページでは、お役立ち情報のみを記載している。

広告色が非常に薄いことから、高い広告効果を得られただろう。

レコメンドウィジェット広告の事例2:イエウール

diamondonline-ieul-recommend-widget-content-2掲載先:ダイヤモンド・オンライン
LPイエウールのランディングページ

ダイヤモンド・オンラインのビジネス記事に掲載された、イエウールのレコメンドウィジェット広告だ。

通常コンテンツと同じ文調で、なおかつ興味をそそるタイトルを付けている。また、ランディングページをあえて質素なデザインにしている。

広告色が非常に薄いことから、高い広告効果を得られただろう。

レコメンドウィジェット広告の事例3:ラブコスメ

jyoshispa-lovecosme-recommend-widget-content-1掲載先:女子SPA!
LPラブコスメのランディングページ

女子SPA!の美容品紹介記事に掲載された、ラブコスメのレコメンドウィジェット広告だ。

関連性が強いコンテンツに、広告を配信している。また、アイキャッチ画像を通常コンテンツと同じ仕様にしている。

高い広告効果を得られただろう。

レコメンドウィジェット広告の事例4:わかさ生活

jcastnews-wakasaseikatsu-recommend-widget-content-1掲載先:J-CASTニュース
LPわかさ生活のランディングページ

J-CASTニュースのネトゲ依存症記事に掲載されていた、わかさ生活のレコメンドウィジェット広告だ。

潜在顧客が読むコンテンツに、広告を配信している。また、体験方式のランディングページにすることで、ユーザーの興味を引いている。

高い広告効果を得られただろう。

レコメンドウィジェット広告の事例5:CASY

mag2news-casy-recommend-widget-content-1掲載先:MAG2NEWS
LPCASYのランディングページ

MAG2NEWSのビジネスコンテンツに掲載されていた、家事代行サービス「CASY」の求人用のレコメンドウィジェット広告だ。

副業ニーズのあるユーザーが読むコンテンツに、広告配信をしている。また、「時給1450円から」という具体的な数字をタイトルに含めて、ベネフィットを強く伝えている。

高い広告効果を得られただろう。

※ レコメンドウィジェット広告のその他事例を、「ネイティブ広告の事例20選」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

最後に

レコメンドウィジェット広告を配信している企業は、まだまだ少ない。

2019年現在、下記の2つが生じていることから、高い費用対効果を得やすい。

  1. 単価が安い
  2. ユーザーから選ばれやすい

本記事で紹介した下記の2つを実践しながら、広告を配信してほしい、

  • 「8.成果を出すために押さえるべき5のポイント」
  • 「9.効果的な活用方法3選」

そうすることで、貴社の満足のいく結果を確実に得られる。

弊社はインターネット広告代理店です。

貴社に最適な媒体で、レコメンドウイジェット広告の運用を代行致します。

ご質問・ご相談は無料ですので、「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお問い合わせください。

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。