Web広告のメリット・デメリットを徹底解説!【永久保存版】

businessman-team-1
Pocket
LINEで送る

あなたは今、「Web広告の『メリット』と『デメリット』って何?」と思っているのではないか?

そこで本日は、Web広告の種類別のメリット・デメリットを徹底解説していく。

ぜひじっくり読みこんでほしい。

1.Web広告自体のメリット・デメリット

Web広告の種類別のメリット・デメリットを説明する前に、Web広告自体のメリット・デメリットを説明する。

Web広告自体の3つのメリット

メリット1:少額から始められる

最も安い種類のWeb広告では、1円から広告出稿が可能だ。一ヶ月の予算が1万円しかなかったとしても、Web広告を始められる。

メリット2:効果測定しやすい

新聞広告やテレビCMとは異なり、Web広告では、広告を見た人の全ての行動を数値化できる。

  • 何人が広告を見て、
  • そのうち何人が広告をクリックして、
  • クリックした人のうち何人が資料を請求したのか、

これら全てが分かるのだ。

※ Web広告の効果測定方法は、「Web広告の効果測定」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

メリット3:費用対効果が良い

2018年の総務省の調べでは、20〜60歳の95%がインターネットを利用している。これはテレビよりも多い数字だろう。

しかし、テレビ・新聞に比べ、広告出稿費用が安い。

したがって、費用対効果が良いのだ。

Web広告自体の2つのデメリット

デメリット1:Googleのアルゴリズムが変わると広告効果も変動する

インターネットは、Googleに依存している。Googleのアルゴリズムが変わると、広告出稿していたWebメディアもダメージを受ける(ex.PV数減少)。

結果、広告効果も悪くなってしまうのだ。

デメリット2:変化のスピードが早い

インターネットの世界は、次から次へと新しいサービスが登場する。「TikTok」や「YouTube」が良い例だ。

それに伴って、広告手法も変化している。変化に対応し続けていかなければ、良い成果を得られない。

2.Web広告の種類別のメリット・デメリット

Web広告のメリット・デメリットを種類別に紹介していく。

じっくり読んで、ぜひ参考にしてほしい。

※ 全種類のWeb広告を理解していないのであれば、下記の3つの記事を読んでほしい。そうすることで、以降の内容を理解しやすくなる。
参考記事1:Web広告の種類
参考記事2:スマホ広告の種類
参考記事3:Web広告の仕組み

リスティング広告のメリット・デメリット

リスティング広告のメリット・デメリットを説明していく。

リスティング広告の2つのメリット

メリット1:購買意欲が高い人に広告を届けられる

リスティング広告は、検索キーワードに対して、広告を出稿する。

「ジャンル名 購入」「ジャンル名 資料請求」といったキーワードに広告を出稿することで、購買意欲が高い人に広告を届けられるのだ。

メリット2:配信地域の指定が可能

リスティング広告では、配信地域の指定が可能である。商圏範囲外のユーザーへの広告配信を停止することで、無駄な広告費を削減できるのだ。

リスティング広告の2つのデメリット

デメリット1:広告出稿費が高騰している

リスティング広告は、最もメジャーなWeb広告だ。その分、競合も多い。

広告出稿費が年々高騰しているため、費用対効果が悪くなってきている。

デメリット2:運用が難しい

リスティング広告を成功させるには、下記のような数値をキーワードごとに検証・改善しなくてはいけない。

  • クリック率
  • クリック単価
  • 1クリックあたりの売上

専門的な知識が必要な上に、業務量も多いため、運用が難しいのだ。

リスティング広告に月間100万円以上の予算を充てる場合は、リスティング広告運用代行業者を利用する必要があるだろう。

※ リスティング広告のメリット・デメリットは、「リスティング広告とは」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
 
※ リスティング広告の効果的なやり方は、「リスティング広告のやり方」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

純広告のメリット・デメリット

純広告のメリット・デメリットを説明していく。

※ 純広告を知らないのであれば、下記の2つの記事を読んでほしい。そうすることで、以降の内容を理解しやすくなる。
参考記事1:純広告とは
参考記事2:バナー広告とは

純広告の2つのメリット

メリット1:契約期間中は必ず広告が掲載される

純広告とは、「ある特定のWebメディアの広告枠を買って、バナーや紹介記事等を掲載する広告」のことだ。

契約期間中は必ず貴社の広告が掲載されるため、リスティング広告のように「クリック単価が競合に負けたせいで広告が掲載されない」といった心配がない。

メリット2:ターゲット層に広告を届けられる

Webメディアには、偏ったユーザーが集まっている。例えば、金融情報メディアの主なユーザー層は、高収入サラリーマンと経営者だ。

ユーザー層が貴社の商品・サービスのターゲット層と近いWebメディアに広告を出稿することで、ターゲット層に広告を届けられる。

得られる成果が大きくなって、費用対効果が良くなるのだ。

※ 優れたバナー広告の事例を、「バナー広告の事例20選」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

純広告の2つのデメリット

デメリット1:小さく始められない

純広告は基本的に、契約の単位が大きい。「1ヶ月契約」や「5,000クリック契約」が一般的である。

新聞広告やテレビCMに比べると安いが、Web広告の中では高額な部類である。

「小さく始めて、成果が良かったら、大きな広告を打つ」ということができない。

※ 純広告の掲載料金について、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:純広告の料金相場
参考記事2:バナー広告の料金
デメリット2:検証・改善の速度が遅くなる

純広告では、契約期間終了後に、「クリック率」や「資料請求率」といった数値が分かる。

逐一数値を確認できないため、その分検証・改善の速度が遅くなる。

※ 純広告のメリット・デメリットは、「純広告のメリット・デメリット」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
 
※ バナー広告の5つのメリットと5つのデメリットを、「バナー広告のメリット・デメリット」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
 
※ 純広告型バナー広告のクリック率については、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:バナー広告の平均クリック率
参考記事2:バナー広告のクリック率を上げる13のコツ

DSP広告のメリット・デメリット

DSPのメリット・デメリットを説明していく。

DSP広告の2つのメリット

メリット1:詳細なターゲット設定が可能

DSP広告とは、「ユーザーの『属性』と『行動』の両方に合わせて、広告を表示する広告」のことだ。

「さっきまで貴社の商品・サービスと同じジャンルのサイトを見ていた、20〜30代男性」といったターゲット設定ができる。

詳細なターゲット設定をおこなえるため、購入率・問い合わせ率が高くなる。

メリット2:最適なターゲット層を提案してもらえる

過去のデータを元に、DSPの運営会社が最適なターゲット層を提案してくれる。

したがって、初心者でも、ある程度の成果を得られる。

DSPの2つのデメリット

デメリット1:運用が難しい

DSP広告で大きな成果を得るためには、下記のような項目を検証・改善して、ターゲット設定を詳細にしていかなくてはいけない。

  • 性別
  • 年齢
  • 行動パターン

しかし、検証・改善の組み合わせが無数にあるので、本当に正解のターゲット設定に辿り着くのは不可能だ。ベテランのDSP担当者でも無理だろう。

また、専門知識も必要である。

したがって、運用が非常に難しいのだ。

デメリット2:月額料金がかかる

DSP広告を出すためには、運営会社に毎月管理料金を支払わなくてはいけない。

その分、費用対効果が悪くなってしまう。

アドネットワークのメリット・デメリット

アドネットワークのメリット・デメリットを説明していく。

アドネットワークの2つのメリット

メリット1:リターゲティング設定が可能

アドネットワークでは、「自社のランディングページに訪れた人へ広告を出す」という設定が可能だ。

一度逃してしまった見込み客を、再度ランディングページに呼び込める。結果、高い購入率を生み出すのだ。

メリット2:幅広い層に広告を届けられる

アドネットワークを取り入れているWebメディアは多い。

ターゲット設定を甘めにすることで、幅広い層に広告を届けられる。

結果、認知度が大きく向上するのだ。

アドネットワークの2つのデメリット

デメリット1:費用が読めない

アドネットワークの広告出稿費は、オークションで決まる。

「時期」や「市況」によって、広告出稿費が大きく変動するため、いくらかかるのか予測がつかない。

デメリット2:運用が難しい

アドネットワークを成功させるためには、下記のような項目を調整して、詳細なターゲット設定をしなくてはいけない。

  • 性別
  • 年齢
  • 住所

成果が出やすいターゲットが複数存在するため、ターゲット設定も複雑になるのだ。

毎月100万円以上の予算を充てる場合は、アドネットワーク運用代行業者を利用する必要がある。

アフィリエイト広告のメリット・デメリット

アフィリエイト広告のメリット・デメリットを説明していく。

アフィリエイト広告の2つのメリット

メリット1:完全成果報酬

アフィリエイト広告は、下記のような成果が発生したら、広告費用がかかる。

  • 購入
  • 問い合わせ
  • 資料請求

完全成果報酬なので、広告が失敗したときの金銭的リスクがない。

メリット2:広告運用コストが低い

アフィリエイト広告を出せば、アフィリエイターが勝手に商品を販売してくれる。

販売用のランディングページを作っておけばいいだけなので、広告運用コストが低い。

アフィリエイト広告の2つのデメリット

デメリット1:成果報酬額が高い

下記の2つの理由から、アフィリエイト広告の成果報酬額が高めに設定されている。

  • 広告が失敗するリスクを、「広告代理店」と「アフィリエイター」の両方が背負っている
  • 成果報酬額が低いと、アフィリエイターが広告を貼ってくれない

「継続購入型商品」または「高額商品」のどちらかでないと、広告費用を回収できない。

デメリット2:月額費用がかかる

アフィリエイト広告を出すときは、必ず広告代理店を通さなくてはいけない。

広告代理店と取引するにあたって、毎月3〜5万円の月額費用がかかってしまう。

記事広告のメリット・デメリット

記事広告のメリット・デメリットを説明していく。

※ 記事広告については、下記の2つの記事で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:記事広告とは
参考記事2:ネイティブ広告とは
 
※ 不動産のWeb広告に、記事広告は適している。「不動産会社に適したWeb広告」で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。

記事広告の3つのメリット

メリット1:商品・サービスの良さを十分伝えられる

記事広告とは、「ある特定のWebメディアに紹介記事を掲載する広告」のことだ。

紹介記事は2,000〜4,000字で作成されるため、商品・サービスの良さを十分に伝えられる。

結果、購入率や問い合わせ率が高くなる。

メリット2:長期的流入を見込める

期間指定なしの記事広告を出稿した場合、Webメディアが存続限り記事広告も残る。

1回出稿費用を支払うだけで、今後も記事広告への流入を見込めるのだ。また、SEO対策を施した場合は、検索流入も見込める。

メリット3:会社の信用力が上がる

後ほど説明するが、記事広告の出稿費用は高額である。

記事広告を出稿することで、世間の人が「金銭的に余裕のある会社」と認識するため、会社の信用が上がるのだ。

「商談がスムーズに進む」といった企業活動をする上でのプラスを得られる。

※ 優れた記事広告の事例を、「記事広告の事例23選」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。

記事広告の2つのデメリット

デメリット1:広告出稿費用が高額

記事広告の出稿費用相場は、下記の通りだ。

「出稿費用=紹介記事の想定PV数×30〜150円」

最低でも50万円以上の費用がかかってしまう。広告が失敗したときの金銭的ダメージが大きいのだ。

※ 記事広告の媒体別掲載料金は、「記事広告の料金」で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
デメリット2:広告掲載まで時間がかかる

広告出稿先にもよるが、紹介記事を作成するのに、最低10日間はかかる。そして、修正等をおこなえば、さらに10日間程度かかってしまう。

今すぐ広告を出したいと思っても、広告を出せないのだ。

※ 記事広告のメリット・デメリットを、「記事広告のメリット・デメリット」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
 
※ 記事広告の効果を上げる手法は、「記事広告の効果」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

SNS広告のメリット・デメリット

SNS広告のメリット・デメリットを説明していく。

※ SNS広告はインフィード広告の一種だ。「インフィード広告とは」で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてほしい。

SNS広告の2つのメリット

メリット1:ターゲット設定が可能

SNS広告では、ターゲット設定が可能だ。

貴社の商品・サービスに合ったターゲット設定をおこなえば、高い購入率・問い合わせ率を見込めるだろう。

メリット2:多くのターゲットが広告を見る

SNSの利用者は非常に多い。

アクティブユーザー数の具体例は、下記の通りだ。

したがって、多くのターゲット層に広告を届けられる。

SNS広告の2つのデメリット

デメリット1:購入率(または問い合わせ率)が低い

SNSの利用者は、ぼーっとフィードを見ている。おそらく目的意識を持っている人は、1割にも満たないだろう。

興味本位で広告をクリックする人が大半なので、購入率・問い合わせ率が低いのだ。

デメリット2:運用が難しい

SNS広告を成功させるには、下記の2つを検証・改善していかなくてはいけない。

  • リード文
  • ターゲット設定

専門的な知識が必要な上に、業務量が非常に多いため、運用が難しいのだ。

※ インフィード広告の5のメリットと5のデメリットを、「インフィード広告のメリット・デメリット」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

動画広告のメリット・デメリット

動画広告のメリット・デメリットを説明していく。

動画広告の2つのメリット

メリット1:商品・サービスの良さを十分伝えられる

動画は、視覚と聴覚の両方から情報を得られる。言い換えれば、伝えられる情報量が多く、商品・サービスの良さを十分伝えられる。

結果、購入率・問い合わせ率は高くなるのだ。

メリット2:広告を注目する人が多い

動画広告をやっている会社は少ない。その分広告が目立つため、広告を注目する人が多いのだ。

結果、認知度が大きく向上する。

動画広告の2つのデメリット

デメリット1:検証・改善の速度が遅くなる

動画広告の成果を良くするためには、動画の質を上げなくてはいけない。

動画を作成し直すには時間がかかるため、検証・改善の速度が遅くなるのだ。

デメリット2:動画作成費用が高い

動画作成費用は高い。

30秒程度の質の高い動画を作ろうと思ったら、10万円前後かかってしまう。

検証・改善を繰り返すたびに、費用がかさんでしまうのだ。

メール広告のメリット・デメリット

メール広告のメリット・デメリットを説明していく。

※ メール広告の概要は、「メール広告とは」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

メール広告の2つのメリット

メリット1:良質な見込み客に広告を届けられる

メール広告とは、「他人のメルマガで、商品・サービスを紹介してもらう広告」のことだ。

下記の2つの条件が揃っているメールリストであれば、良質な見込み客に広告を届けられる。

  • メルマガ購読者が貴社の商品・サービスのターゲット層と近い
  • メルマガの内容と、貴社の商品・サービスの内容が近い

結果、購入率・問い合わせ率は高くなるのだ。

※ 貴社に適した媒体を選ぶことで、より良質な見込み客に広告を届けられる。「メール広告の媒体20選」でおすすめ媒体を紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。
メリット2:運用コストがかからない

メール広告は、メルマガで商品・サービスを紹介するだけだ。

販売用のランディングページを作っておけばいいだけなので、運用コストがかからない。

メール広告の2つのデメリット

デメリット1:検証・改善が難しい

メール広告における検証ポイントは下記の2つだ。

  • メールの文面
  • メールリスト

どちらも広告出稿した側では、管理できない項目なのだ。

そのため、検証・改善が難しい。

デメリット2:広告出稿費用が高額

メール広告の相場は、下記の通りだ。

「広告出稿費用=メルマガ登録者×10〜30円」

広告を1回打つのに、最低でも30万円はかかってしまう。

したがって、広告が失敗したときのリスクが大きいのだ。

※ メール広告の料金相場は、「メール広告の料金」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。
 
※ メール広告を出稿するときに役立つ情報を、下記の2つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:メール広告の効果
参考記事2:メール広告の作り方
 
※ ここで記載していないWeb広告のメリット・デメリットを、下記の3つの記事で詳しく説明している。ぜひ参照してほしい。
参考記事1:レコメンドウィジェット広告とは
参考記事2:アプリ広告とは
参考記事3:データフィード広告とは

3.最適なWeb広告を選ぶための3の基準

何を基準に、どの種類のWeb広告を選ぶのが良いのか説明していく。

基準1:予算

Web広告の種類によって、広告出稿費用が異なる。

予算ごとに最適なWeb広告は、下記の通りだ。

  • 1〜50万円:リスティング広告、アドネットワーク、SNS広告
  • 50〜200万円:リスティング広告、純広告、アドネットワーク、記事広告、SNS広告、メール広告
  • 200万円〜:全種類の広告
※ Web広告の予算の決めるときに役立つ情報を、下記の3つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:Web広告の予算の決め方
参考記事2:Web広告の費用
参考記事3:Web広告の平均費用対効果

基準2:目的

Web広告の種類によって、達成できる目的が異なる。

目的ごとの最適なWeb広告は、下記の通りだ。

  • 購入数を増やす:全種類の広告
  • 認知度向上:純広告、アドネットワーク、記事広告、動画広告
  • ブランド力向上:記事広告、純広告
※ Web広告の目標設定方法は、「Web広告のKPI設定方法」で詳しく説明している。ぜひ参考にしてほしい。

基準3:充てる人数

Web広告の種類によって、広告運用に必要な人数が異なる。

広告運用に充てる人数に応じた最適なWeb広告は、下記の通りだ。

  • 1人:純広告、記事広告、メール広告、アフィリエイト広告
  • 2〜4人:リスティング広告、純広告、DSP広告、アドネットワーク、記事広告、メール広告、アフィリエイト広告
  • 5人〜:全種類の広告

なお、外注するのであれば、1人担当者を置けば、全種類の広告の運用が可能だ。

※ 最適なWeb広告を選ぶのに役立つ情報を、下記の2つの記事で紹介している。ぜひ参考にしてほしい。
参考記事1:Web広告のおすすめ媒体24選
参考記事2:Web広告の勉強に役立つサイト15選

最後に

Web広告ごとに、メリット・デメリットが大きく違う。

徹底的にリサーチをして、貴社の商品・サービスに合ったWeb広告を打ってほしい。

そうすることで、短期間で良い成果を得られるだろう。

弊社はインターネット広告代理店です。

ヒアリングをした上で、貴社に最適なWeb広告のプランを提案致します。

ご質問・ご相談は無料ですので、「お問い合わせフォーム(全国対応)」からお気軽にお問い合わせください。

また、おすすめの代理店を下記の4つの記事で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

参考記事1:インターネット広告代理店17社のおすすめランキング
参考記事2:インターネット広告代理店9選を徹底比較
参考記事3:東京都のインターネット広告代理店10選
参考記事4:アプリ広告の代理店10選

Pocket
LINEで送る


Web集客なら全てお任せください!

adell-cta-logo-3

Adellを運営する合同会社ビーエイチは、インターネット広告代理店です。

・リスティング広告
・SNS広告
・ネイティブ広告
・記事広告
・純広告
・コンテンツマーケティング
・SEO対策

全てのWebマーケティング施策において、あなたのお役に立つことができます。

ご質問・ご相談は無料ですので、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。