不動産会社のWeb広告|最適な4種類を徹底解説!【完全保存版】

real-estate-business-team-1
Pocket
LINEで送る

あなたは今、「不動産のWeb広告を出したいが、どの種類のWeb広告を出せばいいのか分からない」と悩んでいないだろうか?

そこで本日は、不動産会社に適した4種類のWeb広告を徹底解説する。

この記事を読み終わったら、どのWeb広告を出すのが良いのか分かるだろう。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

1.不動産会社に適した4種類のWeb広告とは

不動産会社に適した4種類のWeb広告をそれぞれ説明していく。

※ 全種類のWeb広告を知らないのであれば、下記の5つの記事を読んでほしい。そうすることで、本章の内容を理解しやすくなる。
参考記事1:Web広告の種類
参考記事2:スマホ広告の種類
参考記事3:Web広告のメリット・デメリット
参考記事4:Web広告の費用
参考記事5:Web広告の仕組み

不動産会社に適したWeb広告1:リスティング広告

リスティング広告とは、「GoogleやYahoo!といった検索エンジンの検索結果に表示される広告」のことだ。

real-estate-google-listing-text-1

リスティング広告の4つの特徴

リスティング広告の特徴は、下記の4つだ。

  1. キーワードに対して広告を出稿:
    キーワードごとに広告を出稿できる。キーワード選定を入念におこなうことで、質の高い見込み客を確保できる。
  2. クリック課金制:
    クリックされるたびに、料金が発生する。
  3. オークションでクリック単価が決定:
    競合が多いほど、クリック単価が向上する。例えば、「不動産 購入」「不動産 資料請求」といった購買意欲の高い人が調べるキーワードの場合、競合が非常に多いため、クリック単価は4,000〜5,000円する。
  4. 広告配信地域の指定が可能:
    商圏範囲外の人への広告配信を防ぐことで、不要なクリックを削減できる。結果、無駄な広告費用を減らせる。
※ リスティング広告の特徴を、「7種類のネイティブ広告を徹底解説!」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

リスティング広告の費用

リスティング広告の費用は、下式で表される。

「リスティング広告費用=クリック単価×クリック数」

代表的な不動産関連キーワードの平均クリック単価は、下記の通りだ。

  • 「不動産 購入」:714円
  • 「不動産 セミナー」:2,617円
  • 「不動産 資料請求」:2,298円
  • 「不動産 投資 セミナー」:2,470円
  • 「建売 内見」:964円
  • 「ワンルームマンション 購入」:671円

上図の平均クリック単価に、クリック数を掛けて算出された数値が、リスティング広告の費用だ。

なお、「時期」や「不動産市況」によって、平均クリック単価は変動する。あくまで参考程度に考えておいてほしい。

リスティング広告の検証改善方法

リスティング広告をおこなうときは、下記の3つの数値を、出稿キーワードごとに検証・改善していってほしい。

  1. クリック率:
    クリック率が高くなるほど、クリック単価は下がる(※ Googleが単価を下げてくれる)。結果、費用対効果が良くなる。なお、広告のタイトルを改善することで、クリック率は向上する。
  2. 資料請求率:
    資料請求率が高くなるほど、売上が向上する。なお、ランディングページの内容を改善することで、資料請求率は向上する。
  3. CPA(1クリックあたりの売上):
    CPAが上がれば当然、売上も向上する。しかし、キーワードによってはCPAがマイナスになる場合もある。いくら改善してもCPAがプラスにならないキーワードは、出稿を取り消してほしい。

リスティング広告がオススメな人

下記の2つの条件が揃っている人に、リスティング広告はオススメだ。

  • 予算が50万円未満:リスティング広告は少額から出稿可能
  • 商圏が決まっている:リスティング広告は配信地域の制定が可能

なお、予算が潤沢にある人は、「リスティング広告」と「以降に説明するその他種類の広告」を組み合わせるのが良いだろう。

※ リスティング広告の基礎知識は、「リスティング広告とは」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

不動産会社に適したWeb広告2:Facebook広告

Facebook広告とは、「Facebookのフィードに表示される広告」のことだ。

Facebook広告の5つの特徴

Facebook広告の特徴は、下記の5つだ。

  1. ターゲット指定が可能:
    ターゲットを指定して広告を配信できる。例えば、20〜30代のサラリーマンに広告を配信するといった設定が可能だ。
  2. 広告配信地域の指定が可能:
    商圏範囲外の人への広告配信を防ぐことで、不要なクリックを削減できる。結果、無駄な広告費用を減らせる。
  3. 2種類の課金制:
    「クリック課金制」と「インプレッション課金制」の2つの課金方法がある。クリック課金制では、1クリックごとに料金が発生する。一方で、インプレッション課金制では、1,000インプレッションごとに料金が発生する。
  4. オークションで単価が決定:
    競合が多いほど単価は高くなる。例えば、「40〜50代の会社経営者」といった購買力が強い人をターゲットにした場合、競合が多いため、1クリックあたり250〜400円程度する。
  5. 問い合わせ率(または資料請求率)が低い:
    「不動産の情報を知りたい」と思って、Facebookのフィードを見ている人はほとんどいない。そのため、広告がクリックされたとしても、問い合わせ率が低い。ただし、その分料金が安いため、費用対効果は高い。
※ Facebook広告はインフィード広告の一種だ。「インフィード広告とは」で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。

Facebook広告の費用

課金制別のFacebook広告費用は、下式で表される。

  • クリック課金制:クリック数×クリック単価
  • インプレッション課金制:インプレッション数×インプレッション単価

不動産のFacebook広告の「クリック単価」と「インプレッション単価」は、下記の通りだ。

  • クリック単価=300〜500円
  • インプレッション単価=300〜600円

上記の数値に「クリック数」または「インプレッション数」を掛けた数値が、Facebookの広告費用である。

ただし、ターゲットの絞り方によって、単価は大きく変動する。上記の数値はあくまで参考程度に考えておいてほしい。

※ Facebook広告の費用は、「インフィード広告の費用」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

Facebook広告の検証改善方法

課金制ごとに、下記の数値を重点的に検証・改善をしてほしい。

  • クリック課金制:問い合わせ率または資料請求率(←ランディングページを改善することで、問い合わせ率(または資料請求率)が向上する)
  • インプレッション課金制:クリック率(←タイトルとリード文の両方を改善することで、クリック率は向上する)

そうすることで、大きな成果を得られるだろう。

※ Facebook広告の効果測定方法を、「インフィード広告の効果」で詳しく説明している。適切な改善案を実施するためにも、ぜひ参照してほしい。

Facebook広告がオススメな人

下記の2つの条件が揃っている人に、Facebook広告はオススメだ。

  • ターゲットが決まっている:Facebook広告はターゲット指定が可能
  • 予算が30万円未満:Facebook広告は少額から出稿可能

不動産会社に適したWeb広告3:バナー広告

バナー広告とは、「特定のWebメディアの広告枠を買い取って、バナーを掲載する広告」のことだ。

ferret-sidebar-banner-1

バナー広告の3つの特徴

バナー広告の特徴は、3つだ。

  1. 期間契約:
    バナー広告は基本的に、期間単位で購入する。「オークションで競合に負けたせいで、広告が表示されない」といった心配がない。
  2. クリック率が高い:
    不動産の購入意欲が高い層をユーザーに抱えているWebメディアにバナー広告を出稿することで、大半のユーザーが貴社に興味を示す。結果、クリック率が高くなって、売上も向上する。
  3. 問い合わせ率(または資料請求率)が高い:
    Webメディアに集まっている人は、何か情報を求めている人だ。広告にも高い興味を示すため、問い合わせ率が高くなる。
※ バナー広告の特徴は、下記の2つの記事で詳しく説明している。 ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告とは
参考記事2:純広告とは
 
※ バナー広告のメリット・デメリットを、「バナー広告のメリット・デメリット」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
 
※ バナー広告は純広告の一種だ。メリット・デメリットは、「純広告のメリット・デメリット」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

バナー広告の費用

不動産のバナー広告の出稿費用相場は、下式の通りだ。

「バナー広告の費用=想定インプレッション数×2〜2.5円」

なお、Webメディアに訪れるユーザーの購買力によって、単価は変動する。例えば、富裕層向けWebメディアにバナー広告を掲載するのでれば、単価が2.5円以上になる場合もある。一方で、新卒サラリーマン向けのWebメディアであれば、単価が1〜2円で済む場合もある。

※ バナー広告の媒体別出稿費用を、下記の2つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告の料金
参考記事2:純広告の料金相場

バナー広告の検証改善方法

下記の項目を重点的に、検証・改善していってほしい。

  • クリック率:
    バナーの質を改善することで、クリック率は向上する。
  • 問い合わせ率(または資料請求率):
    ランディングページを改善することで、問い合わせ率は向上する。
※ バナー広告のクリック率の改善に役立つ情報を、下記の4つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告の効果の上げ方
参考記事2:バナー広告のクリック率を上げる13のコツ
参考記事3:バナー広告の平均クリック率
参考記事4:広告バナーのデザインサイトまとめ

バナー広告がオススメな人

下記の2つの条件が揃っている人に、バナー広告はオススメだ。

  • ターゲットが決まっている:ユーザー層がターゲット層に近いWebメディアにバナー広告を出すことで、大きい成果を得られる。
  • 予算が50万円以上:不動産のバナー広告を出すには、最低でも50万円はかかる。

不動産会社に適したWeb広告4:記事広告

記事広告とは、「特定のWebメディアに紹介記事を掲載する広告」のことだ。

mery-tieup-content-4

記事広告の2つの特徴

記事広告の特徴は、下記の2つだ。

  1. 1記事単位で購入:
    1記事ごとに購入する。
  2. 問い合わせ率(または資料請求率)が高い:
    紹介記事は2,000〜4,000字で作成される。伝えられる情報量が多いため、紹介記事を読んだ人は、貴社の商品・サービスを深く理解する。結果、問い合わせ率が高くなるのだ。
※ 記事広告について、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:記事広告とは
参考記事2:ネイティブ広告とは
 
※ 記事広告の6つのメリットと3つのデメリットを、「記事広告のメリット・デメリット」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

記事広告の費用

不動産の記事広告の出稿費用相場は、下式の通りだ。

「記事広告の出稿費用=紹介記事の想定PV数×100〜150円」

なお、下記の4つの要因によって、単価は変動する。

  • Webメディアのブランド力:ブランド力が高いWebメディアほど、単価が高くなる。
  • Webメディアのユーザー層:ユーザー層の購買力が高いほど、単価が高くなる。
  • 掲載期間:掲載期間が長いほど、単価が高くなる。
  • SEO対策の有無:SEO対策をおこなうと、単価が高くなる。

ただし、単価を非常に高額に設定しているWebメディアもある。上記の出稿費用相場は、あくまで目安として考えてほしい。

※ 記事広告の媒体別掲載料金を、下記の3つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:記事広告の料金
参考記事2:純広告の料金相場
参考記事3:ネイティブ広告の料金

記事広告の検証改善方法

下記の項目を重点的に、検証・改善していってほしい。

  • ランディングページへのクリック率:紹介記事の質を良くすることで、ランディングページへのクリック率は向上する。
  • 問い合わせ率(または資料請求率):ランディングページを改善することで、問い合わせ率は向上する。
※ 記事広告の効果を上げる方法を、下記の2つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:記事広告の効果の上げ方
参考記事2:直接CVが増える記事広告の書き方

記事広告がオススメな人

下記の2つの条件が揃っている人に、記事広告はオススメだ。

  • 購入数を増やしたい:記事広告は購入率が高いため、購入数も多くなる。
  • 予算が100万円以上:不動産の記事広告を出すには、最低でも100万円はかかる。
※ Web広告の最適な予算の決め方は、「Web広告の予算の決め方」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。 

2.問い合わせ数を最大化させる不動産会社のWeb広告の出し方

Web広告からランディングページに訪れた人を、下記の流れで誘導すると、問い合わせ数は向上する。

「資料請求→メルマガ→問い合わせ」

不動産の価格は非常に高額である。最低でも1,000万円以上するだろう。

そのため、問い合わせまでのハードルが高い。

資料請求と問い合わせの間にメルマガ配信を挟むことで、資料請求をした人の購買意欲が高まる。結果、問い合わせ数が増えるのだ。

なお、メルマガの内容は、「リスティング広告のやり方」で詳しく説明しているので、そちらを参考にしてほしい(※ タイトルには「リスティング広告」と書いてあるが、その他種類の広告にも応用可能だ)。

※ 問い合わせ数を最大化させるのに役立つ情報を、下記の4つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:ネイティブ広告の効果
参考記事2:
Web広告の費用対効果の上げ方
参考記事3:Web広告のKPI設定方法
参考記事4:Web広告の勉強に役立つサイト15選

3.不動産のWeb広告に役立つ3種類のマーケティングツール

不動産のWeb広告に役立つマーケティングツールを、3つ紹介していく。

種類1:Googleアナリティクス

Googleアナリティクスとは、「ランディングページに訪れた人の動きを分析するツール」だ。

ランディングページに訪れた人のうち、何人が問い合わせ(または資料請求)をしたのかが分かる。

無料ツールなので、必ずインストールしてほしい。

種類2:キーワードプランナー

キーワードプランナーとは、「検索キーワードの『検索数』と『競合性』の両方を分析するツール」だ。

主に、リスティング広告を出稿するときに使用する。

なお、リスティング広告を出稿すれば、無料でインストールできる。

種類3:Ubersuggest

Ubersuggestとは、キーワードプランナーと同じ機能のツールである。

唯一の違いは、リスティング広告を出稿しないでも、無料でインストールできることだ。

リスティング広告を出稿しないのであれば、Ubersuggestをインストールしておこう。

※ Web広告の効果測定方法は、「Web広告の効果測定」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

4.不動産のWeb広告に適した媒体5選

不動産のWeb広告に適した媒体を、5つ紹介していく。

媒体1:ZUU online

株式会社ZUUが運営する「ZUU online」だ。

ZUU onlineのデータは、下記の通りだ。

  • 金融・経済の情報を発信しているWebメディア
  • 月間1,500万PV
  • 主なユーザー層は、富裕層・経営者・投資家
  • 掲載広告は、「記事広告」のみ

主なユーザー層が富裕層・経営者・投資家なので、1億以上の投資用不動産との相性が良い。記事広告を出すことで、大きな成果を見込めるだろう。現に、過去の不動産の記事広告では、1記事で資料請求を50件も獲得している。

媒体2:MONEY VOICE

株式会社まぐまぐが運営する「MONEY VOICE」だ。

MONEY VOICEのデータは、下記の通りだ。

  • 投資家のための金融情報Webメディア
  • 月間410万PV
  • 主なユーザー層は、40歳以上の個人投資家
  • 掲載広告は、記事広告のみ

主なユーザー層が40歳以上の個人投資家なので、1億以上の投資用不動産との相性が良いだろう。

媒体3:不動産投資の教科書

株式会社不動産投資の教科書が運営する「不動産投資の教科書」だ。

不動産投資の教科書のデータは、下記の通りだ。

  • 不動産投資情報のWebメディア
  • 月間20万UU
  • 主なユーザー層は、30〜40代の高収入サラリーマン
  • 掲載広告は記事広告のみ

主なユーザー層が高収入サラリーマンなので、投資用ワンルームマンションとの相性が良いだろう。

媒体4:RoomClip

ルームクリップ株式会社が運営する「RoomClip」だ。

RoomClipのデータは、下記の通りだ。

  • 住まいとインテリアのWebメディア
  • 月間9億PV
  • 主なユーザー層は、30歳以上の子持ち女性
  • 掲載広告は、記事広告とメール広告

住まいとインテリアのWebメディアなので、注文住宅や建売住宅との相性が良いだろう。

媒体5:ロイター.co.jp

トムソンロイターが運営する「ロイター.co.jp」だ。

ロイター.co.jpのデータは、下記の通りだ。

  • 世界最大級の金融情報メディア「トムソンロイター」の日本語版Webメディア
  • 月間1930万PV
  • 主なユーザー層は、年収800万円以上の35〜44歳男性
  • 掲載広告は、記事広告とバナー広告

主なユーザー層が年収800万円以上の35〜44歳男性なので、投資用ワンルームマンションと相性が良いだろう。

※ Web広告の種類別のおすすめ媒体を、下記の3つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:Web広告のおすすめ媒体24選
参考記事2:ネイティブ広告の媒体20選
参考記事3:インフィード広告の媒体20選
 
※ 優れたWeb広告の事例を、下記の5つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:Web広告の事例10選
参考記事2:バナー広告の事例20選
参考記事3:記事広告の事例23選
参考記事4:インフィード広告の事例20選
参考記事5:ネイティブ広告の事例20選

最後に

本日は、不動産会社に適した4種類のWeb広告を徹底解説した。

  • リスティング広告
  • Facebook広告
  • バナー広告
  • 記事広告

種類ごとに、どういった人にオススメなのかが異なる。

よく検討して、貴社に合ったWeb広告をおこなってほしい。

なお、Web広告を出稿するときは、下記3種類のマーケティングツールも忘れずにインストールしておいてほしい。

  • Googleアナリティクス
  • キーワードプランナー
  • Ubersuggest

そうすることで、広告効果を検証しやすくなって、短期間で効果の高いWeb広告を打てるようになる。

弊社はインターネット広告代理店です。

ヒアリングをした上で、貴社に最適なWeb広告のプランを提案致します。

ご質問・ご相談は無料ですので、「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお気軽にお問い合わせください。

また、おすすめの代理店を下記の3つの記事で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

参考記事1:インターネット広告代理店17社のおすすめランキング
参考記事2:インターネット広告代理店9選を徹底比較
参考記事3:東京都のインターネット広告代理店10選

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。