TikTokの運用型広告「TikTok Ads」とは?特徴と出稿方法を徹底解説!【最新版】

man-holding-smartphone-screen-tiktok-icon-3
Pocket
LINEで送る

2020年現在、TikTokは急成長中のSNSだ。広告媒体としての注目度が日に日に増している。

広告出稿企業はまだまだ少ないが、2〜3年後には「Facebook」や「Twitter」と肩を並べるだろう。

高い費用対効果を得たいのであれば、今のうちに参入するべきだ。

そこで本日は、TikTokの運用型広告のプラットフォーム「TikTok Ads」を徹底解説していく。

じっくり読んで、確実に理解してほしい。

目次

1.TikTokの運用型広告「TikTok Ads」とは

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」は、TikTok広告の一種だ。

本章では、概要を詳しく説明していく。

ぜひ熟読してほしい。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の広告配信アプリ

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」では、ByteDance株式会社の運営アプリに広告を配信できる。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の広告配信アプリ一覧

日本国内で対応中のアプリは、下表の3つだ。

対応アプリ 説明
TikTok 国内アクティブユーザー数950万人のショートムービーSNS。4.5〜60秒の広告を配信可能。
参考:TikTok公式サイト
TopBuzz 国内デイリーアクティブユーザー数10万人の動画ニュースアプリ。3〜60秒の広告を配信可能。
参考:TopBuzz公式サイト
BuzzVideo ダウンロード数1,000万回の動画投稿アプリ。3〜60秒の広告を配信可能。
参考:BuzzVideo公式サイト

また、TikTok Audience Networkを形成していて、他社運営アプリに10〜30秒の動画を1日1,000万回分も配信できる。

TikTok Audience Networkの仕組み

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の広告配信面

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」では、フィード内に広告を配信する。(参考:インフィード広告とは

具体例は下図の通りだ。

Call of DUTYのTikTokインフィード広告

通常コンテンツに紛れて、広告が掲載されるのだ。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の広告フォーマット

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の広告フォーマットは、下図の4種類だ。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の広告フォーマット一覧

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の課金形式

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」は入札制を採用している。広告が表示されるたびに、単価が決定するのだ。

課金形式は、下表の4種類だ。

課金形式 説明
CPM(インプレッション課金型) 広告表示回数1,000回単位で料金が発生。
CPC(クリック課金型) 広告内のリンク先がクリックされるたびに料金が発生。広告表示したとしても、クリックが生じなければ料金がかからない。
CPV(再生課金型) 広告が一定時間以上再生されるたびに料金が発生。
oCPC(最適化クリック課金型) 料金発生の仕組みは、クリック課金型と同様。ユーザーのコンバージョン確率に応じて、クリック単価を自動調整。

課金形式の概要は、「TikTok広告の費用」で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の広告配信目的

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」では、下表3つの目的で広告を配信できる。

配信目的 説明
トラフィック リンク先のクリック数を増やすときに利用。
アプリインストール アプリインストール数を増やすときに利用。
コンバージョン数 「購入」や「登録」等のコンバージョン数を増やすときに利用。
TikTok Adsの広告配信目的の仕組み

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」のターゲティング種類

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」には、下表11種類のターゲティングが搭載されている。

ターゲティング 説明
性別 1.無制限
2.男性
3.女性
年齢 1.無制限
2.13〜17歳
3.18〜24歳
4.25〜34歳
5.35〜44歳
6.45〜54歳
7.55歳以上
地域 1.アメリカ
2.日本
3.インド
4.ブラジル
5.中国
6.台湾
7.韓国
8.インドネシア
9.タイ
10.マレーシア
11.ベトナム
12.ロシア
13.トルコ
14.サウジアラビア
15.アラブ首長国連邦
16.エジプト
言語 下記4ヶ国語を含む合計30ヶ国語から選択可能
1.英語
2.日本語
3.ポルトガル語
4.中国語
操作システム 1.iOS
2.Android
ネットの使用状況 1.WiFi
2.2G
3.3G
4.4G
デバイスプライス 1.無制限
2.特定の範囲
システムバージョン 1.iOS8.0〜12.1以上
2.Android4.0〜9.0以上
興味関心ラベル 1.ペット
2.ゲーム
3.旅行
4.教育
5.飲食・グルメ
6.アプリケーション
7.デジタル家電
8.金融
9.交通
10.ニュースデータ
11.マタニティ・ベビー
12.アウトドアスポーツ
13.ファッション・靴・帽子・カバン
14.メークアップ・スキンケア
15.携帯電話・パソコン
カスタムオーディエンス 現在保有の顧客データに広告配信するかどうかを設定。
類似オーディエンス 現在保有の顧客データに類似したユーザーに広告配信。
TikTokの運用型広告「TikTok Ads」のターゲティングの仕組み

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の運用サポート機能一覧

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」には、5つの運用サポート機能が搭載されている。

それぞれを詳しく説明していく。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の運用サポート機能1:動画作成ツール

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の動画作成ツールの選択画面

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の運用サポート機能「動画作成ツール」では、下記の2つのやり方でクリエイティブを作成できる。

  • 「テンプレート」と「BGM」を手動で組み合わせる
  • 「複数の画像」と「BGM」をAIが自動で組み合わせる

テンプレートは下記の3種類だ。

  1. スライドショー
  2. 商品特徴を強調
  3. ショーケース

また、300曲以上のBGMが搭載されている。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の動画作成ツールの仕組み

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の運用サポート機能2:入稿サポート機能

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の運用サポート機能「入稿サポート機能」では、下記の3つが実施される。

  1. 広告枠に基づいた素材規定の表示
  2. サムネイル候補を自動抽出
  3. CTAの説明文を最適化

初心者でもスムーズに広告運用を始められるのだ。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の入稿サポート機能の仕組み

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の運用サポート機能3:ダイナミック広告

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の運用サポート機能「ダイナミック広告」では、クリエイティブを自動で作成する。

品質の高い素材を組み合わせるため、広告運用を効率的に最適化できる。注.素材は下記の3つ)

  • 画像
  • 動画
  • テキスト

一括作成にも対応しているため、クリエイティブ作成コストの大幅削減が可能だ。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」のダイナミック広告の仕組み

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の運用サポート機能4:TikTok AdStudio

TikTok AdStudioのロゴ

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の運用サポート機能「TikTok AdStudio(アプリ)」では、スマートフォンでの撮影動画をTikTok風に編集できる。

「BGM設置」や「再生速度調整」等を実施可能なのだ。

操作画面がシンプルなので、初心者でも簡単に使いこなせる。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」のTikTok AdStudioの仕組み

インストールページは下記の2つだ。ぜひ参照してほしい。

参考記事1:TikTok AdStudio|App Store
参考記事2:TikTok AdStudio|Google Play

2.TikTokの運用型広告「TikTok Ads」が注目されている5の理由

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」が注目されている理由は5つある。

それぞれ詳しく説明していく。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」が注目されている理由1:動画広告に特化

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」では基本的に、動画広告を配信する。

広告に大量の情報を詰め込めるため、商材の魅力を存分に伝えられる。

また、動画での情報収集ニーズが近年強まったことから、ユーザーニーズに沿った形での広告配信が可能なのだ。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」で広告配信するとユーザーが商材の魅力を深く理解する仕組み

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」が注目されている理由2:高精度なAIを搭載

全てのSNS広告の中で、TikTokの運用型広告「TikTok Ads」はAIの精度が最も高い。

レコメンド機能が特に進化していて、商材に興味を抱きやすいユーザーに広告配信が可能だ。

また、自動入札を設定した場合、過去の運用データに基づいて、コンバージョン確率が高いユーザーをターゲティングできる。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」を自動入札で広告配信したときに高確率でコンバージョン発生する仕組み

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」が注目されている理由3:10〜20代のユーザーに効率的にアプローチ可能

TikTokのユーザーは、10〜20代が66%を占める。

全ての広告媒体の中でトップクラスの数値な上に、アクティブユーザー数が3.3億人(=総アクティブユーザー数5億人×66%)も存在する。

10〜20代のユーザーに効率的に広告配信できるのだ。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」が10〜20代に効率的に広告配信できる仕組み

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」が注目されている理由4:少額から広告運用を開始可能

TIkTokの純広告の最低料金は、42万円/日だ。

しかし、運用型広告「TikTok Ads」は、1円から利用できる。

予算が少なかったとしても、TikTokに広告配信が可能なのだ。

TikTokの純広告と運用型広告「TikTok Ads」の最低料金比較

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」が注目されている理由5:その他の運用型広告の費用対効果が合わなくなってきた

下記の2つが深刻化していることから、既存の広告費用がWeb広告に流れている。

  • テレビ離れ
  • 紙媒体の衰退

それに伴って、その他の運用型広告への広告出稿企業が増加している。「広告費用の高騰」と「コンバージョン率の低下」の2つが急激に進行したため、費用対効果が合わなくってきた。

しかし、TikTokの運用型広告「TikTok Ads」がリリースされたのは、2018年12月だ。広告出稿企業が少ないため、その他SNS広告に比べて高い費用対効果を出せるのだ。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」に広告予算が大量投入されている仕組み

3.TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の出稿方法

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の出稿方法を、手順ごとに詳しく説明していく。

確実に理解して、忠実に実践してほしい。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の出稿手順1:アカウント開設

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の広告アカウント作成画面

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」を出稿するためには、アカウントを開設しなくてはいけない。

TikTok Ads広告アカウント作成ページ」にアクセスして、下記の6項目を入力する。

  1. 所在地
  2. 目的
  3. 広告アカウント名
  4. メールアドレス
  5. パスワード
  6. 電話番号

その後、送信されてきた検証コードを入力すれば、アカウント開設は完了だ。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」のアカウント開設の流れ

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の出稿手順2:クリエイティブ制作

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」のアカウントを開設したら、「運用サポート機能」または「貴社独自のツール」のいずれかを用いて、クリエイティブを制作する。注.運用サポート機能の概要は、「1.TikTok Adsとは|運用サポート機能一覧」に記載)

ポイントは下記の3つだ。

  • 動画のテイストを各アプリの通常投稿に似せる
  • 初めの1秒でインパクトを残す
  • リズミカルなBGMを設定

クリエイティブの質は運用成果に大きな影響を及ぼす。入念に実施すべきだ。

機会損失を防ぐためにも、全種類のフォーマットを作成した方がいい。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」のクリエイティブ制作の流れ

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の出稿手順3:キャンペーンを作成

次にキャンペーンを作成していく。

管理画面で「広告」を選択した後、キャンペーンタブ内の「作成する」をクリックする。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」のキャンペーンタブ内の管理画面

そして、下記の3点を設定すれば、この手順は完了だ。

  1. 目的
  2. キャンペーン名
  3. 予算
TikTokの運用型広告「TikTok Ads」のキャンペーン作成画面

予算は5,000円以上にしなくてはいけないので、その点は注意が必要だ。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」のキャンペーン作成の流れ

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の出稿手順4:広告セットを作成

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の広告セット作成画面

キャンペーンを作成した後は、広告セットを作成していく。

設定項目は下記の13個だ。

  1. 広告セット名
  2. プレースメント(広告配信アプリ)
  3. プロモーション目的
  4. 表示名
  5. プロフィール画像
  6. カテゴリ
  7. 広告タグ
  8. 広告の配信方法
  9. 配信対象(ターゲティング)
  10. 予算
  11. スケジュール
  12. 課金形式
  13. 入札単価

手動入札の場合は、広告配信アプリごとに作成する。それぞれの入札単価を最適化できるため、無駄な広告費用を減らせる。

一方で、自動入札の場合は、広告配信アプリで分けずに1つの広告セットを作成する。入札単価が自動で最適化されるため、その方が運用効率が高くなる。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の広告セット作成の流れ

クリエイティブ制作の次に、運用成果に影響を及ぼす手順だ。面倒くさがらずに丁寧に実施しなくてはいけない。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の出稿手順5:クリエイティブを設定

手順2で制作したクリエイティブを設定していく。

やり方は下表の通りだ。

制作方法 設定方法
独自ツール or TikTok AdStudio 「ファイルをアップロード」をクリックして、クリエイティブをアップロード。
動画作成ツール 「ライブラリから選択」をクリックして、クリエイティブを選択。
TikTokの運用型広告「TikTok Ads」のクリエイティブ設定画面

「追加」をクリックすれば、複数個設定できる。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」のクリエイティブ設定の流れ

練習用で作成したクリエイティブを、誤って設定してしまうことがある。十分注意すべきだ。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の出稿手順6:支払い情報を登録

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」での支払い情報を登録していく。

アカウントへの入金額を入力して、「すぐに追加」をクリックする。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」のアカウント入金登録画面

その後、カード会社を選択して、カード情報を打ち込む。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」のカード情報登録画面

ここまでで運用設定は終了だ。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の支払い情報登録の流れ

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の出稿手順7:審査

支払い情報を登録したら、クリエイティブが審査される。

完了までは1〜2日程度だ。

審査期間中は広告セットの状態が「未配信(新設審査中)」となる。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の広告セットタブ内の管理画面

広告セットの状態が「配信中」に変わったら、審査が承認された証だ。

非承認だった場合は、クリエイティブを作り直して、再審査を申し込む。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」のクリエイティブ審査の流れ

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」の出稿手順8:広告配信開始

審査が完了したら、TikTokの運用型広告「TikTok Ads」が配信される。

配信後でも、運用設定は変更が可能だ。

管理画面に成果がリアルタイム表示されるので、そちらを確認しながら、最適化していってほしい。

TikTokの運用型広告「TikTok Ads」を配信開始してから運用設定を最適化するまでの流れ

最後に

本記事では、TikTokの運用型広告「TikTok Ads」を徹底解説した。

内容は下記の通りだ。

  1. 概要
  2. 注目されている5の理由
  3. 出稿方法

まずは1と2の内容を確実に理解してほしい。そして、3の内容を忠実に実践してほしい。

そうすることで、広告運用をスムーズに始められる。

現在、公式LINEで「たった6ヶ月で利益を平均80.4%増やすWebマーケティング手法」を無料で発信している。弊社のクライアントがWebマーケティングに取り組み、実際に成果を出したやり方・考え方が分かる。

Adell公式LINEの登録ページ」にて3秒で登録できる。今すぐクリックして、QRコードを読み込んでほしい。

おすすめの代理店を下記の5つの記事で紹介している。ぜひ参照してほしい。

参考記事1:TikTok広告代理店10社
参考記事2:
インターネット広告代理店おすすめランキング30社
参考記事3:インターネット広告代理店9選を徹底比較
参考記事4:東京都のインターネット広告代理店10選
参考記事5:アプリ広告の代理店10社

ご予算が1,000万円以上なのであれば、ハッシュタグチャレンジの実施も検討するべきだ。より大きな広告効果を見込める。

Pocket
LINEで送る


【無料お役立ち資料】

Webマーケティングの手引書
〜たった3ヶ月で見込客を安定的に獲得するには〜

adell-cta-photo-2

Webマーケティングで成果を出したいけど、どうすればいいのか分からない」と悩んでいませんか?

本資料は弊社のクライアント様がWebマーケティングに取り組み、

・資料請求数2,400件達成
・商談化率・成約率が大幅改善
・CPAが61.4%低下

など、実際に成果を出したやり方を一から詳細に解説しているものです。

公式LINEの登録特典としてお渡ししています。

ぜひ、貴社のWebマーケティングにお役立てください。